ダイエット中のOL必見!サラダランチの名店4選【新宿編】
2017.05.24 UPDATE

ダイエット中のOL必見!サラダランチの名店4選【新宿編】

※ この記事は、2017年5月24日に追記しました!

ダイエットや健康に有効であることから、世界的に流行のサラダランチ。パワーサラダやボリュームサラダとも呼ばれています。URARA読者のワーキングママは、お昼ごはんにサラダを食べている人は大勢いるのではないでしょうか。食べに行くなら、美味しくてリーズナブルなお店に行きたいですよね。
今回は、新宿のサラダランチお店、4店舗を回ってみました。近くでお店を探している方はぜひ参考にしてください!

(ライター紹介)hamadayukiko

浜田 有希子(はまだ ゆきこ)
ライター。地方民法テレビ局でニュース番組の記者として7年間勤務。
高い技術を誇る工場や独自性のある施策で成長し続ける企業など、人が仕事で輝くシーンに注目した取材を行う。


①Salad Deli MARGO(サラダデリ マルゴ)


saladlunch01_1
「美容と健康のためにフレッシュな生野菜をたっぷり食べたい!」と思ったら、迷わず新宿の<Salad Deli MARGO>へ。直営・提携農場から届く野菜が自慢のサラダデリ専門店です。看板メニューのオリジナルサラダはベースのリーフサラダ(R:600円、L:900円)に好みの野菜やお肉などをトッピングできます。
驚くのはボリュームの多さ!サラダが盛り付けられているのは直径20cmを超える大きなガラスボウルです。慌ただしい都会の食生活では新鮮な野菜が不足しがちですが、ここなら一食でたっぷり摂取できます。
今回オーダーしたトッピングは、ローストビーフ、きのこのマリネ、4種の北海道ビーンズ、ミニトマト、パプリカ、紫キャベツ(各50円。ローストビーフのみ100円)。スープ&ドリンクセット(250円)をつけて1,200円です。10種類から選べる無添加ドレッシングや、オニオンチップスなどの無料トッピングも嬉しいポイント。
2階のイートインスペースに上がってさっそく食べてみると、葉物野菜のパリッとした食感がたまらない!50度洗い&手ちぎりで手間をかけてみずみずしさをキープしているところは、さすがは専門店。よく噛んで食べるので野菜だけでも満腹になるサラダです。トッピングの野菜も自然な甘みや酸味が感じられ、素材の良さが光っています。
でも、あまりにボリュームが多いため途中で味に飽きてくるかもしれません。初めて食べる方は、サイズは小さいRサイズにして、味を楽しめるようトッピングは肉や海鮮なども含めて4〜5種類を選んでおきたいところ。それでも飽きた時はサラダに付いてくる全粒粉のピタパンで野菜をサンドして食べるのがオススメです。また、食べきれない時は持ち帰りも可能です。
オススメ度:★★★★★(5点満点中5点)

【Salad Deli MARGO 西新宿五丁目本店】
東京都渋谷区本町3-9-3
地下鉄大江戸線 西新宿五丁目駅 徒歩1分
電話番号:03-5302-1808


②Cafez(カフェーズ)


saladlunch01_2
「サラダランチとはいえ野菜ばっかりじゃ物足りない」というバランス重視派の方には、西新宿のカジュアルフレンチ<カフェーズ>がおすすめです。新宿パークタワー地下1階の飲食店街の一角にあり、ランチタイムはOLで賑わいます。店内の壁の一面はガラス張りで、陽の当たる中庭が見えて開放感たっぷり。パーティーも開かれるおしゃれな空間は昼休みのリフレッシュに最適です。
サラダランチ(1,150円)の内容は日替わりで、取材日は海老のフリットのスイートチリマヨネーズがけ。バゲット一切れ、ドリンク、スープがセットです。
サラダの野菜はレタス、水菜、トマト、じゃがいも、コーンなど8種類と盛りだくさん。メインの海老のフリットは温かく、衣はカリッ、身はプリッとした食感で食べ応えがあります。スイートチリマヨネーズと野菜にからむフレンチドレッシングが食欲をそそり、どんどん口に運びたくなる一皿です。欲を言えば、葉物野菜にもう少しシャキシャキ感があれば、満足度がさらにアップしそうです。
全体のボリュームは女性のランチにちょうど良い量。白菜やにんじんを使った優しい味付けのスープやオレンジを効かせたアイスティーも女性好みのラインナップです。正午を過ぎると並ぶ場合もありますが、サラダランチはテイクアウトも可能です。

オススメ度:★★★★☆(5点満点中4点)

【Cafez】
東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワーB1
JR新宿駅駅 徒歩12分
電話番号:03-5322-1153

 

▼ 次のページにて、1,000円で大満足のサラダランチ残り2店を紹介します!