【材料費159円】ヨーグルトメーカーで豆乳ヨーグルトを作ろう!
Life Style 2017.05.31 UPDATE

【材料費159円】ヨーグルトメーカーで豆乳ヨーグルトを作ろう!

※ この記事は、2017年6月7日に追記しました!
 
豆乳ヨーグルトは豆乳ベースのヨーグルトです。植物性たんぱく質が摂取できるので、糖質オフはもちろんのこと、ヴィーガンメニュー※としても大きく取り上げられています。
 
 
※ヴィーガン(Vegan)とは、肉や卵、魚はもちろんのこと、乳製品など動物性の食材を徹底的に排除する食生活のことを指します。
 
 
今回は、豆乳ヨーグルトを自宅で作ろう!というテーマのもとで、私が実際にヨーグルトメーカーを使って豆乳ヨーグルトを作ってみた結果をまとめました。クリーミーでぷるぷるとしたヨーグルトができ上がりますよ。DSC_2238

 

(ライター紹介)DSC_2264

さとうひとみ
主婦・3児の母・士業補助者にWEBライターとたくさんのわらじを履きつぶす。
WEBライター稼業10年。インターネット上では子育て・ライフスタイル等さまざま
なジャンルで執筆中。
趣味は20年以上続くトロンボーン演奏。


豆乳ヨーグルトの美容効果


発酵食品と大豆、なんとなく健康に良さそうなイメージがありますよね。豆乳ヨーグルトを食べると、具体的にどんな良いことが得られるのかを探ってみました。
 
 

① 大豆イソフラボンを摂取できる


女性のリズムが整えられるほか、肌のハリやみずみずしさが得られます。
 

② お腹の調子が整えられます


豆乳に含まれたオリゴ糖の効果で、腸内の善玉菌が増え、お腹の調子が整っていきます。
 

③ ダイエットにも良いかも…?


豆乳ヨーグルトは糖質オフメニューの一つです。小腹が空いた時でも、ローカロリーで満腹感を得られるので食事量を抑えることもできます。

④ 免疫力をサポートします


腸内の善玉菌がオリゴ糖を食べることで腸内環境が改善されることは先に触れました。お腹のお掃除がスムーズに進むことで体の免疫力が高まり、病気に負けない体にしてくれます。

⑤ 血液がキレイになるチャンス


大豆に含まれているサポニンの抗酸化作用やレシチン、リノール酸によるコレステロール除去効果で血流を促してくれます。血流が高まることで血液中の免疫機能も改善されていきます。

⑥ 体を温めてくれる


⑤でも触れたように、血流が促されることで冷えが改善されていきます。ちなみに、豆乳ヨーグルトを作る乳酸菌は25度から37度付近で育つ中温性乳酸菌です。常温にして食べることで植物性乳酸菌も動きやすくなりますよ。
 

ヨーグルトメーカーで豆乳ヨーグルトをつくってみた


今回はとことんヴィーガンメニューを追求したかったので、玄米から乳酸菌を培養する方法で豆乳ヨーグルトを作ってみることにしました。

【材料】
成分無調整豆乳 500ml(おいしい無調整豆乳 159円/キッコーマン)
玄米 大さじ1

DSC_2128

【使用したヨーグルトメーカー】
ヨーグルティアS
価格:10,800円(税込)
販売元:タニカ電器株式会社

 
DSC_2237

 

【作り方】
①容器を消毒するために、煮沸消毒や容器に水を入れてレンジで2分ほど加熱します。
②玄米を洗い、水を切っておきます。
③容器に玄米・豆乳を入れ、清潔なスプーンでぐるぐるとかき混ぜます。
④ヨーグルトメーカーの温度を36~38度 時間を9~12時間に設定してスタートします。
⑤固まっていれば完成!粗熱を取ってから食べましょう。

 
DSC_2130
 
DSC_2132
 
DSC_2136
 
DSC_2145
   
保存期間は2日程度が目安です。酵母菌による風味変化が考えられるので、できるだけその日のうちに食べきることをおすすめします。
 
  
注意点として、室温との兼ね合いで9時間では固まらないことがあります。ヨーグルトメーカーを使う場合、発酵時間は最長12時間程度で終了させることをおすすめします。(それ以上になると過発酵や雑菌発生、酵母菌発酵が進んで風味が悪くなるため)
 
 
実は今回の記事を作る際、豆乳ヨーグルト作りに何度か失敗しました。初回のチャレンジではなかなか固まらず、温度を上げたり、発酵時間を長く取ったりなど、試行錯誤の繰り返しでした。

温度を高く設定すると、ビールのような香りと酵母の味が強くなってわずかにピリピリとした刺激も感じられました。我が家の場合、豆乳ヨーグルトにべストの発酵時間は温度設定36度で12時間程度であることが最終的に分かりました。
 
 
ヨーグルトメーカーを使う方法は失敗が少ないと言われています。ただ、成功するかどうかは乳酸菌を発生させるために使う玄米の状態にも左右されています。
 
 
もしヴィーガンにこだわらず、もっと失敗なく豆乳ヨーグルトを作りたいという場合は、種菌を市販のヨーグルトに変えてみてください。豆乳10:ヨーグルト1の割合・ヨーグルトメーカーの設定を36度9時間で発酵させてみてください。
 
 
ちなみに、でき上がった豆乳ヨーグルトが赤く変色することがあるようです。これは大豆が持つ色素に起因するものだそうで、特に問題はありません。
 
 
ただし、雑菌が繁殖している可能性も否めません。ニオイが変だったり、風味がおかしかったりした場合は食べないほうがいいでしょう。私が何度か繰り返した時には、そういった症状が出ることはありませんでした。
 
 
▼ 次のページでは、豆乳ヨーグルトをさらに美味しく食べるためのポイントを4つ紹介します!