肌に備えを!2017年の夏メークのトレンドは?【皮膚科医監修】
Beauty 2017.06.15 UPDATE

肌に備えを!2017年の夏メークのトレンドは?【皮膚科医監修】

春も中盤を過ぎ、そろそろ日差しも強くなってきましたね。桜の季節が過ぎれば、今度は夏に向かってアウトドアにレジャーに、楽しい季節がやってきます。そんな今年2017年の夏は、ぜひ旬顔で挑みたいですよね。そこで今年の夏メークのトレンドから、肌づくりのポイントをご紹介します!今から備えておけば夏準備は万端に!

2017年夏のトレンドメークとは?



まずは今年の夏のトレンドメークをチェックしておきましょう。今年の春から続いているメークトレンドは、すっぴんナチュラルメーク&ツヤ肌をベースに、濡れ感アイメークや太目のアーチ眉、さらに口紅は濃いマットなレッドやボルドーなど。ポイントメークの足し算・引き算をうまく行って、全体のバランスを取るといいでしょう。

この夏は、春に引き続き、パウダーファンデーションを使わず、リキッドだけで仕上げることで、よりツヤのあるナチュラルで素肌感のある肌がトレンドになりそうです。

すっぴんブームだからこそ紫外線ケアを



まだまだ続く、すっぴんトレンド。だからこそ、夏は薄塗りではあるものの、しっかりとUV効果のあるベースにするのが重要です。

1本で化粧下地にもなるBBクリームやCCクリームなども近年人気ですが、今年はBBジェルなるものも登場し、より夏向きでさっぱりとした素肌感&UVケアが叶いそうです。ぜひチェックしてみましょう。

また、紫外線だけでなく、ブルーライトや大気汚染などからも守ってくれるUVメイクアップベースも出ているので、活用して肌ケアは万全にしましょう。

スキンケアしながらメークできるアイテムも



近年、ミネラルファンデーションなど、スキンケアしながらメークできるコスメがぞくぞく出ています。メークしながら肌の調子を整えるコスメを選んでおくと、あとあと後悔が減るでしょう。UVケアをベースに、スキンケア目線も忘れずにチョイスしたいですね。

夏も乾燥ケアは欠かさずに


美容に関心の高い女性であれば、夏でも保湿は必要だということはきっとご存知のことでしょう。夏は皮脂や汗が出やすいため、保湿を怠りがちですが、実は冷房や紫外線の影響で、肌の内部が乾燥しやすいといわれています。ぜひ夏も保湿はしっかりと、いつもよりも多めに行うくらいの意識で行うのをおすすめします。

まとめ


2017年の夏メークのトレンドは、ナチュラルなすっぴん肌がベースに、ポイントメークでバランスを取ること。スキンケアはUVケア、保湿をしっかり行い、魅せられる素肌づくりに努めましょう。

(監修)蘇原 しのぶ(そはら しのぶ)先生
皮膚科医。東海大学医学部卒業後、北里大学皮膚科、獨協大学皮膚科を経て、白斑専門の新宿皮フ科副院長。2016年にしのぶ皮膚科開業。皮膚科・皮膚外科歴13年。ヒアルロン酸、ボトックスマスター認定医、日本アンチエイジング外科・美容再生研究会認定医。オールアバウト美と健康のガイドでもあり、「スッキリ!!」・「この差って何ですか?」等のメディア活動も精力的にこなしている。