最近スキンケア不足?週に一度は泥パックで毛穴ケアがおすすめ!
Beauty 2017.04.21 UPDATE

最近スキンケア不足?週に一度は泥パックで毛穴ケアがおすすめ!

※ この記事は、2017年4月21日に追記しました!
 
 
いつもスキンケアはちゃんとしているものの、肌の調子がイマイチ…という時や、明日は特別な日!という日には入念な手入れをしたいですよね。毎日手間のかかるスキンケアを行うのは大変ですが、週に一度くらい、いつものスキンケアに“ひと手間”を加えてみてはいかがでしょう。

mudmask

では、どのようなケアをすればいいのでしょうか?

おすすめは「泥(クレイ)パック」です!

泥パックの効果

泥パックとは、海や湖から採取された泥を使うパックのことです。

泥パックで特記したいのが、ミネラルの豊富さ。泥に含まれるミネラルは、吸着性に優れているため、古い角質や汚れを落とすと同時に、毛穴の掃除もしてくれます。毛穴から汚れが取り除かれると顔全体も引き締まり、リフトアップ効果も期待できます。

また、古い角質が取り除かれると、肌のターンオーバーも正常に機能します。そうすることで、シミやニキビ痕が少しずつ薄くなったり、さらに、ホワイトニング効果が期待できるとされ、特にくすみが気になる30代以上の方には、ぜひとも取り入れてほしいケアです。

泥パックにも種類があった!

泥パックといえば緑色をイメージする人も多いと思いますが、実はさまざまな種類があり、その効果も違います。肌の悩みに応じて使い分ければ、効果的な改善が期待できるでしょう。

色でいうと、白(灰色)、ピンク、赤、黄、緑、青などがあります。なぜこのように泥の色が違うかというと、掘り出される場所によってミネラルの種類、含有量が異なるためです。そのため、肌への効果も変わってくるのです。

通常、泥パックとして売られているのは緑色が多く、毛穴の汚れに対する洗浄力・効力ともに強いため、ニキビ肌や脂性肌におすすめです。また、緑色の泥が一番ミネラルが豊富だといわれています。

敏感肌の人は白系の泥パックから試してみるとよいでしょう。作用が穏やかですので、肌への負担が少ないのが特徴です。

また、シミ、シワ、ハリなどアンチエイジング効果を期待する人は、赤色の泥パックを使ってみてください。血液の循環をよくして代謝を促進させ、肌のターンオーバーに効果的です。毛穴の汚れが気になる人にもおすすめ。古い角質もしっかり落としてくれます。

泥パックの注意点

泥パックの時間と頻度は?


いくら泥パックが肌によいといっても、泥パックは吸着力が高いため、長時間放置してしまうと乾燥の原因になり、逆に肌を傷めてしまいます。時間はだいたい5~10分ほど、パックの端の部分が乾燥し始める前に洗い流しましょう。また、毎日行うと乾燥の原因になってしまうので、週に1度のスペシャルケアに留めてください。

泥パックをする際の注意点


泥パックを顔につける前は、しっかりと洗顔して清潔な肌にしておきましょう。また、せっかく泥パックで毛穴をきれいにしても、保湿をおろそかにしてしまうと肌が乾燥してしまいます。パックした後は、必ず保湿も忘れずに。

筆者も泥パックの愛用者です。パックをした次の日は毛穴がきゅっと引き締まり、肌のトーンも上がるので特別な日の前日には必ず行うようにしています。週に1回のスペシャルケアとして、泥パックをぜひ取り入れてみてください。

文:尾形絵美