髪のうねりは薄毛のSOS!女性の抜け毛を改善する生活習慣とは
Beauty 2017.04.21 UPDATE

髪のうねりは薄毛のSOS!女性の抜け毛を改善する生活習慣とは

※ この記事は、2017年4月21日に追記しました!
 
 
あなたの髪は、今どんな状態ですか?ツヤツヤですか?それともサラサラしていますか?最近になって「少し髪のうねりが気になる」「以前よりもパサついてきた」などと感じるようなら、もしかしたら髪がSOSを出しているのかもしれません。

髪は、加齢とともに少なからず変わっています。質や量、太さなど人によって異なった変化がありますが、「昔に比べると、今の髪の毛は何かが違う」と感じたら、気のせいではなく、髪にいっそう注意を向ける必要があるでしょう。

せっかく髪のSOSに気づいても、しかるべきお手入れをしてあげないと髪はどんどん老化し、薄毛や抜け毛につながってしまいます。そんな避けられない問題と向き合う前に、髪を若々しくよみがえらせるひとつの参考として、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

17195214_1644580112225292_2028576612_o
(監修・取材協力)


青山 秀和(あおやま ひでかず)先生。医療法人社団 秀愛会 赤坂ビューティークリニック院長兼ドクター。埼玉医科大学医学部卒業後、埼玉医科大学病院・共立美容外科・渋谷美容外科などを経て、平成19年 赤坂ビューティークリニックを開院。美しさを求める女性に向けて、しっかりとしたカウンセリングの上で一人一人に合ったケアを提案する。日本美容外科学会、日本美容外科医師会の正会員も務める。

髪のSOSサインに気づこう


先ほども述べましたが、加齢によって髪が薄く細くなっていくのは仕方のないことです。しかし、そういう状態になる前に、髪は何かしらのサインを発しています。まずはそのサインに気づいてあげることが大切。では、一体どんなサインがあるのでしょうか?

抜け毛が増えた!


髪の毛は、生える→育つ→抜けるというサイクルを何度も繰り返しているため、髪の毛が抜けるのは当たり前のことです。一日の抜け毛の本数は約50~80本とされ、100本以内ならば正常な範囲だと言えます。この場合、シャンプーをした時やドライヤーをかけた時に抜け毛を実感することが多いでしょう。

ところが、髪からSOSが発せられていると、この抜け毛の量が一気に増えます。何らかの原因で、頭皮における髪の生え変わりサイクルが崩れていることが考えられます。

ヘアスタイルがなかなか決まらない!


スタイリングの際、以前はすぐにベストな髪型になったのに、最近なぜかうまく決まらないうえ、セットに時間がかかる…なんていうのも、実は髪からのSOSサインである可能性があります。

髪の毛一本一本が細くなると、量自体は減っていなくてもボリュームを失い、見た目の印象が大きく変わってしまいます。抜け毛は増えていないのに、髪型の印象が以前と違うと感じるならば、髪が何らかの原因で栄養不足になり、一本一本の質が悪くなってしまったのかもしれません。

切れ毛、枝毛が増えた!


途中でプチっと切れてしまう切れ毛、先端が二股にも三股にも分かれてしまった枝毛。これらも髪のSOSサインです。

髪の毛は三層からできており、一番外側が「キューティクル」、その次の層が「コルテックス」、中心部を「メデュラ」と呼びます。

「キューティクル」は聞いたことのある方は多いと思いますが、これは髪の一番外側をコーティングする皮のような部分のことです。「コルテックス」は毛皮質であり髪の毛全体の80〜90%を占めます。そして中心部の「メデュラ」は髪の毛の芯となる毛髄です。

髪の毛は、ダメージを受けることでどんどん傷んでいきます。そのダメージはヘアアイロンやドライヤーによる熱であったり、ブラッシングによって起こる摩擦であったり、日々のダメージを積み重ねることでキューティクルはもちろん、場合によってはコルテックスまで傷みが浸透し、切れ毛や枝毛ができやすくなるのです。

白髪が増えた!


白髪は比較的分かりやすいSOSサインでしょう。白髪ができる原因は、髪の毛を黒くするメラニンが生成されなくなったこと。髪の毛の細胞が老化することで、「メラノサイト」という色素細胞も老化し、髪の毛に黒い色素を加えられなくなります。

なぜメラノサイトの動きが低下してしまうのか、はっきりした原因は明らかになっていませんが、白髪予防には抗酸化成分がよいのではないかと言われています。この抗酸化成分については後ほど詳しく説明します。

髪にとってベストなケアをしてあげよう


髪の毛のSOSサインがいろいろあることがお分かりいただけたかと思います。自分の髪の状態を振り返ってみて、もしかしたら当てはまることもあったのではないでしょうか。では次に、そんな髪を救うためのお手入れ方法をご紹介していきます。

残念ながら、今生えている髪を修復することは困難です。髪の毛はすでに死滅した細胞であるため、トリートメントなどで外側から一時的に補修してあげることは可能ですが、完全に内側から元に戻すということは不可能なのです。

しかし髪の毛は、生えては抜けるというサイクルを繰り返すものです。栄養と酸素をしっかり蓄えた髪の毛がどんどん生えてくれば、美しい髪を手に入れることは可能です。次に生えてくる新しい髪の毛をよりよいものにするために、今から毎日の習慣を見直していきましょう。

食べ物で髪の老化を防ぐ


健やかな髪の毛を作るためには、健康的な食生活が何よりも大事です。髪の主成分は、アミノ酸で構成されるタンパク質であるため、特に良質なタンパク質は積極的に取り入れる必要があります。さらに、摂取したタンパク質をアミノ酸に分解し、体内で吸収させるビタミンやミネラルも補わなければなりません。

食べるべき食材は、牛肉・豚レバー ・鶏肉・魚介・卵・納豆・干しエビ・ニンニク・緑黄色野菜・柑橘類・アボカド・大豆・牛乳・チーズなど。これらの食材をバランスよく摂取し、どれかひとつに偏ることのないようにしましょう。

私たちの身体は、年齢とともに体内の酸化が進み、代謝が衰えていきます。代謝の衰えは結果的に髪の毛の老化も早め、抜け毛・薄毛など髪の老化の原因になります。そうならないために、意識的に摂取していただきたいのが「抗酸化ビタミン」です。加齢とともに進む体内の酸化を防いでくれると言われています。

抗酸化ビタミンとは、「ビタミンC」「ビタミンE」のことです。これらは体内で作り出すことができないため、食べ物から取り入れるしかありません。また、細胞の酸化を守ってくれる「亜鉛」も積極的に取り入れたい栄養素です。さらに、体内の酸化を進める活性酸素を分解してくれる「セレン」というミネラルも、たくさん摂取するとよいでしょう。

・ビタミンCを豊富に含む食材・・・赤ピーマン・ゆず・アセロラジュース・パセリ・芽キャベツ・レモンなど
・ビタミンEを豊富に含む食材・・・筋子・いくら・あゆ・たらこなど
・亜鉛を豊富に含む食材・・・・・・牡蠣・煮干し・するめ・うなぎなど
・セレンを豊富に含む食材・・・・・カツオ節・アンコウ肝・たらこ・カツオなど

毎日の生活習慣が美髪への近道


髪の毛によいとされる食べ物についてまとめてきましたが、美しい髪を作るためには、質の高い睡眠や運動を行うことも大切です。

栄養バランスのとれた食事をし、適度に身体を動かして22時頃に就寝すれば、頭皮に十分な栄養を与えることができるでしょう。どれも当たり前のことのように感じますが、正しい生活習慣を毎日続けることで髪質はどんどん変わってきます。髪のために気をつけたことが、結果的に身体の健康にもつながるのです。

まとめ


いかがでしたか?髪の毛のSOSサインに気づいたなら、やるべきことは生活習慣の見直しです。一見「なんだそんなことか!」と簡単そうに思いますが、健康的な生活を“毎日続ける”ことは、意識しなければなかなかできません。

この記事が、あなたのさまざまな髪の悩みや薄毛、抜け毛などの改善に役立つきっかけになれれば幸いです。美髪は日々の生活習慣から。早速今日から健やかな髪を取り戻すために、生活習慣を改めてくださいね。

URARA読者の皆様が、美しいヘアをなびかせながら毎日を笑顔で過ごせることを祈っています!

文:中野友香