ご多忙ママ必見!寝ながら綺麗になるスリーピングパックの使い方
Beauty 2017.06.01 UPDATE

ご多忙ママ必見!寝ながら綺麗になるスリーピングパックの使い方

※ この記事は、2017年6月14日に追記しました!
働きながら、家事、育児…1日24時間じゃ足りないという忙しい女性は、ゆっくりお肌のお手入れをする暇もないですよね。そんな方の強い味方が近ごろ話題のスリーピングパックです。睡眠時間を利用してキレイになれる素敵なアイテムの特徴や使い方についてご紹介します。
 
(ライター紹介)ライター顔写真(向井雅代)

向井雅代(むかい まさよ)
大学卒業後、企業内にて月間30本の広告企画、制作を行ってきました。
現在は、OL時代の広告制作経験を活かし、美容に関わる広告のほか、医療や法律に関わるコンテンツ記事など幅広い分野で活躍中。
2児のママとしてワークライフバランスを取りながら、多くの方に役立つ情報をお届けしています。


寝てる間にしっとり肌になれる、スリーピングパックとは?

スリーピングパック㈪
スリーピングパックとはその名の通り、寝ながらするパックです!韓国コスメで多く発売されていて人気になり、最近では日本のメーカーからも出てきています。

スリーピングパックによるスキンケアは、単に寝ている時間を「無駄にしない」だけではありません。夜10~2時には、お肌のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯が存在します。成長ホルモンが分泌され、肌のターンオーバーが促されるとされるこの時間を利用してケアの効果を高めるようというのも、スリーピングパックの大きな特徴なのです。

寝ている間お肌に蓋をして、美容成分を逃がさずしっかり浸透させるので、期待できる主な効果は保湿です。朝、クリームやオイルを塗ってつや感を作るのではなく、夜のうちに潤いをチャージしておけるので、笑ったときに頬の上が自然に輝くような「つや玉肌」を目指すことができます。

他にも、「美白」や「毛穴」、「エイジングケア」など、特定の肌悩みに特化したタイプも登場しています。

パックというと、泡やマスク、シートタイプのものなどがありますが、スリーピングパックの形状はジェルかクリーム。他のパックに比べて使い方が簡単なのです。夜、通常のスキンケアを行った最後に、適量を顔に乗せてのばすだけ。よれたり剥がれたりする心配がありません。パックをしている間、動きを制限して待っていなくてはいけないなんてこともないので、忙しい人でも手軽に使うことができます。

アロマ効果で、良質な睡眠に導くように作られているものもあるスリーピングパック。時短しながら、パックというスペシャルケアができる優れたアイテムなのです。


スリーピングパックを使うポイント

スリーピングパック㈰
スリーピングパックは通常、週に2~3回程度の頻度で使用するものです。商品やお肌の状態によっては毎日使用できますが、何事もやり過ぎは禁物。使い過ぎると、お肌の水分・油分のバランスが悪くなり、ニキビや肌荒れにつながる恐れがあります。各商品に設定されている使用頻度を守って使うようにしましょう。

使うタイミングは、夜のスキンケアの最後です。ベッドに入る前に塗ればOKです。ただ、肌をラップする役割のスリーピングパックは、一般的なクリームや乳液などと比べると、塗った直後ややベタっとする感じに作られています。寝具にジェルやクリームが付いてしまう可能性が高いです。ほとんどの場合は数分すれば肌になじみ、ベタ付きも気にならない程度になりますので、塗布後は少し時間をおいてからベッドに入るのが良いでしょう。

それでも、顔全面がベタベタするのが苦手な方は、お肌の悩みが気になる箇所だけに部分使いするのもおすすめです。朝起きたときにはベタ付く感じはほぼありませんが、パックですので、洗顔時に洗い流すようにしましょう。


スリーピングパックの使い方


スリーピングパックの使い方を、簡単にまとめておきます。

【手順】
1. 洗顔後、スキンケアの最後に塗布。
(パックのみのタイプは、化粧水や美容液、乳液などを塗った後に。オールインワンタイプは、洗顔後すぐの使用でOK!)
2. 塗った後10分ほど置いて、ジェルやクリームが肌になじんだらベッドへ。そのまま眠るだけ!
3. 起床後、パックを洗い流すように洗顔する。
4. 化粧水や美容液など、通常の朝のスキンケアでお肌を整える。

以上です!とっても簡単に、しっかりとした保湿ケアができるスリーピングパック。ぜひ、試してみてください!

▼ 次のページでは、スリーピングパック4品を辛口比較します!