生活とスキンケアの見直しを!おしりニキビの治し方・予防法
Beauty 2017.05.25 UPDATE

生活とスキンケアの見直しを!おしりニキビの治し方・予防法

※ この記事は、2017年5月25日に追記しました!

おしりにニキビができたとき、あなたはどんな対処をしていますか?きっと、多くの人が「何もしていない」と答えるのではと思います。おしりニキビのケアの意識を上げるべく、ここではおしりニキビの治し方とその予防法をご紹介。ぜひ、きれいなおしりをキープするためにも、毎日のケアの参考にしていただきたいと思います。

(監修・取材協力)
蘇原 しのぶ(そはら しのぶ)先生
皮膚科医。東海大学医学部卒業後、北里大学皮膚科、獨協大学皮膚科を経て、白斑専門の新宿皮フ科副院長。2016年にしのぶ皮膚科開業。皮膚科・皮膚外科歴13年。ヒアルロン酸、ボトックスマスター認定医、日本アンチエイジング外科・美容再生研究会認定医。オールアバウト美と健康のガイドでもあり、「スッキリ!!」・「この差って何ですか?」等のメディア活動も精力的にこなしている。

おしりニキビ・段階別に治し方が違う?


おしりニキビと一口に言っても、ニキビには種類があるのをご存知ですか?実は、おしりニキビには3つの種類があります。その違いをまずは知っていきましょう。

白ニキビ


白ニキビは、見た目に白っぽいことからこう呼ばれています。皮膚の中に白い塊のようなものがポツリとできているのが特徴で、ごく小さいものではなかなか気づかないことも多くあります。

毛穴に皮脂や角質が溜まることで白く膨らむ白ニキビは、毛穴が塞がれた状態で発生することから「閉鎖面皰(へいさめんぽう)」という名称でも呼ばれます。

黒ニキビ


皮脂が毛穴に詰まっているところまでは白ニキビと一緒です。黒ニキビは、その皮脂が空気に触れることで酸化して黒ずんで見える状態のものを指します。

白ニキビは閉鎖面皰と書くのに対して、黒ニキビは「開放面皰(かいほうめんぽう)」といい、毛穴が開いて空気に触れていることが名称からも見て取れますね。

赤ニキビ


赤ニキビとは、炎症を起こしてしまっているニキビを指しています。白ニキビや黒ニキビは炎症を起こす前段階ですので、赤ニキビは症状が進行した状態です。赤くはれあがって痛みやかゆみがあったり、悪化すれば化膿することもあるでしょう。

おしりに赤ニキビができると、痛みがあって椅子に座れなかったり、生活にも弊害が出てきます。膿が洋服についてしまうなど、困ったことも増えるでしょう。

上記をまとめてみると、白ニキビと黒ニキビは初期のニキビで、赤ニキビは化膿した一歩進行してしまったニキビです。実は、この進行段階の違うニキビたちは、それぞれ段階によって処置や対処法が変わります。

次の項目からは、初期段階のニキビ、化膿したニキビ、繰り返し発生するニキビと段階別にタイプ分けして、その対処法を紹介したいと思います。

 

▼ ニキビの進行度に気をつけて!タイプ別ニキビ対処法は次のページで説明します!