大人ニキビでも諦めないで!胸元にできたニキビ跡の対処法まとめ
Beauty 2017.04.21 UPDATE

大人ニキビでも諦めないで!胸元にできたニキビ跡の対処法まとめ

※ この記事は、2017年4月21日に追記しました!
 
 
胸のあいたカットソーやTシャツなど、女性なら胸元やデコルテがきれいに見えるファッションも楽しみたいですよね。そんな時、ニキビ跡があっては、胸元に自信がなくなってしまいます。ここでは、すでにニキビ跡がある女性に対して、ニキビ跡を改善する対処法をご紹介していきます。

pfor_masuda

(監修・取材協力)
増田陽子(ますだようこ)先生
皮膚科医。日本美容皮膚科学会正会員、点滴療法研究会会員、高濃度ビタミンC点滴療法認定医。国立浜松医科大学卒業後、沖縄県南部医療センターこども医科センターにて研修医を経験。京都府立医科大学附属病院、済生会滋賀県病院での勤務を経て、現在、麗ビューティー皮フ科クリニックの常勤医師として活躍中。美しくありたい女性たち一人ひとりに寄り添った、親身な医療サービスを提供している。

ニキビ跡ができるメカニズムとは


同じニキビでも、ニキビ跡になるニキビと、跡が残らないニキビがありますよね。その違いは何なのでしょうか。まずは、ニキビ跡ができるメカニズムについて触れていきたいと思います。

ニキビ跡になりやすいニキビがある?


ニキビには白ニキビや黒ニキビ、赤ニキビという3つの種類があることをご存知ですか?この3つのニキビの中で最もニキビ跡になりやすいのは赤ニキビです。

この赤ニキビは、炎症を起こして化膿しているニキビのことで、名前通り見た目が赤いことからこう呼ばれます。

白ニキビや黒ニキビは毛穴に皮脂や古い角質などが詰まってできたもの。比較的軽度のニキビと捉えられていますが、赤ニキビはこれらのニキビに炎症が起こって進行した悪化したニキビと言えるでしょう。

赤ニキビの炎症がさらに強くなると、毛穴自体が壊れてしまい、周りの毛穴や皮膚の奥へ、炎症が広がります。そうなると炎症が静まった後もニキビ跡として残ってしまう可能性があります。

メラニンが原因のシミのようなニキビ跡も


シミのように見えるニキビ跡は、ニキビの炎症がきっかけで生成されたメラニン色素であることが考えられます。

このタイプのニキビ跡は、アクネ菌が肌を攻撃することで起こるそうです。何度も繰り返しできるニキビなども、このメカニズムでシミを残すことがあります。

クレーター状のニキビ跡はどうしてできる?


ひどいニキビ跡として代表されるのは、凸凹としたクレーター状のニキビ跡です。このタイプは、赤ニキビのように炎症が激しく、肌の奥深くの皮膚組織まで破壊が及ぶことで残ります。

胸にできたニキビ跡をきれいにするには?


胸に色素沈着したニキビ跡や凸凹のクレーター状のニキビ跡ができたら、どうしても人の目が気になってしまいますよね。そんなときは、どうやって改善すればいいのでしょうか。ここでは、ニキビ跡のタイプ別に、その対処法をご紹介していきます。

色素沈着した茶色のニキビ跡の改善法


色素沈着したニキビ跡を自宅で改善するなら、美白化粧品やホームピーリングがおすすめです。ピーリングによってターンオーバーを促せば、新しい皮膚に生まれ変わりますので、時間はかかりますが、色素は年単位で薄まっていきます。

フルーツ酸が含まれるものなど、市販のものでも十分ピーリングの効果は得られます。石けんやローションなど、さまざまな商品がありますが、刺激の強いものもあるので慎重に選ぶことをおすすめします。使い方や頻度も、それぞれの用法用量に従って使うようにしてください。

もし、できるだけ的確に早く改善したいのであれば、漂白作用のある外用薬などをお医者さんで処方してもらうのもおすすめです。クリニックで行うピーリングやイオン導入なども色素沈着を改善するのには効果があるので、気になればお医者さんに相談してみましょう。

クレーター状のニキビ跡の改善法


クレーター状のニキビ跡を改善する場合は、皮膚科医に頼るほかありません。自宅でケアできるものではありませんので、凸凹になった皮膚を治すには、病院でお医者さんに相談しましょう。

クレーター状のニキビ治療には、フラクショナルレーザーなどを使用します。このレーザー治療は、皮膚に小さな穴を空けることができるもの。空いた穴が治る過程で、皮膚の凸凹が目立たなくなっていく仕組みです。

ただ、皮膚の状態が目に見えて改善するには、複数回の照射が必要になることや、照射時の痛みを抑えるために麻酔クリームを塗る必要があること、照射後は腫れが見られることなどを理解しておきましょう。

レーザーの種類によって異なりますが、腫れは数時間から数日で治まります。顔にあるクレーター状のニキビ跡であれば、術後すぐにメイクで隠せるので赤い腫れが気にならないかもしれません。しかし、胸はメイクなどで隠すことが難しい可能性もありますので、術後の肌の赤みが気になる可能性もあります。

また身体に照射した場合には、色素沈着が強く出たり、長引く可能性が高いため、胸のニキビ跡に対してフラクショナルレーザーをあてることはあまりおすすめできません。

ニキビ跡の予防が大切に


一度ニキビ跡ができると、その後の治療は大変です。小さなニキビなら身体への負担は少ないかもしれませんが、治るまでに時間がかかり、治療へ通うといった手間がかかるのは否めません。

ニキビができてしまったら、できるだけニキビ跡にならないようにケアをすることが大切です。

ピーリングの習慣を


もしニキビがしょっちゅうできるようであれば、まずはピーリングの習慣を生活の中に取り入れましょう。色素沈着したニキビ跡の改善にも役立つピーリングですが、ニキビを予防することにも役立ちます。

ピーリングは、皮膚にある古い角質を除去する働きがあります。ニキビは毛穴に詰まった皮脂や古い角質が原因で起こりますので、根本原因である皮脂や古い角質を毛穴から追い出しておけば、ニキビになる心配はありません。

ピーリングをする際には、フルーツ酸が含まれた石けんやローションなどのピーリング剤を使用しましょう。市販のものであれば古い角質を剥がす酸の濃度が低いため、毎日行ってもいいでしょう。

ただし、ヒリヒリした痛みがあったり、赤みやかぶれなどが発生したら、ピーリング剤の使用は控えるようにしてください。ピーリングは角質をとるため乾燥感がでる場合があり、乾燥はニキビの原因にもなるため、ホームピーリングの際には、保湿を忘れないことが大切です。

ピーリングに関しては、美容皮膚科などでも行うことができます。お医者さんの判断のもと行いますので、ピーリングによる肌へのダメージを最小限にでき、安心安全にピーリングができます。

ピーリングは、ニキビができる前、それから、白ニキビや黒ニキビができた後にも行うことができます。これまでピーリングを行ってこなかった人は、新たにピーリングを習慣にしてもいいかもしれませんね。

規則正しい生活習慣を


ニキビ跡を防ぐには、初期段階でニキビを改善することが大切です。そのためにも、規則正しい生活習慣を続けることがとても重要。生活習慣が乱れれば、ターンオーバーが乱れ、肌に古い角質が溜まる原因になります。

生活習慣を整えれば、古い角質をきちんと排出できるので、ニキビやニキビ跡ができるのを予防できるのです。

規則正しい生活のためには、睡眠は1日6時間以上を心がけ、食事をとる際には、栄養バランスに気を配りつつ、ビタミンAや亜鉛、ビタミンCを含んだ食材を選ぶようにしてください。

またストレスを溜め込むと、ホルモンバランスが乱れ、大人ニキビの原因にもつながることがあります。運動をしたり、アロマなどで癒される時間を設けるなど、リフレッシュする習慣も取り入れていくといいでしょう。

大人のニキビは、一度発生するとなかなか治りにくいものです。胸にニキビができれば、目立つのを気にしてファッションにまで影響ができることもあるでしょう。規則正しい生活習慣を身につけて、ニキビやニキビ跡に悩まない生活にしていけるといいですね。

文:杉浦優子