【顔、脇、ひじ、ひざなど】皮膚科医の教えるNG黒ずみケア
Beauty 2017.05.25 UPDATE

【顔、脇、ひじ、ひざなど】皮膚科医の教えるNG黒ずみケア

※ この記事は、2017年5月25日に追記しました!

黒ずみに悩んでいるあなた。

でも、黒ずみといっても、顔の毛穴の黒ずみから、ワキ、デリケートゾーンまでさまざまな部位がありますよね。これらの黒ずみ、普段どんな風にケアしていますか?きっと、いろんな答えが返ってくることでしょう。でも、その中で、黒ずみケアとしては、やってはいけない方法もあるのです。

でも、よく「やってはいけない」「NG」といわれますが、大事なのは、「なぜやってはいけないのかを知ることです。それを理解しなければ、正しいケアだけを継続して行うのはむずかしいものです。

そこで今回は、やってはいけない黒ずみケアの理由をきちんと理解できるよう、解説していきます。

やってはいけない黒ずみケア~顔編


まずは、顔の毛穴の黒ずみケアのやってはいけないものをみていきましょう。

一日に何度も洗顔する


顔の毛穴の黒ずみが目立つ場合、皮脂が過剰に分泌されて毛穴詰まりを起こしている可能性があります。もしそれが原因であれば、皮脂分泌が多くなっている可能性も。そのため、脂っぽさを肌にいつも感じているのかもしれません。

また、何度も洗えば、黒ずみが除去できるのではないかと思う人もいるでしょう。でも、一日に何度も洗顔をするのはよくないといわれています。

その一番の理由は、皮脂を除去しすぎてしまい、乾燥しがちになるからです。脂っぽい肌は嫌いかもしれませんが、皮脂そのものは、肌を守るバリアの働きをしています。刺激だけでなく、乾燥からも守ってくれます。肌にとって乾燥は大敵。毛穴の開きだけでなく、しみやしわ、たるみなども起こってきます。これでは黒ずみのないつるつる美肌も叶いません。

また、一日に何度も洗顔するのがいけない別の理由として、かえって肌に刺激になり、肌を傷めてしまったり、強いマッサージなどの刺激でメラニンが生成されてしまい、色素沈着を起こしたりすることもあります。これでは、元も子もありませんよね。

皮脂詰まりが原因の黒ずみは、角栓というたんぱく質の角質と油分の皮脂とが混合してできあがっているものです。これは、石鹸では除去するのはむずかしいものです。なぜなら、皮脂は取れても、角質はたんぱく質でできているため、通常の洗顔剤では分解できないからです。

毛穴をこじ開ける


毛穴に詰まった角栓を除去するために、ピンセットなどで毛穴を無理やりこじ開けて、角栓を取ろうとするのは、やってはいけないケアです。

周りの皮膚に影響を及ぼさないように行えばいいという説もありますが、慣れていない場合はむずかしいものです。ほじくりだせば、周りの皮膚が傷つくこともありますし、失敗するとかえってしみとして残ってしまうこともあります。

運よく角栓を除去できたとしても、毛穴はさらに広がり、また角栓として詰まってしまう恐れもあります。

毛穴をこじあけて黒い角栓を除去することは、このようにあらゆる意味でいいことがはありません。むしろ逆効果になってしまうこともありますので、避けたほうがいいでしょう。

メイクを落とさないで寝る


これは分かっているけれど、ついついやってしまうことです。ケアではありませんが、疲れて帰ってきたり、飲み会の後でいい気分になったりすると、どうしても「今日は仕方ない…」「一晩くらいなら…」とクレンジングをせずに寝てしまうことがあります。

これはもちろんNGです。黒ずみ毛穴の原因は、汚れや汗、皮脂、ファンデーションの残りなどが毛穴に詰まることが一つ考えられているため、ファンデーションをしっかり落とさないことは、自ら黒ずみ毛穴を作っていることになります。

いくら疲れていても、メイクは必ず落としましょう。今では、市販のクレンジング剤でも、簡単にさっと落とせるものも多く出ています。もちろん、個人差があるので、自分の肌に合ったものを一つ、簡単に楽に落とせるクレンジング剤を用意しておくのがおすすめです。

毎日ピーリング剤を使用する


ピーリングは、古い角質を除去して、より肌のターンオーバーを促すために行うといい場合があります。しかし、ピーリングは、削る行為なので、セルフケアでは少々リスクがあります。市販のピーリング剤を用いて自分で行う際には、容量・用法をよく読んでから頻度を守って行うべきです。

「自分は黒ずみ毛穴が多いから」と毎日ピーリング剤を使うようなことは避けましょう。つるつるの鼻になりたいからと、つい連続して使い、肌に無理をさせてしまうケースも。自分の将来の肌のためにも、避けるようにしてください。

ピーリングは、基本的には医療機関で受けるほうがいいでしょう。皮膚科では、ケミカルピーリングという方法があります。これは、医師が肌の状態を見ながら、行ってくれるものです。また、ピーリングの後も保湿をするなどして、しっかりとケアしてくれます。

 

▼ では、正しい黒ずみケアの方法は?次のページで説明します!