スーパーフードがぎっしり!美人がグラノーラを好きな理由
Beauty 2017.04.28 UPDATE

スーパーフードがぎっしり!美人がグラノーラを好きな理由

※ この記事は、2017年4月28日に追記しました!
 
 
海外セレブやモデルなど、きれいな女性がこぞって食べる美容食のひとつに、グラノーラがあります。栄養価の高いドライフルーツやナッツ、大麦などのさまざまなスーパーフードがミックスされているので、まさに美容と健康によい食べ物と言えるでしょう。そんなグラノーラに、なぜ多くの美人がハマるのか、理由を探ってみましょう。

17203663_1644438158906154_952998523_n

(監修・取材協力)


北嶋佳奈(管理栄養士*フードコーディネーター)。大学卒業後、飲食店勤務やフードコーディネーターアシスタントを経験し、独立。「こころもからだもよろこぶごはん」をテーマに美容・ダイエット・健康に関する料理本の出版、雑誌でのレシピ開発やコラム執筆、ラジオ・テレビ・イベントへの出演などで活動中。 ホームページ hale-aina.jp

そもそもグラノーラって何?


グラノーラは、英語の「Granule(グラニュール)=粒」と「Grain(グレイン)=穀物」を由来とする言葉で、オーツ麦、小麦、ライ麦などの穀物をベースに、ナッツやドライフルーツなどをミックスして、ハチミツやメープルシロップ、植物油などと絡めて焼き上げたものです。

シリアルと同じように、朝食や軽食に食べられることが多いでしょう。

グラノーラに含まれる食べ物


グラノーラに使われる食材は、お店や商品によってさまざまですが、ここではよく使われるものをご紹介しましょう。

オーツ麦


グラノーラのベースとなる食材が、オーツ麦です。

「穀物の王様」と呼ばれるほど栄養価に優れており、食物繊維がとても多く、含有量はごぼうや玄米、サツマイモなどと比べてとても多いのが特徴。しかも、糖質の吸収を緩やかにする水溶性食物繊維のβグルカンという成分も含まれているため、食べることで血糖値が上がりにくくなったり、便通がよくなるなどのデトックス効果も期待できます。

ドライフルーツ


ドライフルーツは、その名の通り、フルーツを乾燥させたものです。パイナップル、キウイ、ピーチ、レーズンなどさまざまな種類があります。

乾燥させることで水分が抜け、フルーツに多く含まれるビタミン類、ミネラルなどを効率よく手軽に摂取できるのが魅力です。ドライフルーツの場合、皮も一緒に乾燥されているものが多いので、食物繊維も摂取できるメリットがあります。

ナッツ


ナッツといっても種類によって栄養は異なりますが、ナッツ全般に良質な不飽和脂肪酸が多く含まれています。

バターやラードのような動物性脂肪が分類される飽和脂肪酸と異なり、不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロール値や血糖値の上昇を抑えたり、高血圧の予防にも効果的と言われています。良質な脂肪を摂取できるのが、ナッツなのです。

カカオニブ


最近は、カカオニブが入ったグラノーラが人気です。

カカオニブとは、チョコレートの原料であるカカオ豆を砕いたもの。ポリフェノールがとても多く含まれており、アンチエイジングや美肌効果なども期待できると注目されています。

カカオニブ入りのチョコレートも販売されていますが、グラノーラに入っているとコリコリとした硬めの食感がアクセントとなって、ほんのりチョコレートの香りも楽しむことができます。

ハチミツ


グラノーラは、大麦やナッツなどの穀物類とスーパーフードをハチミツなどで絡めてつくります。中でもハチミツは、ビタミンB1、B2、B6、葉酸、ビタミンCなどのビタミンや、カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラルを多く含んでいるため、腸を整えたり、疲労回復にも効果的とされています。

メープルシロップやパンプキンシードオイル、オリーブオイルなどで代用されることもあります。

パンプキンシード


パンプキンシードとは、かぼちゃの種のことを言います。かぼちゃはビタミンもミネラルも豊富な緑黄色野菜のひとつですが、その種には不飽和脂肪酸をはじめ、タンパク質、ミネラル、食物繊維など身体によいとされる栄養が実にたくさん含まれています。

漢方にも使用されており、近年特に脚光を浴びているスーパーフードのひとつです。

フリーカ


収穫前の、まだ青い若芽の小麦を収穫して乾燥させたもので、地中海周辺などで古くから食べられている古代穀物のひとつです。食物繊維とタンパク質、ビタミン、ミネラルが豊富で、GI値も低いため、糖分の吸収スピードを緩やかにしてくれるでしょう。

またグルテンの含有量が他の小麦製品に比べて少なく低糖質なので、高たんぱく質の食事を理想とするアスリートの間でも注目されています。ダイエットにも適した食材で、これから人気に火がつきそうなスーパーフードのひとつです。

グラノーラを食べるメリットとは?


グラノーラは、上記で紹介したような栄養価の高い食材をミックスしているため、ビタミンやミネラル、食物繊維など身体にとって必要な良質な栄養を、一回の食事で効率よく摂取することができます。

しかもグラノーラに使われる食材は、噛みごたえのあるものばかりですので、しっかり咀嚼して食べることで満腹感も高まると考えられます。

グラノーラの基本的な食べ方


もともとハチミツなどが絡まっているので、そのまま食べてもほんのり甘く、美味しくいただけますが、シリアルと同じように牛乳や豆乳を軽く注いで食べたり、ヨーグルトやアイスクリームのトッピングとして加えてもいいですね。

朝食だけでなく、おやつや夜食にもぴったりです。最近では、ワンハンドで食べられるシリアルバーも登場しているので、外出先などで気軽にかじって食べることもできますよ。


グラノーラでダイエットをするには?


ヘルシーかつ健康的な食べ物ですので、グラノーラを食べて減量するというダイエット方法もあります。その名も「グラノーラダイエット」。

1日3食のうちどれかをグラノーラに置き換えるというシンプルなものです。1回の食事をグラノーラに置き換えても栄養がしっかり摂れるため、自然と痩せやすい体質がつくれるそうです。

スーパーフードに多く含まれる食物繊維も、ダイエット中に起こりがちな便秘予防に効果的。肌や髪にもよいとされる栄養も多いため、ダイエットをしているにもかかわらず、健康的に美しく痩せていくことを実感できるでしょう。

ただし、グラノーラは栄養価が高いため、決して低カロリーな食品というわけではありません。商品によってカロリーは異なりますが、パッケージなどに明記されている一食分の目安量を大幅に食べるようなことをすると、高カロリーを摂取することになってしまうので注意が必要です。

朝食に食べるイメージが強いグラノーラですが、実際にダイエットを行っている方によると、摂取カロリーが高くなる夕食をグラノーラだけで済ませる場合が多いようですよ。

人気のグラノーラ専門店


最近では、女性を中心に話題となっているグラノーラの専門店が増えています。そこで、全国にある人気のお店をいくつかピックアップしてみました。ぜひチェックしてみてください。

「GMT」


日本初のシリアル専門店として、数々のTVや雑誌などに取り上げられています。使用する雑穀類は、主にアメリカ・モンタナ州から取り寄せたもの。それらを余分な添加物を一切加えず、厨房で一粒一粒ていねいに焼き上げています。東京・目黒にあるお店のほか、「DEAN&DELUCA」を始めとした自然派食品店でも購入することができます。オンラインショップもありますよ。
http://www.gmtjapan.com/

「グラノラジャーニー」


グラノラジャーニーは、神戸にあるグラノーラ専門店です。商品に入っているオーツ麦はすべてオーガニック。なかには「モンドセレクション」で金賞を受賞したものも販売されています。おしゃれなバータイプから、スイーツ風の可愛らしい見た目のものまで揃い、ギフトにもぴったり。神戸の実店舗のほか、オンラインショップでも購入可能です。
http://granolajourney.jp/

「グランダファミリオ」


大阪にある自家製オーガニック・グラノーラの専門店です。できる限り無農薬、無化学肥料、有機栽培で育まれた素材を使うだけでなく、積極的にフェアトレードした材料も取り入れています。塩(ソルト)や砂糖などにおいても化学調味料や合成甘味料は使用せず、あくまで天然由来の素材にこだわっています。これなら安心して食べることができますね。大阪の実店舗のほか、オンラインショップでも購入可能。
http://www.grandafamilio.com/

家庭でつくることも可能!グラノーラのつくり方


グラノーラは自宅で手づくりすることもできます。お好みの大麦やナッツ、ドライフルーツなどを用意し、それぞれの材料200gに対して大さじ1〜2杯ほどのハチミツまたは植物油を加えます。全体的に絡めたら、クッキングシートを敷いた天板の上に並べてオーブンで焼きます。まんべんなくローストされるように、途中で何度か混ぜながら、150℃で40分ほど焼き上げれば完成です。

市販品では物足りないと感じたり、自分好みのグラノーラがつくりたいと思っていたら、手づくりしてしまうのもよいでしょう。

美容や健康に対する意識が高い人は、すでにグラノーラを食生活に取り入れています。一度食べれば栄養面でのメリットだけでなく、その美味しさにハマる人も多いと言います。スーパーフードの宝庫とも言うべきグラノーラを、もっと手軽に味わってみてはいかがでしょうか。

文:佐藤まきこ