おしりのニキビ跡と黒ずみはきれいに治る?タイプ別お手入れ方法
Beauty 2017.06.08 UPDATE

おしりのニキビ跡と黒ずみはきれいに治る?タイプ別お手入れ方法

※ この記事は、2017年5月25日に追記しました!

一度できるとなかなか治らない、おしりにできるニキビ。日頃露出しない部分だからこそ、適当に薬を塗っておいたり、そのままにしておいたりしてしまう人も多いようです。気づいたらニキビ跡になってしまった!という方も少なくないのだとか。ここでは、おしりにできたニキビ跡のタイプ別に、そのお手入れ方法をご紹介します。

prof_keida
(監修・取材協力)
慶田朋子(けいだ ともこ)先生
医学博士。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。日本レーザー医学会認定レーザー専門医。東京女子医科大学卒業後、同大学での皮膚科助手、美容クリニック勤務を経験。2011年に銀座ケイスキンクリニックを開設後は、「切らないハッピーリバースエイジング」を掲げ、メスを使わないアプローチで多くの女性たちの美をサポートしている。美肌を叶える食や生活習慣など、多角的なアドバイスもできることから、患者からの信頼も厚い。活躍の場は医療現場に留まらず、雑誌やTV、Webメディア等、多方面で活躍中。著書「365日のスキンケア」(池田書店)

おしりニキビはなぜできる?


ニキビといえば、おでこや頬などのTゾーンにできるイメージが強いですよね。おしりにニキビができるなんて!と、驚く人も多いでしょう。

実はおしりは皮脂分泌が意外と多く、ニキビができやすい部位なのだそう。体重がかかりやすく、下着でこすれる刺激も加わり角質も厚くなりやすく、ニキビができやすい環境が揃っているそうです。

おしりニキビは跡になりやすい?


ニキビができやすいおしり。下着や洋服で隠れてしまう部位でもあるため、自分でも目に入りにくく、お手入れが適当になってしまうことも少なくありません。

そのため、おしりニキビの場合は、気づいたら「ニキビ跡が残ってしまった!」なんてトラブルも多いのです。

ただ、ニキビ跡といっても、その種類にはさまざまあるのをご存知ですか?ここでは、ニキビ跡のタイプ別に、行えるお手入れ方法をご紹介していきたいと思います。

ニキビ跡には3つの種類がある?


おしりのニキビを分類すると、大きく3つのタイプに分けられます。その特徴を一つひとつ挙げていきますので、ご自身のおしりニキビの跡と見比べてみて、どのタイプなのかをまずは知っていきましょう。

炎症後の赤いニキビ跡


ニキビ跡が赤くなっている場合は、炎症タイプです。炎症により毛細血管が増えて現れます。自然に1~3カ月ほどで消えていくので心配ありません。

色素沈着によるニキビ跡


茶色くくすみのようになっているニキビ跡は、炎症後の色素沈着が原因で残ってしまったニキビ跡です。茶色い色素は、くすみやシミと同じメラニンです。

肌は刺激を受けると、その防衛反応でメラニン色素を生成します。紫外線や摩擦刺激だけでなく、湿疹や虫刺され、ニキビなどの炎症もメラニンを増やすきっかけになるのです。色素沈着によってできるニキビ跡は、肌細胞がニキビの炎症から肌を守ろうとした結果の産物です。ニキビの炎症が強いと色は濃くなります。

ただ、肌のターンオーバーがきちんと行われていれば、この色素は肌の生まれ変わりとともに、古い角質共々はがれていきます。肌のターンオーバーが乱れている場合や日焼けしてしまった場合、色素沈着タイプのニキビ跡になってしまうのです。

クレーターのようなニキビ跡


肌の表面が凸凹してしまうニキビ跡。美容や見た目を気にする人なら、まず避けたいと思うのがこのクレータータイプではないでしょうか。

このクレーターニキビは、ニキビの原因菌であるアクネ菌と戦った戦場の跡といってもいいかもしれません。肌は、アクネ菌がたくさん繁殖しているニキビを治そうと抵抗し、好中球という白血球の一種が集まってきます。これが膿を持ったニキビです。炎症が激しいと、真皮まで広がり、コラーゲン線維が萎縮し、凸凹とした跡が残ってしまうのです。

いずれのタイプも、速やかに炎症を治すことが最大の予防策ですので、放置せずに適切なケアを行いましょう。

いかがでしたか?自分のおしりのニキビ跡タイプは判明しましたか?次の項目からは、タイプ別にその改善方法をご紹介していきます。

▼ 次のページにて、お尻ニキビ向けコスメの選び方を説明します!