今すぐスッキリしたい!便秘解消に即効性のある方法5選
Health 2017.04.21 UPDATE

今すぐスッキリしたい!便秘解消に即効性のある方法5選

※ この記事は、2017年4月21日に追記しました!
 
 
毎回のように悩まされる便秘。でも、何をしてよいかわからず、そのまま放置しているという方も多いはず。

今回はそんな便秘に悩む方のために、短時間で簡単にでき、即効性が高く、すぐ効果がでる便秘解消法をまとめました。今すぐスッキリしたい!という方にはおすすめです。

つま先立ち便秘解消法

1. 裸足でつま先立ちをする(つかまり立ちもOK)
2. 5分間そのまま体勢をキープ

ふくらはぎの筋肉が縮むことで、腹筋やお尻周りの筋肉など排便に必要な筋肉が刺激されます。下剤のように依存してしまうようなものでもなく、気軽に行うことができる即効性のある便秘解消法です。

お通じが期待できる 肛門括約筋トレーニング

肛門括約筋って?


肛門は、内側の内肛門括約筋、外側の外肛門括約筋の2種類の筋肉からできています。内臓の筋肉の一部である内肛門括約筋は、自律神経によってその動きが調整されますが、一方の外肛門括約筋は、手や足の骨格筋と一緒で、自分で締めることができます。

この二つの筋肉に刺激を与え、お通じが期待できるトレーニングです。

1. 壁などに手を添えて、かかとを浮かせた状態でしゃがみます(イメージは和式トイレにしゃがむ姿勢に近い状態)

2. 右ひざを下ろしながら左に腰をひねります

3. 1の状態に戻り、今度は左ひざを下ろしながら右に腰をひねります(腰をひねった時に、浮いているかかとを床につけるようにしてください)”

便秘に悩む方が増えた理由に、洋式トイレが増えたことも関係しているようです。和式トイレにしゃがむ時と同じような姿勢をとり肛門括約筋に刺激を与えましょう!

便秘に効くツボ 2選

便秘に効くツボ1:合谷(ごうこく)


便秘に効くツボ 合谷(ごうこく)

●ツボの位置:
手の親指と人差し指の骨が交わる内側のへこんでいる部分。

●押し方:
反対側の手の親指をツボに当て、人差し指の骨の下側に潜り込ませるように押します。息を吐きながら強めに押し、息を吸いながらゆっくりと指の力を抜いていきましょう。

このツボは「万能のツボ」と呼ばれるほど、効果がさまざまです。便秘はもちろん、頭痛や腹痛などの痛みを抑えたいときにも有効なツボです。

便秘に効くツボ1:間使(かんし)


便秘に効くツボ 間使(かんし)

●ツボの位置:
手首の内側にある横じわから、指4本ほどひじに近づいたところにあります。便秘の方は押した時に少し痛みを感じるようです。

●押し方:
反対側の手の親指の腹を当てて、残りの4本の指で手首を支えます。少し強めの力を意識し、ゆっくり、押しながら揉むように刺激します。トイレでいきみながら行うと、排便をサポートしてくれます。

便秘解消 引き締めストレッチ


便秘解消 引き締めストレッチ

1. 仰向けに寝る
2. お腹にしっかり力を入れて上半身を少し起こし、自分のつま先が見える状態でしばらく(体調に合わせて10秒〜30秒ほど)キープ。つらい方は、膝を立ててもOK!
3. これを5~10回くらい行う

上半身全体を起こす腹筋運動より負荷は軽いのですが、お腹引き締め効果は抜群。排便も促してくれます。寝る前や朝起きた時、ベッドの上でできるので、続けやすいと思います。

以上、即効性のある便秘解消法でした。「今日は必ず出すぞ!」と気合を入れたい日に、いくつかトライしてみてください。

文:中野友香

関連記事:
寝る前に飲み、便秘解消!試してほしい “ホット飲み物” 4選