そのスキンケアはNG!胸ニキビのための正しい身体の洗い方
Beauty 2017.04.21 UPDATE

そのスキンケアはNG!胸ニキビのための正しい身体の洗い方

※ この記事は、2017年4月21日に追記しました!
 
 
胸にニキビができやすい人はいませんか?もしかしたらその胸ニキビの原因は、身体の間違った洗い方にあるのかも。ここでは、スキンケアの基礎をお勉強して、正しい胸ニキビの予防法を知っていただきたいと思います。美しい胸元を演出するためにも、ケアはきちんとしておきましょう。

prof_simohira

(監修・取材協力)

下平千夏(しもだいらちなつ)先生
長野県飯田市出身。東海大学医学部卒業後、長野県飯田市立病院救命救急センター、長野県上伊那生協病院、健和会病院で内科外来や救急対応として勤務を経験。現在は2児の母として子育てに奮闘しながらも、東京・恵比寿にあるrara clinicの美容内科院長として活躍中。身体の内と外からのアプローチで、女性たちの美と健康をサポートしている。

胸ニキビができる原因とは


さて、胸ニキビの正しい予防法を知る前に、胸ニキビができる原因を知っておきましょう。

ニキビといえば、顔にできるものが一般的だと思われがちです。しかし、胸にニキビができるのは意外と多く、特に大人の女性になると胸ニキビができる人は増加傾向にあります。

胸は皮脂分泌の多いパーツ



胸ニキビができてしまうのは、胸が皮脂や汗の分泌が多い場所であり、毛穴が詰まりやすいからです。

夏場などに胸のあたりを見ると、汗が流れるように出ている人もいるでしょう。それでも、しょっちゅうTシャツの中に手を入れて拭き取るわけにもいきませんから、そのままになってしまい、不潔な状態が続いてしまいます。

一日が終わる頃には、皮脂や汗、空気中のホコリなどが混ざり合って、毛穴は汚い状態に。アクネ菌は皮脂や皮膚の古い角質などが大好物ですので、そこにアクネ菌が繁殖して、ニキビになってしまうのです。

ホルモンバランスがニキビ発生に大きく関係?


大人の女性が胸ニキビに悩むことが増えるのは、ホルモンバランスが関係しているとも言われます。ホルモンバランスが乱れると皮脂分泌が増えるという一説もあるほど、ホルモンバランスとニキビなどの肌トラブルには深い関係があるのだとか。そのメカニズムはどういったものなのでしょうか。

ホルモンバランスが乱れると、自律神経が乱れやすくなり、それが内臓機能の低下や代謝機能を低下させる原因になります。そうなると、老廃物が体外へ排出されず、身体に不要なものが溜まりがちに…。肌のターンオーバーも乱れてしまい、ニキビになりやすい状況になるのです。

現代女性は仕事もプライベートも忙しく、睡眠不足や食生活の乱れ、ストレスなどに悩んでいる人も多いですよね。このような状況が続けば、ホルモンバランスが崩れて胸ニキビなどの肌トラブルが発生しやすくなります。

摩擦刺激がニキビの原因にも


胸は下着や洋服などに常に触れています。知らず知らずのうちに摩擦刺激を受けているのです。

このような状態だと、皮膚はダメージを受けてしまい、皮膚のバリア機能が下がってしまう状態に。特にブラジャーなどの下着は締め付けもあり、通気性が悪い素材でできていることも多いので、ムレてさらに肌への刺激が多くなります。

シャンプーのすすぎ残しも原因に


実は、胸ニキビはシャンプーやリンスなどのすすぎ残しが原因になっていることが多いそうです。例えば、身体を洗ってからシャンプーをしたり、洗顔をしてしまうと、どうしても身体に洗浄剤が残ってしまいます。これが意外と大きなニキビの原因になっていることも。

摩擦刺激もない、ホルモンバランスも乱れていないはず…と、思い当たることがない方は、普段の身体の洗い方をもう一度見直してみましょう。

改めて知りたい!胸ニキビ予防になる身体の洗い方


さて、胸ニキビの原因を知ったところで、胸ニキビの予防にもなる身体の洗い方を知っていきましょう。まずは順を追って、洗い方を紹介していきます。

1. まずは湯船に浸かって


入浴時にはきちんと湯船に浸かっていますか?シャワーだけで済ませているなら今日から湯船に浸かりましょう。

湯船に浸かると、毛穴に詰まった皮脂や角質が柔らかくふやけてきます。この状態になれば身体を洗ったときにも汚れが落ちやすくなるのでおすすめです。身体が温まると、毛穴もより開きやすくなりますよ。

2. 頭→顔→身体の順番に


さて、湯船に浸かったら次は全身を洗っていきます。洗う際には、頭→顔→身体の順番に、上から下へと洗っていきましょう。この順番を守れば、シャンプーやリンス、洗顔料などのすすぎ残しは防げます。

さて、身体を洗う際には、しっかりと泡立てた泡で洗うようにしてください。ゴシゴシこすったり、ナイロンタオルで洗うのは危険ですのでやめましょう。刺激を与えないように、できるだけやさしく泡で包むように洗うのがコツです。

3. しっかりと洗い流す


石けんカスが残らないように、改めて全身を洗い流しましょう。胸ニキビになりやすいなら、胸の周辺を入念に洗い流すのも大切ですね。

身体を洗うときのお湯の温度にも気を配りましょう。高い温度では皮膚の必要な皮脂を奪いますので、必ずぬるま湯で行ってください。冬は寒さで湯温を上げたくなりますが、ちょっと我慢です。

4. 水気を拭き取り保湿を


お風呂から上がったら、身体の水気を拭き取ります。このときも肌にダメージを与えないよう、水気を吸い取るように身体を拭きましょう。ゴシゴシこするのもやめてください。

お風呂から出たら、早めに保湿をします。ローションなどを使用する際には、保湿効果が期待できるセラミドやヒアルロン酸ナトリウム配合の保湿剤を選びましょう。

その他にも、雑菌の増殖を防いでくれるビタミンC誘導体やアルファヒドロキシ酸、ビタミンA、ビタミンB群が含まれた美容液などをつけると、ニキビ毛穴には効果的です。

日焼け止めはしっかりとクレンジングを


夏などの紫外線が強い季節は、胸元やデコルテにも日焼け止めを使う人が多いでしょう。日焼け止めは専用のクレンジング剤で落とさなければいけないこともあり、肌に残りやすいコスメの一つです。

もしあなたが日焼け止めをしっかりと塗り込んでいるなら、きちんとクレンジングをして、それから身体を洗うようにしてください。毛穴に詰まれば、すべてはニキビの原因になってしまいます。

バスタイムにおすすめ!ピーリング剤でのケア


胸ニキビの予防をするなら、定期的にバスタイムにピーリングを行うのがおすすめです。皮脂や垢などが溜まりやすい胸のパーツは、ターンオーバーが乱れやすい部分。定期的にピーリングを行うことによって、ターンオーバーを促進させ、毛穴詰まりを解消させます。

ピーリングをするなら、ピーリング石けんを使うと手軽で便利です。ピーリング石けんも通常のボディソープと同じくしっかりと泡立て、やさしく包み込むように洗ってください。

ピーリング石けんには、フルーツ酸などが含まれたものを使います。敏感肌や乾燥肌の方は酸の濃度が低いものを選ぶことも大切です。痛みや腫れなどがあれば使用を中止し、皮膚科医に相談することも忘れないようにしてください。

もし安心してピーリングを行いたいのであれば、お医者さんでケミカルピーリングをしてもらうのも一つの手です。皮膚科などの病院ではピーリング剤も購入できますし、自宅でのニキビケア・角質ケアを相談しに受診してもいいですね。

胸ニキビができたら…


胸ニキビができ、それがいつまでも治らないようであれば、必ず病院を訪れるようにしてください。ニキビはこじれると長引きますので、できるだけ早いうちに対処することが大切です。

同じニキビでも、毛穴に皮脂が詰まってできる白ニキビや、黒ずんだ黒ニキビはピーリングケアなどでも改善することがあります。ただし、炎症したり、化膿してしまった赤ニキビは、なかなか自分で治すことは困難です。

胸ニキビは襟元からも見えてしまう場所にあるため、しっかりと的確に治すことが大切。きれいな胸元をキープするためにも、お医者さんで治療を受けることも重要な選択です。毎日のケアを続けながら、自分ではできないケアはプロを頼ってくださいね。

文:杉浦優子