皮膚の黒ずみケアを皮膚科医が解説!部位別原因・対処法まとめ
Beauty 2017.04.21 UPDATE

皮膚の黒ずみケアを皮膚科医が解説!部位別原因・対処法まとめ

※ この記事は、2017年4月21日に追記しました!
 
 
よくある肌悩みで聞くのが「黒ずみ」が気になるということ。本当、黒ずみは目立つので厄介ですよね。

本人が気にするほど周りは気にしていないとは言うものの、ワキの下やひじなどの黒ずみは、自分では気づきにくい反面、人に見られやすい部位です。

黒ずみといっても、こんな風に、顔だけでなく、ワキ、ひじやひざ、デリケートゾーンなどさまざまなところにできるものなのです。そこで、まずは知っておきたいのが、これらの黒ずみの原因です。

原因を知ったら、それぞれの部位ごとの黒ずみの原因と対処法をチェックしていきましょう。そして、あなたが気になる黒ずみの解決の参考にしてみてください。

そもそも、黒ずみってどうしてできるの?


黒ずみといえば、毛穴の黒ずみや、ワキの下、ひじ・ひざなどが代表的。気づかない間に黒くなっていて、困ってしまいますよね。そんな黒ずみは、どうしてできるのでしょうか。

皮膚が黒くなるのは、主に「メラニン」か「酸化した皮脂」などによるものと考えられます。

黒ずみの原因1:メラニンによる色素沈着


肌に過度な摩擦や刺激を加えると「メラニン」という物質が肌を守るために分泌されます。メラニンは本来肌を守るものですが、過剰に分泌されてしまうと、色素が沈着して黒ずみとして残ってしまうのです。

しかし、本来、ターンオーバーという、皮膚に備わっている生まれ変わり機能があります。つまり、今触れることのできる皮膚も、やがて失われ、新しい皮膚に取って代わるのです。

そのため、メラニンが過剰に分泌されて、黒い色素として残ってしまっても、やがてターンオーバーによって排出されるため、黒ずみも消えてなくなります。

ただし、ターンオーバーが遅かったり、サイクルが乱れたりすると、皮膚の古い角質がはがれ落ちにくくなります。メラニンも排出されにくくなるため、黒ずみとなるのです。

ターンオーバーが遅いのは、特にひじやひざなどの皮膚が厚い部位です。これらの部位に黒ずみが起きやすいのは、このような理由が大きいと考えられます。また、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなどによって、ターンオーバーが乱れやすくなります。

黒ずみの原因2:酸化した皮脂・汚れ


顔の小鼻などの毛穴の黒ずみで多いのがこの原因です。

保湿が十分でないこと、睡眠不足やその他の体調不良、肌に合わない化粧品の使用などが原因で、皮脂が過剰に分泌されることがあります。この余分な皮脂が毛穴に詰まってしまい、「酸化」することで黒ずんで見えることがあります。

また、洗顔でしっかりと汚れや汗、余分な皮脂などを落としきれていないことも、毛穴詰まりの原因と考えられます。

気になる黒ずみ!あなたの黒ずみはどこ?部位別の対処法


これらの黒ずみの2つの原因を踏まえて、今度は部位別の黒ずみの原因と対処法をそれぞれ見ていきましょう!

1.顔


顔の黒ずみといえば、「いちご鼻」といわれる小鼻の毛穴の黒ずみ。また、頬の毛穴の黒ずみも気になるものです。心当たりのある人は多いのでは?原因と対処法をチェックしてみましょう。

顔の黒ずみ:主な原因


小鼻や頬の黒ずみ毛穴の主な原因は、皮脂や汚れが詰まったものが、酸化すること。皮脂は毛穴から分泌されますが、埃や古い角質、ファンデーションの残りなどと混ざることで、「角栓」と呼ばれるかたいものになってしまいます。

角栓が毛穴に詰まった後、空気に触れると酸化します。酸化すると色が黒くなるので、毛穴が黒ずんで見えるのです。特に脂性肌の場合や、乾燥、紫外線、生活習慣などが原因で皮脂の分泌が多くなりすぎると、毛穴詰まりを起こすため、黒ずみになりやすくなります。

顔の黒ずみの対処法


主に「角栓」が原因の黒ずみ毛穴は、角栓を除去することが解決策です。ただし、はがす毛穴パックはあまり頻繁に使うと毛穴が開きやすくなるため、あまりおすすめできません。また、洗顔時にゴシゴシこすって取ろうとしても取れるものではないので注意してください。

この場合、酵素洗顔料を使用したり、刺激の少ない洗顔とたっぷり水分補給をして保湿したりするケアを続けることが大切です。

刺激の少ない洗顔とは、たっぷりの泡でやさしく洗う、皮脂を落とし過ぎないようにゴシゴシしない、洗いすぎない、ぬるま湯で洗うなどがポイントです。熱すぎる湯で洗うと必要な皮脂まで取り去られてしまうので避けるようにしましょう。

基本的に、皮脂が過剰に分泌されるのは、睡眠不足やストレス、食生活の乱れなどが原因と考えられます。まずはこれらの生活習慣を見直すことも大切です。また、皮脂や汚れ、汗、ファンデーションなどを放置するのは自ら黒ずみ毛穴を招いてしまうことになります。

家に帰ったらすぐにクレンジングをして常に清潔にしておくことが、黒ずみ毛穴を防ぐ第一歩になるでしょう。

2.ワキ


ワキの下は、自分では見えないものの、夏はタンクトップやキャミソールなどであらわになる場所。ムダ毛はもちろんですが、黒ずみもしっかりとケアしないと恥ずかしいですよね。でもなぜかワキの下が黒ずむことも…。どうすればいいいのでしょうか。

ワキの黒ずみ:主な原因


ワキの下の黒ずみの主な原因は、摩擦や刺激、炎症によるメラニン色素の沈着です。先ほども説明した通り、肌は刺激を受けるとメラニンという物質を分泌して肌を守ろうとします。しかし、このメラニンは黒い色を持っているため、過剰に分泌されてしまうと、肌は排出しにくくなります。それが残ってしまうことで、ワキの下の黒ずみが起こるのです。

ワキの下の摩擦や刺激といえば、基本的に洋服などで物理的に擦れることや、ムダ毛処理のときのカミソリなどによる刺激が考えられます。また、あせもや湿疹がワキの下にできた後、その炎症が色素として残ってしまうことも原因の一つです。

ワキの黒ずみの対処法


特に、ムダ毛処理で、毛抜きや鋭いカミソリや刺激の強い電動毛抜きなどを使用した後に起こりやすくなります。メラニンが分泌されてしまうほど、強い刺激を与えるのは避けたいものです。また、ワックスを塗ってはがすといった脱毛方法もありますが、これも刺激になります。

一番いいのは、レーザー脱毛などでの永久脱毛ですが、敷居が高いものです。自分で処理したい場合には、クリームなどを塗ってできるだけ摩擦を防ぎながら、肌にやさしいカミソリなどを使用しましょう。化粧水やクリームなどの事後ケアを欠かさず行い、たっぷり保湿しておくのも忘れずに。

あせもや湿疹などがひどく、長引く場合、放っておくと黒ずみになる恐れがあります。皮膚科などで早めに診てもらい、治療を受けるようにしましょう。

3.ひじ


黒くてざらざらするひじの黒ずみ。夏は特に半袖やノースリーブ、キャミソールになると気になるものです。

ひじの黒ずみ:主な原因


ひじの黒ずみの主な原因は、摩擦によるもの。特にひじは皮膚が厚いですよね。このように皮膚が厚いと、肌のターンオーバーが遅いので、よりメラニンが排出されにくいため、黒ずみが目立ってしまいます。

ひじは特に頬杖をつくときなどに机などにつくことがありますし、壁などにぶつかることもあります。そうした刺激や摩擦を繰り返すことも、黒ずみの原因です。

ひじの黒ずみの対処法


ひじの黒ずみが特に気になる場合は、まずひじをつく癖がないか振り返ってみましょう。もし思い当たる節があれば、ひじをつくのはやめたほうがいいでしょう。どうしてもつきたい場合には、クッションになるタオルなどを敷くのがおすすめです。

すでにできてしまったひじの黒ずみの対処法としては、肌の奥の基底層というところに存在するメラニンを排出されやすくするために、肌表面の角質をはがすという方法があります。よく軽石でこするという方法がありますが、これはまさに角質をはがしているのです。

また、ピーリング剤を使用することもできます。ただし、自己流でやってしまうと肌を傷つけることもありますので、皮膚科を受診して相談するか、容量・用法を守ってピーリング剤を使用するかして慎重に行いましょう。

普段のケアとしては、顔と同じように化粧水やクリームで保湿するのがポイント。厚くなった角質もしっかりと水分補給をすることで、黒ずみを予防することもできますよ。

また、角質をやわらかくするために、オリーブオイルやココナッツオイルなどのオイルでマッサージするという方法もあります。ただし、オイルは酸化すると黒くなるため、適度に使用するのをおすすめします。

4.ひざ


ひざ小僧が黒ずんでいると、スカートやショートパンツのときなどに目立ってしまうもの。どんな原因で起こるのでしょうか。

ひざの黒ずみ:主な原因


ひざの黒ずみの主な原因は、ひじと同じように摩擦にあります。

ひざの摩擦といえば、床にひざをついたり、脚を組んだときにこすれたりするシーンが考えられます。ひじと同じように、ひざも特に皮膚が厚いので、ターンオーバーが遅く、古い角質がたまりやすくなっています。メラニンが基底層という皮膚の奥の層にあるため、なかなか排出されず、全体的に黒く見えてしまうのです。

ひざの黒ずみの対処法


ひざの黒ずみのケアは、まず日頃の摩擦をできるだけ防ぎ、十分に保湿しておくことが大切。特にひざは乾燥しやすい部位なので、肌に行うのと同じように、大切に水分補給をたっぷりしてあげましょう。

入浴後の保湿クリームは欠かせません。こうすれば、黒ずみ予防ができます。

また、日頃の生活の中で、できるだけこすれるのを防ぐために、床にひざをつく際には、クッションを使うなどしましょう。

入浴時に身体を洗うときに、ナイロン製のタオルでごしごし洗うのもNG。手の平を使い、泡でやさしく包むように洗ってください。

もしよほどひざの黒ずみが気になる場合は、ピーリングをする方法もあります。ピーリングは市販のものを使用する方法もありますが、皮膚科や美容皮膚科でも行ってくれるところがあるので、一度相談してみるといいですね。

5.バスト


バストの黒ずみといえば、乳首の黒い色。乳首はピンク色だと、若々しいといわれるため、自分の乳首の色を見て、不安に感じている人は多いかもしれません。

バストの黒ずみ:主な原因


乳首の黒ずみは、主に摩擦によって起きるといわれています。乳首の色が茶色や黒色をしているのは、メラニンが多い証拠。乳首は突起なので、こすれやすく、摩擦が起きやすいといえます。

肌は、摩擦や刺激が起きると、メラニンを分泌させて肌を守ろうとします。その結果、メラニンは黒いため、黒ずみとして外からは見えるのです。もともとピンク色や薄い茶色の乳首が黒くなるのは、このようにこすれなどが原因のこともあります。

妊娠すると、乳首は黒くなります。乳首だけでなく、乳輪も大きくなり色も濃くなります。この乳首まわりの変化は、妊娠初期の10週目くらいに起きてきます。なぜこのような変化が起こるのかというと、出産に備えて女性ホルモンの分泌量が変化するからです。

そもそも、なぜ乳首や乳輪が黒くなるのかというと、産後、赤ちゃんがおっぱいを吸うときに、黒いほうが見つけやすいからといわれています。

バストの黒ずみの対処法


妊娠すると黒ずむことからも分かる通り、人間の身体の構造として、もともと乳首が黒いのは仕方のないことだと覚えておきましょう。また、妊娠すれば、女性は乳首が黒くなるようにできていますので、心配は不要です。

妊娠中ではなく、普段の生活の中における摩擦や刺激によって黒ずむのは避けたいのであれば、乳首ができるだけブラジャーにこすれないように、ぴったりめのブラジャーをつけるとよいでしょう。また、「ニプレス」という乳首のこすれを防ぐシールもあります。これらの対策で、摩擦を防ぎましょう。

6.デリケートゾーン


デリケートゾーンとは、女性の陰部、全体のことを指します。とくに「大陰唇(だいいんしん)」「小陰唇(しょういんしん)」の黒ずみに悩む女性が多いといわれています。

デリケートゾーンの黒ずみ:主な原因


大陰唇や小陰唇などのデリケートゾーンは、生活をしていて、こすれる機会が多い場所です。また、生まれつき、色素が薄い人も、濃い人もいるので、もともと黒い人もいれば、色が薄い人もいます。ですので、まず知っておいてほしいのは、大陰唇や小陰唇の黒ずみは、それほど気にする必要はないということです。

また、こすれやすいというのは、肌に刺激が起こることで、肌を守るために分泌されるメラニンがより多く分泌されやすいということです。メラニンは黒い色素を持っているため、肌のターンオーバーが遅れたり、乱れたりすれば、メラニンの色素が残り、沈着が起こります。

ターンオーバーは加齢やホルモンバランスの乱れによっても遅くなったり、乱れたりします。これらのさまざまな原因が重なれば、徐々に黒ずみが起こることもあります。

摩擦の原因は、トイレの際にふいたり、こすったりすることがありますが、他にも、肌ざわりのよくない下着をつけていることや、生理用ナプキンによってかぶれが起きた後の炎症誤の色素沈着なども考えられます。

デリケートゾーンの黒ずみの対処法


デリケートゾーンの摩擦を防ぐには、できるだけ下着は肌にやさしい天然繊維のものを使うなどすることです。また、生理用ナプキンでかぶれやすい人は、今人気の布ナプキンに変えるなどして早急に対策を取りましょう。

また、トイレの際にふくときには、できるだけこすらず、やさしくふきとるようにするといいですね。ふくというより、抑えるようにすると刺激が少なくなります。

また、美容皮膚科などでは、デリケートゾーンの悩みに答えてくれることがあります。今は、デリケートゾーンの黒ずみは、レーザーで美白するといった方法もあるので、もしよほど気になる場合には検討してみてもいいでしょう。ただし、デリケートゾーンが黒ずんでいても、基本的には気にする必要はありません。

7.ビキニライン


ビキニラインとは、Vラインとも呼ばれる、女性のパンティーやビキニをつけたときにちょうど、Vの字になる、布に覆われない部分のこと。よく陰毛を脱毛するときなどにこの「ビキニライン」という言葉が使われます。このビキニラインも、黒ずみに悩むことがあります。

ビキニラインの黒ずみ:主な原因


ビキニラインの主な原因は、きつい下着の締め付けや摩擦によるメラニンの色素沈着と考えられます。ビキニラインは、比較的こすれやすい部位です。

肌は、摩擦を受けると、メラニンが分泌されて、肌を守ろうとします。これ自体は問題ないのですが、肌の新陳代謝、つまりターンオーバーがきちんとされないと、メラニン色素が残ってしまうことになります。メラニン色素は黒いので、黒ずんで見えてしまうのです。

ビキニラインの黒ずみの対処法


対策は、摩擦を防ぐことです。下着はできるだけこすれないよう、ゴムがビキニラインにゆるく触れる程度のものを選ぶか、ゴムなしのものがいいですね。また、素材はできるだけ天然繊維で肌にやさしいものがおすすめです。

もちろん、かぶれるなどの肌へのダメージも、黒ずみの原因となることがあるので、自分の肌に合ったものにしましょう。

また、意外と盲点になりがちなのが、入浴時にナイロン製タオルでゴシゴシ洗ってしまうこと。強すぎる刺激で、肌が「ダメージがやってきた」と勘違いしてまたメラニンを出してしまうこともあるので注意しましょう。

まとめ


いかがでしたか?

気になる7部位の黒ずみの原因と対策を知って、きっと普段の生活を見直して「あれはやめよう」「これはやってみよう」とさまざまな計画を立てたことでしょう。

今悩んでいる部位以外でも、黒ずみが起こらないように、よく注意して丁寧な肌ケア、行いたいものですね。

関連記事:
皮膚科医が忠告、やってはいけない間違い「黒ずみケア」【顔・ボディー・脇・ひじ・ひざ・デリケートゾーンまで】

(解説・監修・取材協力)

蘇原 しのぶ(そはら しのぶ)先生

皮膚科医。東海大学医学部卒業後、北里大学皮膚科、獨協大学皮膚科を経て、白斑専門の新宿皮フ科副院長。2016年にしのぶ皮膚科開業。皮膚科・皮膚外科歴13年。ヒアルロン酸、ボトックスマスター認定医、日本アンチエイジング外科・美容再生研究会認定医。オールアバウト美と健康のガイドでもあり、「スッキリ‼︎」・「この差って何ですか?」等のメディア活動も精力的にこなしている。