【動画つき】二重あごに効果のあるマッサージ・筋トレ法3選
Beauty 2017.05.31 UPDATE

【動画つき】二重あごに効果のあるマッサージ・筋トレ法3選


二重あごを改善するマッサージ・筋トレ3選

pixta_30036661_M
子育てや家事に奮闘中のお母さんは、自分の時間を持つことが難しいですよね。時間ができたとしても、複雑な動きが多いと続けることが嫌になることがあります。そこで現在子育て真っ最中であり、ずぼらな私でも続けやすそうなものを選んで、二重あごを解消するマッサージと筋トレを実践してみました!二重あごを解消したい方は、試してみてくださいね。

リンパマッサージ


顎の下や耳の下のリンパ節に向かって、老廃物を流すマッサージです。

【手順】
1. 耳下や顎下をほぐします。

2. 手のひらのくぼみを顎先に当てます。

3. 親指は顎の骨の下に入れ、人差し指は小鼻の横にくるようにL字を作ります。

4. L字のまま、人差し指は頬を通って耳前のリンパへ、親指は顎の肉を押し上げながら耳下のリンパに流し込みます。

5. 耳の下まで到達したら、鎖骨に向かってなでおろします。

6. 左右5回ずつ行います。

リンパマッサージと言うとゴリゴリ痛いというイメージがありました。しかし実際に行うと痛みもなく、気持ちが良いです。気持ち良さのあまり何度もやりたくなりますが、肌に負担がかかることもあるので止めた方が良いです。

舌回し体操


顎を含む口周りの表情筋を鍛える筋トレです。

【手順】
1. 口を閉じた状態で、舌を歯の表面、鼻の下の歯茎に当てます。

2. 歯の表面をなぞるように、舌を右回しにゆっくり20回動かします。

3. 2.と同様に左回しにゆっくり20回動かします。

4. 左右20回ずつを1セットとし、一日3セットを目安に行います。

実際に行うと口周りの筋肉がとても痛く、頭にまでキーンと響く感覚があります。私は10回行うのもやっとでした。表情筋が使われていなかった証拠ですね。頬を内側から押すように行うと、ほうれい線対策としても効果があるようです。

最初から20回を目標に行うことも良いと思いますが、続けられなければ意味がありません。慣れないうちは5回、10回から始めると良いと思います。

顎上げ体操


顎の下の筋肉であるオトガイ筋を鍛える筋トレです。

【手順】
1. 顔をゆっくり上に上げ、首を伸ばします。

2. 下唇をつき出して、3~5秒間キープします。

3. ゆっくり唇と顔を元に戻します。

4. 2.、3.の動きを1セットとし、一日3セットを目安に行います。

実際に行うと舌回し体操よりも楽で、首の付け根が伸びて気持ちが良いです。普通にしている時と、顎上げ体操を行った時ではオトガイ筋の違いを感じました。顎上げ体操をしている時のオトガイ筋は硬く力が入っていて、効いている感じがあります。


フェイスクリームは必要?


マッサージをする際は、フェイスクリームやオイルを使って行った方が良いと言われます。これはリンパを流すことに必死になりすぎて余計な力が加わり、肌に負担がかかる可能性があるからです。

フェイスクリームやオイルを選ぶ際、やたら高級なものはおすすめしません。使うのがもったいなくて少量に抑えてしまうことがあるからです。少量では使っていないのと変わりません。

毎日続けてしっかりマッサージするなら、適量を使っても経済的に負担のないものの方が良いでしょう。伸びや香り、クリームやオイルに求める効果を重視して選んだ方が良いと思います。

ちなみに私は、ココナッツオイルを使用しました。好みの香りと伸ばしやすさ、べたつかず、肌に馴染んだらサラサラになるところがお気に入りです。

ココナッツオイル

何もつけずにマッサージした時と比較すると、手の滑りが全く違いました。何もつけずにマッサージすると、どうしても力が入ってしまいます。フェイスクリームやオイルを使用すると力が入りすぎないので、マッサージがしやすくなります。


まとめ


二重あごは年齢に関係なく、現れるものです。太ることによって二重あごになることもありますが、表情筋の衰えやむくみ、姿勢の悪さによっても現れます。痩せていても二重あごになるということです。

二重あごはマッサージや筋トレで解消することは可能です。もちろん、体重増加や姿勢の悪さが原因であれば、マッサージや筋トレに加えてダイエットや姿勢を正すよう心がけることも必要です。

二重あごに悩んでいる方は、今回ご紹介したリンパマッサージ、舌回し体操、顎上げ体操を試してみてくださいね。私も毎日続けられるようがんばります!
 
 
【関連記事】
むくみ・小顔に関する記事一覧