あなたはどのタイプ?顔太りの種類別でみる小顔マッサージと効果
Beauty 2017.04.21 UPDATE

あなたはどのタイプ?顔太りの種類別でみる小顔マッサージと効果

※ この記事は、2017年4月21日に追記しました!
 
 
最近、自分の顔を鏡でじっくり見ていますか?じっくり見ることで、「あれ、なんだかフェイスラインがぼやけているな…」「アゴにお肉が付いてきちゃった」など、自分の顔の新たな発見や変化に気づくのではないでしょうか。特に“顔太り”に悩んでいる方は、顔が太ってしまうパターンを知ることが大切です。

顔太りのパターンを知ると、自分に一番合ったケアをすることができます。実は、それが小顔になる一番の近道です。まずは、自分がいったいどの顔太りタイプなのか?検証していきましょう。タイプが分かったら、顔太りになる原因と生活習慣を見直しながら、正しいマッサージや体操を行ってくださいね。

17195214_1644580112225292_2028576612_o

(監修・取材協力)


青山 秀和(あおやま ひでかず)先生。医療法人社団 秀愛会 赤坂ビューティークリニック院長兼ドクター。埼玉医科大学医学部卒業後、埼玉医科大学病院・共立美容外科・渋谷美容外科などを経て、平成19年 赤坂ビューティークリニックを開院。美しさを求める女性に向けて、しっかりとしたカウンセリングの上で一人一人に合ったケアを提案する。日本美容外科学会、日本美容外科医師会の正会員。

あなたはどれ?“顔太り”のタイプを知ろう


“顔太り”には、大きく分けて5つのタイプがあります。下記に示す「このタイプの特徴」を読んで、自分に一番近いと感じるものを選んで、マッサージを試してみてください。

顔太りパターンその1:脂肪太りタイプ


このタイプの特徴


・食べることが好き
・慢性的な運動不足
・身体が太り気味である

このパターンは比較的分かりやすく、身体が太るのと同じく、顔にまで脂肪が付いてしまっている状態です。つまり、全身の肥満が顔にまで影響しています。

このタイプは、小顔マッサージをしてもあまり効果はなく、それよりも脂肪燃焼を心がけるほうが小顔に近づきます。しかし、急激に脂肪を燃焼させると顔がたるんでしまうこともあるので、「パターンその3:筋肉の緩みタイプ」の筋肉を鍛えるマッサージも同時に行うとGOODです。

「脂肪太りタイプ」の小顔になる近道


・自分に合った分量を、ゆっくりと時間をかけて食べる。
当たり前のことですが、食事量をしっかり調節することが大事です。間食が多すぎていないか、また1日の摂取カロリーは最適かなど、自分の食生活を改めて見直しましょう。

・適度な運動を毎日の生活に取り入れる。
水泳やウォーキング、ランニング、ヨガなど、なるべく左右を対象に動かす運動を、自分のできる範囲で1日30分~1時間ほど行うと効果的です。

顔太りパターンその2:筋肉のコリタイプ


このタイプの特徴


・歯の“食いしばり”がある
・寝ている時に歯ぎしりをする
・噛み合わせが左右対象でない
・ストレスを感じている

表情筋といった顔の筋肉がコリ固まり、輪郭が肥大してしまったパターンです。原因はさまざまありますが、ストレスが原因で起こることもあります。このタイプは、筋肉のコリをほぐしてあげることが大事です。

「筋肉のコリタイプ」の小顔になる近道


ここで、筋肉のコリタイプにおすすめの小顔体操をご紹介します。これを行えば、筋肉が柔らかくなってコリがほぐれやすくなり、顔全体のゆがみやたるみの改善にもつながります。また、表情筋が刺激されるので、目・アゴ・鼻・口など、顔のパーツのゆがみ解消も期待できますよ。

1. 舌を思い切り前方に突き出し、そのまま20〜90秒ほどキープします。秒数は自分のできる範囲でOKです。このとき、なるべく舌がまっすぐに、床と平行に伸びるようにしましょう。

2. 鼻の頭に付けるようなイメージで、舌を思い切り上に伸ばします。そのまま20〜90秒ほどキープします。

3. 舌をできるだけ右に伸ばし、伸ばしきったところで20〜90秒ほどキープします。

4. 「あっかんべー」をするように、舌を思い切り下に伸ばし、そのまま20〜90秒ほどキープします。

5. 最後はできるだけ舌を左に伸ばし、伸ばしきったところで20〜90秒ほどキープします。

顔太りパターンその3:筋肉の緩みタイプ


このタイプの特徴


・表情が乏しい
・口数が少ない
・口角が下がっている
・食事の際、あまり噛まずに飲み込んでいる

目や口元を支える筋肉が衰え、フェイスラインをはじめとした顔全体がたるんでいるタイプです。一般的に顔は、重力に負けて、目の周辺、眉間、額、頬、口の周辺、口、首といった順番で下垂していきます。このタイプは、顔や首の筋肉を鍛えることが大事です。顔の表情筋を意識的に動かし、鍛えていきましょう。

「筋肉の緩みタイプ」の小顔になる近道


筋肉の緩みタイプにおすすめの小顔マッサージ法をご紹介します。表情筋が鍛えられ、締まりのある口元が作れますよ。

1. 唇を正面に突き出し「う」の形を作っていきます。5秒ほどかけて、ゆっくり突き出しましょう。

2. 下唇を上唇に重ねるようなイメージで、じわじわと口角を下げ「へ」の形を作っていきます。発音するのではなく、口の形が「へ」になるように意識します。

3. 口角に力を加えたまま、首の上に伸ばし、筋をピンと張っていきます。そのまま5秒間キープ。終わったらゆっくりと自然な表情に戻していきます。

4. 1~3を3回繰り返し行います。

顔太りパターンその4:むくみタイプ


このタイプの特徴


・アルコールをよく摂取する
・水をよく飲む
・しょっぱいものや塩辛いものが好き
・慢性的な冷え性である

朝起きた時に、目元や顔全体がはれぼったくなっていると感じるなら、このタイプです。水分やアルコールの過剰摂取が原因で起こります。そのため、顔全体の血行とリンパ節の流れをよくすることが大切です。その後、顔の筋肉を動かすことで、どんどん小顔に近づいていきますよ。

「むくみタイプ」の小顔になる近道


顔全体のむくみを取って、血行をよくすることで、フェイスラインのすっきりした小顔が期待できます。

1. 軽く目を閉じ、顔全体の筋肉を脱力します。頭頂部から、頬、鼻、口、アゴ、首の順番に全ての筋肉を緩めていきましょう。頭のてっぺんから水が流れていくようなイメージです。

2. 顔面の筋肉を中心に集めるように、口や目、頬などのパーツを鼻の頭に向けてギュッと寄せます。5秒ほどかけてゆっくり行いましょう。その後、5秒ほどかけて元の状態に戻します。

3. 眉を引き上げて目を見開き、鼻の下を伸ばして口を開けます。鼻の頭を中心に、5秒ほどかけて顔を縦に伸ばしていくようなイメージです。その後、再び5秒ほどかけてゆっくり元の自然な状態に戻していきます。

4. 1~3を3回ほど繰り返します。

顔太りパターンその5:骨格ゆがみタイプ


このタイプの特徴


・猫背である
・姿勢が悪い
・片側でばかりものを噛む癖がある
・頬杖をつくことが多い
・足を組むことが多い
・バッグをどちらか片側に持つことが多い

特にゆがみが集中するのは、歯がある口元です。原因は日常のさまざまな癖ですが、その癖に気づき、左右を対象に動かしてあげることが大事です。顔のゆがみを改善して、小顔を目指しましょう。

「骨格ゆがみタイプ」の小顔になる近道


次にご紹介する2つの小顔マッサージを行って、ゆがみを正していきましょう。

小顔マッサージ法(1)


口輪筋(口の周りにある筋肉)を鍛え、口元のゆがみを直します。

1. 大きく口を開き、「お」の形を作ります。

2. 「お」から少しずつ唇に力を加え、5秒ほどかけてゆっくり前に突き出していきます。そのまま5秒ほどキープ。

3. 口の周りの力は抜かずに、口の中へ唇だけを吸い込んでいきます。そのまま5秒ほどキープ。その後、ゆっくりと自然な表情に戻していきます。

4. 1~3を5回ほど繰り返します。

小顔マッサージ法(2)


咬筋(噛む時に使う筋肉)を鍛え、偏った噛み癖でついてしまったゆがみを矯正していきます。

1. 唇を軽くとじ、奥歯を軽く噛み合わせます。

2. 唇は動かさず、奥歯にゆっくりと力を入れていきます。

3. 5秒ほどキープし、その後ゆっくりと元の自然な表情に戻していきます。

4. 1~3を3回ほど繰り返します。

まとめ


正しい生活習慣は、小顔を作るためにとても大切なことです。それにプラスして、毎日、小顔体操やマッサージなどのケアを行えば、顔はより輝きを増していきます。

何より、毎日をイキイキと、はつらつとした表情で過ごすことが一番大事です。小顔になることは、そんな毎日を送るために、少し希望を与えてくれるものだと思います。自分の顔に自信を持って楽しんで生きる、そんな女性が増えてくれることを願っています。

文:中野友香