ほうれい線やたるみを撃退!お悩み別小顔マッサージのやり方5選
Beauty 2017.04.21 UPDATE

ほうれい線やたるみを撃退!お悩み別小顔マッサージのやり方5選

※ この記事は、2017年4月21日に追記しました!
 
 
ほうれい線、たるみ、大顔…など、年齢を重ねるごとに気になっていく顔の悩み。これらは、ダイエットで解決できる身体の悩みとは少し違い、筋肉の衰えや歯の噛み合わせといった、さまざまな要因が重なり合うことで起こります。

今回は、小顔効果が期待できるものをはじめ、悩んでいる部分に直接働きかけられるマッサージや体操などの小顔マッサージのやり方をまとめました。

早速見ていきましょう。

17195214_1644580112225292_2028576612_o

(監修・取材協力)


青山 秀和(あおやま ひでかず)先生。医療法人社団 秀愛会 赤坂ビューティークリニック院長兼ドクター。埼玉医科大学医学部卒業後、埼玉医科大学病院・共立美容外科・渋谷美容外科などを経て、平成19年 赤坂ビューティークリニックを開院。美しさを求める女性に向けて、しっかりとしたカウンセリングの上で一人一人に合ったケアを提案する。日本美容外科学会、日本美容外科医師会の正会員。

顔が大きくなる原因とは?


顔の悩みの多くは、顔の筋肉が衰えることで起こります。というのも、顔にはさまざまな筋肉があり、食べる・話す・笑うなどといった普段の何気ない動作で活性化しています。

しかし、なかには意識していないとなかなか使わない筋肉も存在します。その使わない筋肉を、そのまま放っておくとどんどん衰えが進んで、結果的に顔のたるみ、ほうれい線といった悩みにつながってしまうのです。

そうならないためにも、普段あまり使っていない筋肉をマッサージなどで意識的に動かし、気になる部分別にアプローチしていきしょう。

たるみ&二重アゴに効く!広頚筋マッサージ



フェイスラインの輪郭が曖昧になってきたと感じるならば、それは顔のたるみが始まっている証拠です。いつも猫背だったり、下を向いて生活していると、アゴの肉は重力に負けてどんどんたるみ、「えっ⁉いつの間にか二重アゴになってる!」などとショックを受けることになりかねません。アゴの肉がたるむと首にもシワが寄りやすくなり、実年齢よりも老けた印象になってしまいます。

そうならない対策として、アゴのたるみを撃退する小顔マッサージをご紹介します。今回マッサージするのは、首の表面部分にある「広頚筋(こうけいきん)」という筋肉です。たるみや二重アゴの原因は、この広頚筋が弱り、皮膚の重みをうまく支えられなくなっているからです。マッサージで広頚筋を鍛え、たるみのないスッキリとしたフェイスラインを作りましょう!

広頚筋マッサージの手順


STEP1

:両手の親指をエラの下、アゴの骨のキワ部分に当てます。残りの4本の指は耳の前に軽く添えておいてください。

STEP2

:唇を軽くとじ、「う」の形にします。

STEP3

:親指をアゴの骨のキワに深く押し込み、内側に寄せます。そのまま20〜90秒ほど、自分のペースでキープします。

マリオネットラインに効く!口輪筋マッサージ



口元の両端からアゴに向かって出現する1本のシワは、“マリオネットライン”と呼ばれ、ほうれい線と同様に、顔が老けて見えてしまうシワの一つです。

マリオネットラインができやすい人の特徴


・表情が乏しく、表情筋を使うことが少ない。
・猫背である。
・歯の噛み合わせが悪い。
・食事の際によく噛まずに飲み込む。
・笑い方に癖があり、どちらか片方の口角が上がる。

思い当たる項目がいくつかあった方は、近い将来マリオネットラインが出現してしまうかもしれません…。では、口輪筋鍛えて、マリオネットラインを消すマッサージの方法をご紹介いたしましょう。

口輪筋マッサージの手順


STEP1

:それぞれの人差し指を、左右の口角に当てます。

STEP2

:人差し指に均等に力を入れ、やや力を込めて唇の方向にぎゅっと押して、寄せ合います。そのまま90秒キープします。

この口輪筋マッサージは、左右均等に力をかけて、寄せることが何よりも大切です。なるべく鏡を見ながら、力の加減に偏りがないか確認しながら行いましょう。

マッサージに慣れてきたら、人差し指と中指で「V」の字を作り、片手で行ってもOKです。仕事の合間や移動中など空いた時間に、簡単にマリオネットラインの撃退ができますね。

ほうれい線に効く!小鼻寄せマッサージ



言わずと知れた、鼻のキワから口角に向かって刻まれる“ほうれい線”。次は、このほうれい線を消すマッサージ方法をご紹介いたします。

ほうれい線のほとんどが肌のたるみによって起こりますが、年齢を重ねるとともに、小鼻がどんどん横に広がってしまうことも原因のひとつに挙げられます。そのため、ほうれい線撃退に効果的なのは、頬よりも鼻周りのマッサージです。マッサージで小鼻を中央に寄せると、ほうれい線は薄くなっていきます。

小鼻寄せマッサージの手順


STEP1

:両手の人差し指を使い、鼻の真ん中あたりを挟み、鼻を中央に寄せるようなイメージで20回ほど押します。左右の指の力が均等になるよう、注意して行いましょう。

STEP2

:左右の小鼻に人差し指を当て、中央に寄せるように少し強めに20回ほど押して、マッサージします。

STEP3

:両方の人差し指を目頭から眉頭にかけて添え、目頭を中央に寄せるように20回ほど押します。

その他、日々の暴飲暴食、乱れた生活習慣などもほうれい線を目立たせてしまう大きな要因です。ほうれい線を解消するマッサージを実践するとともに、自分の生活習慣も気にかけてくださいね。

顔のすべてのたるみにマルチに効く!舌回しマッサージ



最後にご紹介するのは、顔のたるみ全般に効果がある舌を回すマッサージです。毎日少しずつ続けることで、表情筋をはじめとした顔の筋肉全体を刺激し、ほうれい線やマリオネットラインのほか、小顔効果もかなり期待できます。ぜひ習慣にしてくださいね。

舌回しマッサージの手順


STEP1

:人差し指を右の小鼻の横に当てて、口の中から舌先で人差し指を押し上げ、そのまま20〜90秒、できるところまでキープします。

STEP2

:小鼻と口角を一直線に結び、そのちょうど真ん中がほうれい線のできやすいところです。その真ん中部分に人差し指を当て、口の中から舌先で人差し指を押し上げ、20~90秒キープします。

STEP3

:右の口角の真横に人差し指を当て、その人差し指を口の中から舌先で押し上げ、そのまま20〜90秒キープします。

STEP4

:口角のちょうど真下、舌先がアゴの骨にぶつかる部分(マリオネットラインの終着点部分)に人差し指を当てます。そこを口の中から舌で押し上げて、20~90秒ほどキープします。

STEP5

:口の中で舌先を右の口角のちょうど真下に伸ばすと、舌がアゴの骨にぶつかる部分があります。そのぶつかった筋の右横に人差し指を当て、口の中から舌先で指を押し上げるように20〜90秒キープします。

STEP6

:1~5を左にも同様に行います。口の周りをぐるっと一周しましょう。

プラスして行ってほしい背筋体操



小顔になるためには、背筋をピシッと伸ばすことがとても大切です。猫背というのは、いわば背中の筋肉が伸びてしまっている状態です。背中の筋肉を包み込む筋膜は、頭の後ろを通り、眉間の部分までを一枚の布のように膜で覆っています。 正しい姿勢を意識すれば、背中から顔の筋肉を引き上げることにつながり、たるみ解消にも効果的です。

では、マッサージと一緒に行っていただきたい背筋体操をご紹介します。

体操の準備:立ち方


・かかとをしっかり床につけ、つま先を外側に向けて立ちます。
・鼻の下と耳の穴を結んだ線が、床と平行になるように意識します。
・胸を張り、膝を伸ばします。

体操の手順


STEP1

:両手を後ろに回し、背中で左手で右手の手首をつかみます。息を吐きながら右手を後ろ方向へ引っ張ります。そのまま30秒ほどキープします。

STEP2

:同じように、右手を左手で後ろ方向へ引っ張り、そのまま30秒キープします。利き手のほうが普段の生活で前のめりになりやすく、ゆがみやすい傾向があるので、利き手をつかんで後ろに引っ張る時間を少し長めにとってみてください。

この体操を行えば、ゆがんだ骨格や姿勢をしっかり矯正してくれるので、ここでご紹介した顔のマッサージにプラスして行うと効果的です。

まとめ


シワやたるみなどの顔の悩みは、関係する筋肉にダイレクトにアプローチすることで、最短で解決が目指せます。顔のどこが気になるのか、どんな顔を目指したいかなどをはっきりさせ、それに合ったマッサージをしてあげることが小顔への近道なのですね。

効果が出るとモチベーションも上がりますので、毎日の顔の状態を記録したり、続けることを意識して、ぜひ小顔と若々しさを手に入れてください。

文:中野友香