痩せているのに二重あごになるのは姿勢のせい?理由と解消方法
Beauty 2017.06.19 UPDATE

痩せているのに二重あごになるのは姿勢のせい?理由と解消方法

※ この記事は、2017年6月23日に追記しました!

年齢の割に体型はキープしていると思っていても、なんとなく気になるのがフェイスラインのたるみ。
 
 
特に太っているわけでもないのに二重あごが気になる場合、姿勢の悪さが原因かもしれません。かくいう筆者も二重あごが気になるアラフォーのひとりです。腹筋や背筋が弱いため、姿勢が悪くなってしまうことも自覚しています。
 
 
そこで、二重あごと姿勢にはどのような関係があるのか調べてみました。
 
 
777624_3538748_1
 
 
(ライター紹介) blue_bird

Bluebird

一般企業でのOL生活から12年間の演劇活動を経て結婚。
再度正社員として働き始めるも、何かを生み出す仕事がしたいとwebコンテンツ制作の世界へ足を踏み入れる。
趣味はワインを飲みながらデヴィット・スーシェ主演の「名探偵ポワロ」を観ること。
現在はライター兼エディターとして精力的に活動中。


姿勢の悪さが二重あごの原因?


pixta_21405157_M
 
 
痩せているのに二重あごになる原因は、ズバリ姿勢の悪さにあります。悪い姿勢の代表といえば猫背。では、なぜ猫背になると二重あごになってしまうのでしょうか?
 
 

猫背とはどんな姿勢?


猫背とは、猫のように背中が丸まっている状態のことです。肩甲骨が広がるのでそのぶん胸が縮こまり、首と肩が前に出ます。
 
 
デスクワークの人に肩こりが多いのは、猫背のために不自然な位置で重い頭を支えているから。女性の頭の重さは平均で約5kgです。その重い頭を首だけで支えているわけですから、首や肩が緊張して疲れるのは当然のことといえます。
 
 
自分が猫背かどうかを確かめるには、直立不動の姿勢を取ってください。猫背の人は肩が前に落ちているので手のひらが太もも前にきます。正しい姿勢の人は手のひらが自然と太もも横にくるので、猫背かどうかわからない人はぜひ確認してみてくださいね。
 
 

猫背になりやすい人の特徴


・メールやSNSをはじめ、調べ物やゲームなどでスマホを頻繁に使う
・デスクワークでパソコンを使う

pixta_16920765_M
 
 
これらの人は長時間うつむきがちになるのが特徴です。前かがみの姿勢が習慣になっています。

猫背で二重あごになる仕組み


正しい姿勢で首が肩の上に乗っていると、顎まわりの筋肉が正しく動きフェイスラインをキープしてくれます。
 
 
しかし、猫背で首が前に出てしまうと、顎まわりとそれを支える首の前の筋肉はたるんでしまいます。
 
 
さらに、長時間スマホをいじることで筋肉のたるみはクセになり、顎まわりの筋力は衰えてしまうのです。スマホに集中していると口元は緩みやすく口角は下がりがちに。猫背は二重あごを作るだけでなく、頬が垂れ下がる典型的なブルドック顔を作ってしまうわけですね。

猫背のままだと二重あごはさらにひどくなる


pixta_16391215_M (1)
 
 
顎まわりや首の筋力が衰えるのは筋肉を動かしていないからです。筋力が衰えると血行は悪くなり、血流やリンパの流れは滞ります。
 
 
結果、老廃物や余分な水分が流れないのでむくみやすくなり、二重あごが強調されてしまうのです。
 
 
老廃物の溜まりやすい部位は脂肪がつきやすくなりますから、二重あごはさらに大きくなるという悪循環。猫背は百害あって一利なしです。
 

▼ 原因を知ったところで、次のページから具体的な改善方法の内容に入ります!