胸元ニキビを繰り返す原因は生活習慣に?医師が教えるニキビケア
Beauty 2017.04.21 UPDATE

胸元ニキビを繰り返す原因は生活習慣に?医師が教えるニキビケア

※ この記事は、2017年4月21日に追記しました!
 
 
10代に比べて、大人の女性は胸ニキビができやすくなるそうです。胸やデコルテは女性らしさをアピールできるパーツですが、そんな胸周辺にニキビができたら、憂うつになってしまいますよね。ここでは、繰り返す、長引く胸ニキビの原因に触れ、ニキビ予防につながる生活習慣のポイントをご紹介していきます。

prof_simohira

(監修・取材協力)

下平千夏(しもだいらちなつ)先生
長野県飯田市出身。東海大学医学部卒業後、長野県飯田市立病院救命救急センター、長野県上伊那生協病院、健和会病院で内科外来や救急対応として勤務を経験。現在は2児の母として子育てに奮闘しながらも、東京・恵比寿にあるrara clinicの美容内科院長として活躍中。身体の内と外からのアプローチで、女性たちの美と健康をサポートしている。

胸ニキビができる原因


まずは胸ニキビができる原因から探っていきましょう。胸ニキビは、以下に挙げる事柄が原因で発生すると考えられています。

皮脂分泌が多く不潔になりやすい


胸は、皮脂や汗の分泌が多いパーツです。夏などに胸元を見ると、汗をびっしりかいているという人は多いのではないでしょうか。汗をかきにくい秋や冬でも、実は皮脂がたくさん分泌されています。そのため、年間を通して胸はニキビができやすいのです。

胸元はとくに、空気中のホコリなども紛れ込みやすい部分です。それらの汚れなども皮膚に付着し、毛穴に汚れが詰まっていきます。

ニキビの原因菌であるアクネ菌は、人間の皮脂がエサです。たくさんの皮脂が分泌される胸というパーツは、アクネ菌が好む環境であるため、ニキビが繁殖しやすくなるのです。

ホルモンバランスの乱れがターンオーバーを乱す


肌は常に古い角質を排出し、新しい肌へと生まれ変わっていきます。これをターンオーバーと言いますが、肌が生まれ変わることで傷が治ったり、皮膚病が改善されたりするわけです。

このターンオーバーが正常に行われなければ、いつまでも古い角質が皮膚表面に積み重なっていくことになります。こうなると、古い角質が毛穴をつまらせ、ニキビの原因となるのです。

ホルモンバランスは、このターンオーバーに影響を与えることがあります。ホルモンバランスが崩れると自律神経が乱れ、内臓機能が低下するのです。老廃物が体外へ排出されにくくなるため、肌のターンオーバーも乱れていきます。

このホルモンバランスですが、規則正しい生活を送っていれば大きく乱れることはありません。ただし、現代女性は忙しい中で生活しており、ストレスも多いため、乱れやすいと言えるでしょう。

ホルモンバランスの乱れは、皮脂分泌を増加させるとも言われていますので、ターンオーバーの乱れと皮脂分泌増加により、毛穴が詰まりやすくなり、胸ニキビへと発展しやすくなります。

石けんカスの付着が原因?


身体を洗うときには、しっかりと洗剤を落としているでしょうか。ボディソープはきちんと洗い流していても、洗顔したとき、シャンプーをしたときは、胸元についた石けんを意識していない人が多いのでは?

もし、身体に石けんカスがついたままになっていると、それは毛穴をつまらせます。毛穴詰まりはニキビの原因になりますので、それがもととなってニキビになってしまうことも。

石けんやシャンプーは普段は身体をきれいにしてくれるものですが、身体についたままにしておくと、肌トラブルの原因になるのです。

入浴時に洗顔を最後に行う方や、身体から洗ってしまう方は、石けんカスがきちんと落ちているかを確認して、お風呂からあがるようにしてください。

下着や衣服で刺激を受けやすい胸


胸はいつも、下着や衣服などに触れていますよね。下着や衣服が化学繊維であれば、摩擦が起こりやすく肌にダメージを与えます。化学繊維は通気性も悪いので、ムレて不衛生な状態にもなりやすいです。

摩擦刺激やムレなどは、肌にとっては大きなストレスを与え、これが直接的なニキビの原因になることがあります。

また、下着の締め付けなどがきついと、それが原因でうっ血し、血行不良になることも。血行不良はターンオーバーを乱す原因になりますので、ニキビを発生させやすくなります。

胸ニキビが繰り返す・長引く理由と対処法


胸ニキビがなかなか治らない方、繰り返しできてしまう方はいませんか?ここからは、胸のニキビがなかなか治らない理由について触れていきたいと思います。

不衛生な状態が習慣になっている


仕事が忙しく自宅になかなか帰れない、お風呂に入らないまま寝てしまうなど、長時間身体を不潔なままにしていませんか?ついついやってしまっているこんな習慣が、胸ニキビの原因になっているかもしれません。

皮膚に皮脂や角質などが長時間溜まると、それをエサにしているアクネ菌が増殖し、ニキビになりやすくなってしまいます。長時間不潔にしていると毛穴もどんどん詰まっていきますので、ニキビになりやすくなるのです。

習慣なっていると気づかないものですが、「毎晩お風呂に入る」「汗をたくさんかく季節はこまめにシャワーを浴びる」といったちょっとした習慣の改善で、ニキビは予防しやすくなるでしょう。

また、一度着用した衣服を着たりするのも、衛生的ではありません。きちんと洗いたての下着や衣服を着るようにし、清潔を心がけましょう。

お風呂に入る際は、きちんと湯船に浸かるのがベストです。毛穴の汚れを浮かして、落としやすくしましょう。石けんカスが身体に残らないように、お風呂から出るときには入念に確認するようにしてくださいね。

生活習慣が不規則


ニキビにかかわらずですが、生活が不規則だと身体にはいい影響がありません。ニキビに関わることで言えば、ターンオーバーの乱れや皮脂分泌の増加などの悪影響を与えます。

睡眠時間が1日6時間を下回る場合や、寝る時間、食事を摂る時間などが毎日一定ではない場合、知らず知らずのうちに身体に負担がかかっていることも。

仕事などでどうしても不規則になる方は、まずは十分な睡眠時間を確保することから始めましょう。

偏った栄養バランスの食事


人間の身体を構成しているのは、毎日摂る食事です。食事が不規則だったり、栄養バランスが偏っていると、どうしても健康な身体をつくれなくなってしまいます。

もし、インスタント食品やファーストフードばかりを食べているようなら、その食習慣をまずは見直しましょう。

特に、食事の栄養が偏っている方は、ビタミンや食物繊維などが不足しているケースが多いです。ニキビ治療の観点からいうと、ビタミンA、C、B2、B6や亜鉛などが有効になりますので、これらの栄養素の摂取をポイントに毎日の献立を考えるのがおすすめです。

どんな食材がいいのかは、以下のリストを参考にしてください。

・ビタミンA…モロヘイヤ、しそ、カボチャ、レバー、卵黄
・ビタミンC…ピーマン、パセリ、レモン、キウイフルーツ
・ビタミンB2…レバー、うなぎ、卵、納豆、たらこ、チーズ
・ビタミン B6…にんにく、まぐろ、かつお、あじ、鶏ささみ
・亜鉛…牡蠣(かき)、うなぎ、豚レバー、ごま、大豆、チーズ

食事が偏ると、身体の免疫力も下がってしまいます。ニキビが炎症して悪化したり、化膿してしまう場合もあります。まずは身体を健康な状態にするために、整った栄養バランスの食事に注意しましょう。

栄養バランスのいい食事は、肌のターンオーバーも正常にしてくれます。ターンオーバーのサイクルが正常になれば、胸ニキビが発生する可能性も低くなり、たとえニキビが発生しても治りが早くなります。

もし、どうしても胸のニキビが治らない、繰り返してしまうようであれば、必ずお医者さんに相談するようにしてください。お医者さんでレーザーなどを使った治療をすれば、ニキビの再発を防止できる可能性も十分にあります。「ニキビでお医者さんなんて…」と思いがちですが、ぜひ気軽に相談するようにしてくださいね。

中には、ニキビと思っていたものが、粉瘤(ふんりゅう)やマラセチア毛包炎などの別の病気である可能性も捨てきれません。自己判断しないようにし、2週間以上ニキビが治らない場合は、まず、皮膚科を受診するようにしてください。お医者さんで適切なケアを受ければ、ニキビ跡になることも予防がしやすくなります。

文:杉浦優子