小顔マッサージの効果は本当だった!舌回しなどおすすめ方法4選
Beauty 2017.04.21 UPDATE

小顔マッサージの効果は本当だった!舌回しなどおすすめ方法4選

※ この記事は、2017年4月21日に追記しました!
 
 
歳を重ねるとともに気になり始める、顔の悩み。しわ・ほうれい線・たるみ・顔がどんどん大きくなる…、考えただけでも憂うつな気分になってしまいます。

老化によって起こる顔のトラブルはさまざまですが、それぞれ原因があり、それを知ってしっかりとマッサージや運動を続けることで、どんどん小顔に近づいていくことをご存知でしたか?

今回は、そんな効果抜群の小顔マッサージと運動を厳選し、顔のパーツ別に4つまとめました。一番気になる部分を重点的に行いながら、なるべく全部チャレンジするとさらに効果的です。

とても簡単なので、さっそく今日からトライしてみてはいかがでしょうか?

17195214_1644580112225292_2028576612_o

(監修・取材協力)


青山 秀和(あおやま ひでかず)先生。医療法人社団 秀愛会 赤坂ビューティークリニック院長兼ドクター。埼玉医科大学医学部卒業後、埼玉医科大学病院・共立美容外科・渋谷美容外科などを経て、平成19年 赤坂ビューティークリニックを開院。美しさを求める女性に向けて、しっかりとしたカウンセリングの上で一人一人に合ったケアを提案する。日本美容外科学会、日本美容外科医師会の正会員。

まずは敵の姿を知ろう!顔トラブルの原因


さて、効果的な小顔マッサージ法をご紹介する前に、歳を重ねるとともに顔が大きくなったりたるんだりしてしまう原因を知りましょう。

大きな原因は、ずばり「顔のゆがみ」。顔にはたくさんの筋肉がありますが、表情筋など、顔の美しさを左右する筋肉は全部で36種類もあります。この筋肉のバランスが崩れてゆがむことによって、顔はどんどん大きくなり、老けて見えてしまうのです。これは老化現象の一つで、年齢が上がるとともに顔のゆがみは進行していきます。

例えば、今まで丸顔だった人がどんどん長い顔になってきたり、頬がこけてきたり……、あなたの身近にもそんな方はいませんか?また若い女性であっても、ストレスなどが原因で歯の食いしばりや噛み癖がつき、顔のトラブルを引き起こすこともあります。

では、原因がわかったところで、早速効果的な小顔マッサージを見ていきましょう。

効果抜群!小顔マッサージ・1「舌伸ばし運動」



皆さんは、身体の中で一番ゆがみやすい場所はどこだと思いますか?それは“アゴ”ではないかといわれています。それもそのはず、アゴは話したり笑ったり、食べ物を噛むなど、一日3000回以上動く場所だそうです。そのため、アゴにかかる負担は自分の体重の約1.5〜2倍ともいわれ、使えば使うほどゆがみも進行していきます。

そんなアゴのゆがみを取り、スッキリさせてくれるのが「舌伸ばし運動」。舌の動きはアゴと連動しているので、舌が動けば動くほどアゴのゆがみは解消されていきます。小顔効果も抜群なので、しっかりと手順を叩き込みましょう。

効果が期待できるパーツ…アゴ・顔全体


・ 顔の余計な力が抜けて筋肉がほぐれ、顔全体のゆがみ・たるみの改善になる。
・ 表情筋が刺激されて、目・アゴ・鼻・口など、顔のパーツのゆがみ改善になる。

手順


STEP1:舌を前に突き出す


できるだけ舌を前に突き出し、そのまま20〜90秒ほど、自分のペースに合わせてキープします。このとき、なるべく舌がまっすぐ伸びるようにしましょう。

STEP2:舌を上に突き出す


鼻の頭に付くようなイメージで、舌を上に伸ばしきります。そのまま20〜90秒ほどキープしましょう。

STEP3:舌を右に伸ばす


できるだけ右に伸ばし、伸ばしきったところで20〜90秒ほどキープします。

STEP4:舌を下に伸ばす


「あかんべー」をするように舌を思い切り下に伸ばし、そのまま20〜90秒ほどキープします。

STEP5:舌を左に伸ばす


最後はできるだけ左に伸ばし、伸ばしきったところで20〜90秒ほどキープします。

初めは20秒ほどからスタートし、慣れてきたら90秒キープを目指して頑張りましょう。普段顔の筋肉を使っていない人ほど難しいと感じると思いますが、続けることによって、だんだんと長い時間キープできるようになっていきます。“前・上・右・下・左”の順番で行うのも肝です!

効果抜群!小顔マッサージ・2「エラ撲滅体操」



顔のエラが骨だと思っている方はいませんか?実は、エラは“咬筋”という筋肉が分厚くなったものです。歳とともにエラが張ってくるのも、歯の食いしばりや噛み癖によって、この筋肉が異様に厚くなってしまうからなのです。

エラが筋肉だということは、骨と違って改善が期待できます!張ってしまったエラをマッサージでほぐすことで、丸くスッキリした顔に生まれ変わることだって可能です。

効果が期待できるパーツ…エラ


・ 咬筋がほぐれることで顔のエラが取れ、すっきりとした丸い顔になる。

手順


STEP1:咬筋部分に指を添える


上の歯と下の歯を噛み合わせ、その際に膨らむ頬のあたりにあるのが咬筋です。その位置に両手の人差し指・中指・薬指の3本を添えます。

STEP2:耳から鼻に向けて、少しずつずらして3カ所押す


自分が気持ちいいと感じるくらいの強さで、咬筋に圧力をかけて押していきます。それから耳の前、鼻に向かって少しずつずらすように、3カ所ほど押します。耳の前を起点に、そこから約2cmずつ前にずらした3点をプッシュしてください。

STEP3:5回ずつ前後に動かす


STEP2の動作を行ったり来たり、前後に5回ほど動かしてください。

効果抜群!小顔マッサージ・3「小鼻でほうれい線撃退運動」



歳を重ねるごとに気になるほうれい線。憎きほうれい線を消すために、頬のマッサージばかりしていませんか?ほうれい線の大きな原因は、歳とともに小鼻が横に広がることです。小鼻が広く大きくなることでほうれい線を深く長く顔に刻み、それに伴って唇もどんより下がってしまうのです。

そのため、ほうれい線撃退に効果的なのは、頬よりも鼻周りのマッサージです。鼻をマッサージして中央に寄せることで、ほうれい線は薄くなりますよ!

効果が期待できるパーツ…鼻・ほうれい線


・鼻の下が短くなり、ほうれい線が薄くなる。
・横に広がった小鼻が中央に集まることで、すっきりとした高い鼻のラインができる。

手順


STEP1:鼻の上部を中央に寄せるように押す


両手の人差し指を使い、鼻の真ん中あたりを挟み、鼻を中央に寄せるようなイメージで20回ほど押します。その際、左右の力が均等になるように注意しましょう。

STEP2:小鼻を中央に寄せるように押す


左右両方の小鼻にそれぞれ人差し指を当て、中央に寄せるように少し強めに20回ほどマッサージします。

STEP3:目頭の部分を中央に寄せるように押す


両方の人差し指を目頭から眉頭にかけて添え、目頭を中央に寄せるように20回ほど押します。

効果抜群!小顔マッサージ・4「パッチリアイ運動」



最後に、目の周りの筋肉を刺激しましょう。目の周りにある筋肉は“眼輪筋(がんりんきん)”と呼ばれ、この筋肉が衰えるとまぶたが垂れ下がり、目がくぼんだり、小さく見えてしまいます。

目の周りの筋肉を刺激し、すっきりとした小顔を目指しましょう。

効果が期待できるパーツ…目


・眼輪筋がほぐれて血流がよくなり、目がパッチリ大きくなる。
・まぶたの腫れやむくみが改善される。

手順


STEP1:目を閉じて、目尻と目頭を持ち上げる


目を閉じたら、人差し指を目尻に中指と薬指を目頭に当て、目尻と目頭を同時に持ち上げるイメージで上げて、30秒ほどキープします。

STEP2:目頭を中央につまむ


目は閉じたまま、親指と人差し指で目頭をつまんで中央に寄せ、30秒ほどキープします。

STEP3:目尻を寄せ、まばたきをする


人差し指・中指・薬指の3本を目尻に当て、中央に寄せたまま、まばたきします。 10回ほど閉じたり開いたりを繰り返しましょう。

まとめ


行うことで、必ず効果が出るのが小顔マッサージや運動です。マッサージする場所が少しずれていたとしても、必ずといっていいほど効果はあります。

初めは少し痛いかもしれませんが、それは筋肉が凝り固まっている証拠です。「気持ちいい」「もっとマッサージしたい」と思えるようになるよう、自分に合ったマッサージ方法で小顔を目指しましょう!

文:中野友香