痩せているのに二重あごになるのは姿勢のせい?理由と解消方法
Beauty 2017.06.19 UPDATE

痩せているのに二重あごになるのは姿勢のせい?理由と解消方法

 

二重あごは改善できるのか?


 
 
猫背による弊害は毎日の習慣、積み重ねで起きています。二重あごの原因が猫背にあるとすれば、二重あごを改善するためには姿勢を正していくのが正解です。
 
 
姿勢を正す簡単な方法は生活習慣を改善すること。もし生活習慣を改めて猫背を直すことができれば、首や顎まわりの筋肉は本来の動きを取り戻し、むくみの改善も期待できます。
 
 
ただし、毎日のクセはなかなか直らないケースも多く、仮に姿勢を正したからといってすぐに顎下のたるみが取れるわけでもありません。生活習慣を変える以外に、意識して猫背を直すトレーニングをしていく必要もあるでしょう。
 
 
例えば、猫背になると首の前の筋肉はたるみますが、首の後ろの筋肉は伸びて常に突っ張った状態になります。常習的な筋肉の緊張状態はちょっとやそっとのマッサージでは直りません。
 
 
一時的に良くなったとしても、猫背のままではすぐに元の緊張状態に戻ってしまいます。
 
 
二重あごも同様です。マッサージだけで直そうとしても効果は一時的で、改善できない可能性のほうが高いといえます。むしろ、無理なマッサージで肌のたるみがひどくなってしまうかもしれません。
 
 
大切なのは二重あごになってしまった根本的な原因をきちんと自覚すること。対処療法ではなく、根っこの部分から解消するようにしていきましょう。
 
 

二重あごを解消させるために気をつけるべき生活習慣


二重あごの解消法として正しい姿勢の保ち方、気をつけるべき生活習慣について解説していきます。
 
 

正しい姿勢とは?


猫背を直すには正しい姿勢を覚えることからはじめましょう。横から見たときに膝、肩、耳のラインが一直線になっているのが、立っているときの正しい姿勢です。猫背の場合は耳と肩が重心の前に出てしまい、アンバランスなラインになっています。
 
 
膝も自然と曲がってしまうので立ち姿が美しくありません。これを正しい姿勢に直していきます。まずは両手を挙げて思い切り伸びをして、縮んでいる筋肉を引き上げましょう。目線も天井に向けることで首の前面の筋肉を伸ばすことができます。
 
 
777624_3538749_1
 
 
次に両手を左右に開き、太ももの横に下ろします。同時に目線も正面に戻してください。このとき耳と肩、膝のラインが一直線上にあればOKです。なっていなければ両手を腰にあてて両肩を後ろに引きます。肩甲骨が縮んで胸が開いた状態になるのがわかるのではないでしょうか?
 
 
そこから肩の力を抜いて、両腕を太もも横に下ろしてください。ポイントは胸を開くこと、膝・肩・耳のラインが一直線になっていること、首が肩の上に乗っていることです。毎日気付いたときに実践してみましょう。
 
 
777624_3538750_1
 
 

猫背になりやすい生活習慣をやめる


スマホを使用する際は20分までなど、利用時間を決めるようにしましょう。使用する際はなるべく目線の高さまでスマホを持っていくようにします。
 
 
腕が疲れて長時間使用がつらくなりますし、二の腕痩せにもつながって一石二鳥ですよ。デスクワークの人は1時間に1回は休憩を取るようにしてください。
 
 
パソコンを使用しているとどうしても前傾姿勢になり、肩甲骨が広がったまま固まってしまいます。こまめに肩を回して肩甲骨を柔らかく保つようにしましょう。
 
 

お風呂上がりのリンパマッサージ


pixta_26714912_M

お風呂上がりは血行が良くなっているので、首まわりのリンパマッサージにもってこいのタイミングです。
 
 
たるみやすい顎下の中心から耳の下にかけて、親指でゆっくり指圧していきます。耳の下まできたらこぶしを作り、鎖骨のあたりまで首筋をゆっくり押していきましょう。
 
 
これで顎や首にたまった老廃物や余分な水分が流れ、翌朝はスッキリした顔で目覚めることができますよ。脂肪はすぐには取れませんが、むくみはかなり改善してくるでしょう。
 
 
777624_3538751_1
 
 
777624_3538752_1
 

弱った舌筋を鍛えよう


二重あごの人は口元に緊張感がなく、舌筋が弱っているケースも多くあります。舌筋が弱っていると美容の観点のみならず、将来食べ物が飲み込みにくくなる可能性が高いため、今のうちから鍛えておきましょう。
 
 
まず舌をべーっと出して10秒キープ。舌の先を顎につけるイメージで行ないましょう。
 
 
次に、口の中で歯の表面をなぞるように回していきます。左右それぞれ20回繰り返してください。舌筋が弱い人の場合、5回くらいで舌の奥が痛くなってくるのではないでしょうか?
 
 

さっそく実践!正しい姿勢で二重あごを解消


痩せているのに二重あごの人は、なぜ顎の下に脂肪がついてたるんでいるのかわからず悩んでしまいますよね。しかも、二重あごと姿勢の悪さ、特に猫背との関係性にはなかなか気付きにくいものです。
 
 
今回、猫背によって首が適正位置ではなくなること、そのために二重あごになってしまうことがわかりました。生活習慣を改善すれば、正しい姿勢を維持することができます。正しい姿勢は二重あごの解消にもつながります。
 
 
ぜひ今回紹介したトレーニング方法を、生活のなかに取り入れてみてください。続けるのが大変なようであれば、最初はどれがひとつだけでも構いません。結果が出てくればトレーニングのモチベーションもアップするので、できることから無理なくはじめてくださいね。

【関連記事】
むくみ・小顔に関する記事一覧