皮膚科医が解説!正しい鼻の角栓除去、顔の黒ずみケア方法
Beauty 2017.04.27 UPDATE

皮膚科医が解説!正しい鼻の角栓除去、顔の黒ずみケア方法

※ この記事は、2017年4月21日に追記しました!
 
 
頬や鼻など顔にできる黒ずみ。よく「いちご鼻」といわれるものです。これは、毛穴詰まりが主な原因ですが、問題は古くなった角質が簡単に除去できないこと。そこで、角質ケアで黒ずみを薄くする方法をご紹介します。

顔の黒ずみ毛穴は何が原因?


顔の黒ずみ毛穴は、そもそも何が原因なのでしょうか。黒ずんでいる前に、何かが詰まっているということ。詰まっているものは次のようなものが考えられます。

・古い角質
・皮脂
・埃
・汗
・ファンデーションの残り

汗の放置や、汚れ・メイクのクレンジングが不十分であることなどが原因で、これらが混ざり合うと、「角栓」として毛穴に詰まります。さらに、肌の乾燥や紫外線、ホルモンバランスの乱れ、食生活の乱れ、睡眠不足など何らかの原因によって、皮脂が過剰に分泌されることで、毛穴は詰まりやすくなります。

こうした状態を放置していると、毛穴には角栓が詰まり、簡単には除去できなくなってきます。

ターンオーバーの乱れなどが原因で、その角栓が長時間毛穴に詰まっていると、黒く酸化してきます。こうして毛穴は黒ずんでしまい、黒ずみとなってしまうのです。

角質ケアで毛穴の黒ずみを退治!


黒ずみの原因が分かれば、それに向けて対策を取ればOK。洗顔やオイルによるマッサージなどを行えば、汚れはもちろん、皮脂も取り除かれます。しかし、問題は、古くなった角質です。角質はたんぱく質なので、かたくて詰まっていればなおさら取るのは困難です。

そんな角質を除去するポイントは、角質をやわらかくすることと、酵素洗顔やクレイ洗顔・クレイパックなどで角質を取ることです。

●角質をやわらかくする


洗顔前の蒸しタオルで毛穴を開かせたり、オリーブオイルなどのオイルでマッサージをしたり、ピーリングをしたりすることで、角質をやわらかくします。

ただし、オリーブオイルなどのオイルは毛穴に詰まると、酸化してさらに黒ずみを起こしてしまうこともあるため、使いすぎるのは避けたほうがいいでしょう。

●酵素洗顔などで角質を取る


角質を取るには、たんぱく質を分解する力のある酵素入り洗顔剤を使用する方法があります。クレイという泥の洗顔やパックによって、角栓を吸着するという方法もあります。

毛穴シートパックという方法もありますが、肌を傷めることもありますので、できればあまり使わない方向にしましょう。もちろん、ピーリングや酵素、クレイも頻繁に使うのは避けたほうがいいでしょう。

黒ずみ毛穴に詰まっているのは、角栓。タンパク質と皮脂が両方あることを意識して、賢く黒ずみを除去し、つるつるの鼻や頬を目指したいものですね。

関連記事:
「黒ずみケア」を皮膚科医が徹底解説!カラダ部位別対処法7つ

(監修・取材協力)

蘇原 しのぶ(そはら しのぶ)先生

皮膚科医。東海大学医学部卒業後、北里大学皮膚科、獨協大学皮膚科を経て、白斑専門の新宿皮フ科副院長。2016年にしのぶ皮膚科開業。皮膚科・皮膚外科歴13年。ヒアルロン酸、ボトックスマスター認定医、日本アンチエイジング外科・美容再生研究会認定医。オールアバウト美と健康のガイドでもあり、「スッキリ‼︎」・「この差って何ですか?」等のメディア活動も精力的にこなしている。