糖質制限ダイエット中のランチで避けるべきコンビニ食品7種類
Diet 2017.06.07 UPDATE

糖質制限ダイエット中のランチで避けるべきコンビニ食品7種類

※ この記事は、2017年5月18日に追記しました!
 
 
最近話題のダイエット法のひとつに、糖質制限ダイエットがあります。食べ物のカロリーではなく糖質に着目し、糖質の少ないものを食べて血糖値の急激な上昇を抑え、痩せやすい体質に導いていくというものです。

ただ、私たちの身の回りの食べ物に、それぞれどのくらいの糖質が含まれているのかわからないことも多くあります。そこで今回は、コンビニにある食べ物の中から、糖質制限ダイエットをするなら避けるべき、糖質量の多い食品をご紹介します。

おにぎり

糖質量が多い食材の筆頭にあがるのが、お米。糖質制限ダイエットを行うとき、主食であるお米の量をセーブすることが基本ですから、おにぎりは避けた方がよいでしょう。当然、お米が使われている弁当類や丼メニューもアウトです。

Rice Balls

パン

お米と同じく、パンも糖質が多く、避けるべきメニューです。ただ、糖質制限ダイエット中の人向けに、糖質量を抑えて作られたパンが、一部コンビニで販売されていますので、それならば食べても大丈夫でしょう。

▼ サラダなのに食べてはNGな食品とは? また、糖質ダイエットに優しいコンビニ25商品リストを次のページで紹介!