忘年会シーズンに「酢酸菌酵素」!二日酔いや肌荒れの予防にも⁉︎
Beauty 2017.03.15 UPDATE

忘年会シーズンに「酢酸菌酵素」!二日酔いや肌荒れの予防にも⁉︎

忘年会シーズンがやってきましたね!つい飲みすぎてしまうこの時期は、頭痛、むくみ、肌荒れなど、アルコールによる、さまざまなトラブルに悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、新たにサプリメントとして活用され始めた「酢酸菌酵素」を服用することで、そのようなトラブルを防ぐことができるのです。

今回は、アルコールの代謝メカニズムや、酢酸菌酵素の効果・効能についてお伝えしたいと思います。

お酒を飲むとなぜ二日酔いになるの?

身体にとって有害なアルコールは、2つの酵素の働きによって、体内で無害化されます。

通常は「アルコール脱水素酵素」と呼ばれる酵素により、肝臓でアセトアルデヒドに代謝され、「アセトアルデヒド脱水素酵素」によって最終的に酢酸に変換されるというメカニズムです。

しかし、お酒を飲みすぎてしまった時や、日本人に多い「アセトアルデヒド脱水素酵素」が低活性の方は、有害なアセトアルデヒドを処理しきれず、頭痛や吐き気などを引き起こします。これが、いわゆる二日酔いの原理です。

morita_urara_1-e1478847080553

肝臓に負担をかけると美容にも悪い

二日酔いだけでなく、お酒を飲みすぎることで肝臓に大きな負担がかかってしまい、さまざまな働きが損なわれてしまいます。

肝臓の働き


1)胆汁の生成:脂肪の消化や吸収を助ける
2)有害物質の解毒:老廃物や毒素の無害化
3)栄養素の貯蓄:エネルギーを合成する

アルコールを大量に摂取すると、2)の働きに集中してしまい、他の機能が低下してしまいます。つまり、脂肪の消化が十分にできずに太りやすくなったり、ビタミン不足で肌荒れを引き起こしてしまったり…お酒の弊害は計り知れません。

酢酸菌酵素が肝臓の働きをサポートして、健康・美容に効く

酢酸菌とは、表面についた酵素の働きによって、アルコールをお酢に変換する珍しい菌です。お酒を飲む前後に、この酢酸菌の酵素を摂取することで、肝臓が代謝しなければならないアルコール量が減るため、肝臓の働きを保つことができます。そのため、二日酔いはもちろん、美肌やむくみの防止にも役立つのです。

忘年会シーズンはもちろんのこと、普段からお酒を飲む機会が多い方や、お酒が弱い方も、酢酸菌酵素を摂取して健康や美容に役立ててみてはいかがでしょうか?

美容家 森田ひろみ プロフィール
大学卒業後、都内の有名美容クリニックで漢方薬剤師として勤務する傍ら、カウンセリングや漢方の処方を行い、美意識の高い女性達のダイエットや美肌作りをサポートする美容家。現在はハーブデトックスセラピストとしても活躍中。デトックスを通してダイエットや美肌のみならず、全ての女性の健康で幸せな妊娠•出産を目指している。

文:森田ひろみ