ウォータープルーフは要注意?日焼け止めの正しい落とし方
Beauty 2017.06.01 UPDATE

ウォータープルーフは要注意?日焼け止めの正しい落とし方


おすすめのクレンジング


では、私が使ってみて「これはよかった」と感じたクレンジング剤をご紹介します。

ホホバオイル


cleansing
 
ホホバオイルの大きな特徴は、人の肌と成分が近いこと。つまり、なじみがよく、クレンジングだけでなく保湿オイルとしても優秀です。開封しても酸化や変質が起こりにくいため安心して使えます。

※オイルの使用感が嫌いな方は、べたべたして使いにくいと思われるかもしれません。容器によっては液だれもあります。

専用クレンジング


■ ビオレうるおいクレンジングリキッド
価格:861円
販売元:花王

クレンジング㈪

水ベースでさらっとしているところが気に入っています。ただし洗浄成分は強いと思いますので、日常的に使うのは不安があります。使用する日焼け止めのタイプに合わせて使い分けた方が良いと感じます。

③普通のクレンジング・石鹸


■ ビフェスタオイルインシートマンダム
価格:594円
販売元:マンダム

クレンジング㈫

私はファンデーションなどのメイクをしていることが多いのでクレンジングは必ず行います。でも、手間はかけたくないし、家に帰ったらすぐに落としたい・・・。そこでシートタイプのクレンジングを使うこともあります。

もちろんダブル洗顔も合わせて行います。ただ、気を付けないといけないのが、ごしごしと力を入れて拭きとろうとすることです。注意しましょう。


まとめ


個人的な感想ですが、毎年、消費者が使いやすい製品がどんどん出てきて、通常の石鹸で落とせるものが増えてきています。つまり、日本で市販されているものはしっかり紫外線は防止するのに、落としやすいというのが実感です。

最後にポイントを2つ!
●日焼け止めが綺麗に落とせないと「肌荒れ、炎症、老化」というデメリットがあります。しっかりクレンジングしてW洗顔、そして保湿を忘れずに。
●正しく日焼け止めを落とすには「ごしごしこすらない」ことがポイント。クレンジングもW洗顔も優しく、優しく指の腹でなでるように心がけてください。

 
 
これで、真夏の美肌対策は万全ですね!
 
 
【関連記事】
美白・日焼け対策に関する記事一覧