結婚式で冷や汗!デコルテをきれいにしないとドレスが着れない!
Beauty 2017.05.31 UPDATE

結婚式で冷や汗!デコルテをきれいにしないとドレスが着れない!

※ この記事は、2017年6月13日に追記しました!

女性らしさを演出できるパーツの一つにデコルテがあります。最近ではファッションでもオフショルや抜き襟が流行し、空前のデコルテ見せブームが到来しています。

デコルテ見せファッションは若い世代に限ったことではありません。30代、40代のファッション雑誌にも頻繁に登場しています。30代半ばの私もブームに乗って、しっかりオフショルや抜き襟を購入しました。

さて、購入していざ着こなそうと思うと、自分のデコルテに自信がないことに気づかされます。首には年相応のシワがあり、つや肌とは言い難い状況です。結婚式シーズンが目前のこの季節、デコルテのあいたドレスやワンピースを着る方もいるでしょう。女性らしさが出るパーツだからこそ、しっかりケアをしておきたいですよね。

そこで、今回はきれいなデコルテを手に入れるべく、正しいケア方法についてご紹介します。
 
(ライター紹介)プロフィール(山下亜紀) (1)

山下亜紀(やました あき)
医療用医薬品の広告代理店でメディカルライターを経験。
ドラッグインフォメーションや医療従事者向け・患者向け資材の企画・制作に携わる。
2015年よりフリーランスのWebライターとしての活動を始める。
主に美容・健康を中心にコンテンツ案の作成からライティングを行う。


きれいなデコルテってどんなもの?


pixta_16539077_M
自分が気になるパーツがあると、人のパーツを注視してしまいます。デコルテのきれいな方を見ると、同性であってもセクシーさを感じ、ドキッとすることがあります。

デコルテとは首から肩、胸の上までの範囲を指して言い、人からは目につきやすいパーツです。女性でも目がいくデコルテは、男性からももちろん見られています。

顔はメイクで隠せるので、実年齢よりも若く見せることも可能です。しかし、デコルテはメイクをしても隠すことはできません。世の男性は女性の年齢を予想する時、デコルテを見ることが多いそうです。

女性からすると意外な事実ですが、デコルテを見られていると聞けば、きれいなデコルテを目指したいですよね。

きれいなデコルテの2大条件


きれいなデコルテには、次のような条件があります。


● 鎖骨が肉に埋もれておらず、横に真っすぐ伸びた状態。
● 腕を前に出した時に、鎖骨に3本の指が第一関節まで入るくぼみができる。

鎖骨が肉に埋もれていなくても、ハの字やVの字に見えるようであれば、きれいなデコルテとは言えません。

年齢を重ねると、デコルテ部分が痩せることがあります。骨がごつごつ見えていても老けた印象になりますし、セクシーな雰囲気とは程遠くなります。

デコルテ美人は胸元のあいたワンピースやドレスが着こなせる

pixta_18217447_M

ブライダルシーズンを迎えるこの季節、花嫁はどんなドレスにしようか、出席者なら結婚式に何を着ていこうか迷いますよね。

和装でない限り、デコルテを露出するデザインのドレスやワンピースが一般的だと思います。デコルテは嫌みなく、セクシーな女性らしさを演出するには欠かせないパーツです。

デコルテを露出したスタイルにきらりと輝くアクセサリーは、より一層女性らしさと、デコルテの美しさを引き出してくれるでしょう。結婚式に限らず、普段でもオフショルや抜き襟が流行っているこの頃。きれいなデコルテが、おしゃれ度を左右する可能性も否定はできません。


デコルテはむくみやすく、ニキビができやすい!


デコルテは顔に続いているパーツです。人の顔を見た時、顎から上だけを切り取って見るということはありませんよね。視界にはデコルテ部分も入ってくるはずです。

しかし、顔は重点的にケアをしても、デコルテはノーマークという方もいるのではないでしょうか?ケアがおろそかになりがちなデコルテですが、実はむくみやすく、ニキビができやすい厄介なパーツでもあるのです。

デコルテのむくみ


顔や足のむくみは一目で分かります。しかし、デコルテのむくみに気づくことはほとんどないと思います。瘦せ型なのに鎖骨が埋もれているという方もいるでしょう。もしかするとデコルテがむくんでいるのかもしれません。

デコルテの上には頭部があります。人間の頭部の重さは、体重の約10%を占めていると言われています。例えば体重50kgの方なら、約5kgが頭部の重さということです。約5kgを首が支えているのですから負担もかかります。

正しい姿勢を保つことができれば首の負担も少なくなります。しかし、猫背のように姿勢が悪くなると筋肉も凝り固まって血行が悪くなります。

血行が悪くなるとリンパの流れも悪くなり、むくみやすくなります。リンパを流すには出口が必要です。リンパの最終出口は実は鎖骨にあります。デコルテがむくんでいては、リンパを流すことはできず、むくむ一方になってしまうのです。

デコルテのニキビ


pixta_10186202_M
デコルテの中でも首から鎖骨にかけては皮膚が薄く、胸元にいくにしたがって皮膚は厚くなっていきます。

皮膚の薄い部分は皮脂腺も少なく、肌もデリケートです。デリケートな分、外部の影響を受けやすくなります。しかし、顔には念入りに日焼け止めを塗っても、鎖骨は塗り忘れや、塗っても適当に済ませているという方もいるのではないでしょうか?

顔同様に、デコルテも紫外線にさらされることが多いパーツです。適当に日焼け止めを塗っていては、当然紫外線の影響を受けます。紫外線のダメージで怖いのがシミやシワです。首のシワが気になるという方は、もしかすると紫外線によるものかもしれません。

反対に、皮膚が厚くなる胸元は皮脂腺が多く、汗もかきやすいです。夏場に胸の谷間をつたって汗が流れ落ちる感覚を、多くの女性が経験していると思います。ニキビは皮脂や古い角質、汚れが毛穴につまることで起こるものです。皮脂が多ければ、ニキビができるリスクも高くなります。また、シャンプーやボディソープの流し残しも汚れとなってニキビができやすくなります。
 
▼ 次のページから、具体的なマッサージ法を動画で説明します!