そのスキンケアはNG!胸ニキビのための正しい身体の洗い方
Beauty 2017.05.25 UPDATE

そのスキンケアはNG!胸ニキビのための正しい身体の洗い方

※ この記事は、2017年5月25日に追記しました!

胸にニキビができやすい人はいませんか?もしかしたらその胸ニキビの原因は、身体の間違った洗い方にあるのかも。ここでは、スキンケアの基礎をお勉強して、正しい胸ニキビの予防法を知っていただきたいと思います。美しい胸元を演出するためにも、ケアはきちんとしておきましょう。

prof_simohira
(監修・取材協力)
下平千夏(しもだいらちなつ)先生
長野県飯田市出身。東海大学医学部卒業後、長野県飯田市立病院救命救急センター、長野県上伊那生協病院、健和会病院で内科外来や救急対応として勤務を経験。現在は2児の母として子育てに奮闘しながらも、東京・恵比寿にあるrara clinicの美容内科院長として活躍中。身体の内と外からのアプローチで、女性たちの美と健康をサポートしている。

胸ニキビができる原因とは


さて、胸ニキビの正しい予防法を知る前に、胸ニキビができる原因を知っておきましょう。

ニキビといえば、顔にできるものが一般的だと思われがちです。しかし、胸にニキビができるのは意外と多く、特に大人の女性になると胸ニキビができる人は増加傾向にあります。

胸は皮脂分泌の多いパーツ



胸ニキビができてしまうのは、胸が皮脂や汗の分泌が多い場所であり、毛穴が詰まりやすいからです。

夏場などに胸のあたりを見ると、汗が流れるように出ている人もいるでしょう。それでも、しょっちゅうTシャツの中に手を入れて拭き取るわけにもいきませんから、そのままになってしまい、不潔な状態が続いてしまいます。

一日が終わる頃には、皮脂や汗、空気中のホコリなどが混ざり合って、毛穴は汚い状態に。アクネ菌は皮脂や皮膚の古い角質などが大好物ですので、そこにアクネ菌が繁殖して、ニキビになってしまうのです。

ホルモンバランスがニキビ発生に大きく関係?


大人の女性が胸ニキビに悩むことが増えるのは、ホルモンバランスが関係しているとも言われます。ホルモンバランスが乱れると皮脂分泌が増えるという一説もあるほど、ホルモンバランスとニキビなどの肌トラブルには深い関係があるのだとか。そのメカニズムはどういったものなのでしょうか。

ホルモンバランスが乱れると、自律神経が乱れやすくなり、それが内臓機能の低下や代謝機能を低下させる原因になります。そうなると、老廃物が体外へ排出されず、身体に不要なものが溜まりがちに…。肌のターンオーバーも乱れてしまい、ニキビになりやすい状況になるのです。

現代女性は仕事もプライベートも忙しく、睡眠不足や食生活の乱れ、ストレスなどに悩んでいる人も多いですよね。このような状況が続けば、ホルモンバランスが崩れて胸ニキビなどの肌トラブルが発生しやすくなります。

摩擦刺激がニキビの原因にも


胸は下着や洋服などに常に触れています。知らず知らずのうちに摩擦刺激を受けているのです。

このような状態だと、皮膚はダメージを受けてしまい、皮膚のバリア機能が下がってしまう状態に。特にブラジャーなどの下着は締め付けもあり、通気性が悪い素材でできていることも多いので、ムレてさらに肌への刺激が多くなります。

シャンプーのすすぎ残しも原因に


実は、胸ニキビはシャンプーやリンスなどのすすぎ残しが原因になっていることが多いそうです。例えば、身体を洗ってからシャンプーをしたり、洗顔をしてしまうと、どうしても身体に洗浄剤が残ってしまいます。これが意外と大きなニキビの原因になっていることも。

摩擦刺激もない、ホルモンバランスも乱れていないはず…と、思い当たることがない方は、普段の身体の洗い方をもう一度見直してみましょう。

 

▼ 次のページでは、胸ニキビ予防のための具体的な洗い方を説明します!