大人ニキビでも諦めないで!胸元にできたニキビ跡の対処法まとめ
Beauty 2017.06.08 UPDATE

大人ニキビでも諦めないで!胸元にできたニキビ跡の対処法まとめ

※ この記事は、2017年5月25日に追記しました!

胸のあいたカットソーやTシャツなど、女性なら胸元やデコルテがきれいに見えるファッションも楽しみたいですよね。そんな時、ニキビ跡があっては、胸元に自信がなくなってしまいます。ここでは、すでにニキビ跡がある女性に対して、ニキビ跡を改善する対処法をご紹介していきます。

pfor_masuda

(監修・取材協力)
増田陽子(ますだようこ)先生
皮膚科医。日本美容皮膚科学会正会員、点滴療法研究会会員、高濃度ビタミンC点滴療法認定医。国立浜松医科大学卒業後、沖縄県南部医療センターこども医科センターにて研修医を経験。京都府立医科大学附属病院、済生会滋賀県病院での勤務を経て、現在、麗ビューティー皮フ科クリニックの常勤医師として活躍中。美しくありたい女性たち一人ひとりに寄り添った、親身な医療サービスを提供している。

ニキビ跡ができるメカニズムとは


同じニキビでも、ニキビ跡になるニキビと、跡が残らないニキビがありますよね。その違いは何なのでしょうか。まずは、ニキビ跡ができるメカニズムについて触れていきたいと思います。

ニキビ跡になりやすいニキビがある?


ニキビには白ニキビや黒ニキビ、赤ニキビという3つの種類があることをご存知ですか?この3つのニキビの中で最もニキビ跡になりやすいのは赤ニキビです。

この赤ニキビは、炎症を起こして化膿しているニキビのことで、名前通り見た目が赤いことからこう呼ばれます。

白ニキビや黒ニキビは毛穴に皮脂や古い角質などが詰まってできたもの。比較的軽度のニキビと捉えられていますが、赤ニキビはこれらのニキビに炎症が起こって進行した悪化したニキビと言えるでしょう。

赤ニキビの炎症がさらに強くなると、毛穴自体が壊れてしまい、周りの毛穴や皮膚の奥へ、炎症が広がります。そうなると炎症が静まった後もニキビ跡として残ってしまう可能性があります。

メラニンが原因のシミのようなニキビ跡も


シミのように見えるニキビ跡は、ニキビの炎症がきっかけで生成されたメラニン色素であることが考えられます。

このタイプのニキビ跡は、アクネ菌が肌を攻撃することで起こるそうです。何度も繰り返しできるニキビなども、このメカニズムでシミを残すことがあります。

クレーター状のニキビ跡はどうしてできる?


ひどいニキビ跡として代表されるのは、凸凹としたクレーター状のニキビ跡です。このタイプは、赤ニキビのように炎症が激しく、肌の奥深くの皮膚組織まで破壊が及ぶことで残ります。

▼ 次のページでは、クレーターニキビ・茶ニキビの対処法を説明します!