肝斑の治療は保険適用されるの?【皮膚科医監修】
Beauty 2017.06.08 UPDATE

肝斑の治療は保険適用されるの?【皮膚科医監修】

肝斑は、シミに似ているものの、シミとは異なるものです。頬骨の高いところに左右対照にシミが広範囲に出ていて、気になっている人はいませんか。皮膚科などで治療を受けたいけれど、保険が適用されるのか気になるという方は、ぜひ今回の記事をチェックしてみてください。

肝斑とは



まずは肝斑について知っておきましょう。肝斑とは、両方の頬や、額、鼻の下などにできる濃いシミのことをいいます。30~40代にかけてできることが多く、皮膚科などでさまざまな治療を受ける女性が多くいます。

妊娠時や更年期などの女性ホルモンのバランスに変化があるとできやすいことから、肝斑は女性ホルモンのバランスの乱れが原因と考えられています。また、普通のシミと同じように紫外線に浴びたり、こすりすぎたりすることのほか、ピルの服用なども原因といわれています。

肝斑の治療ってどんなもの?


では、この肝斑を皮膚科で治療する場合、どのような方法があるのでしょうか。一般的な治療法としては、主に次のようなものがあります。

・トラネキサム酸の内服や注射
・ハイドロキノンやトレチノインなどの塗り薬を塗る
・ビタミンCを塗る
・光治療
・弱いレーザー治療

この中でも、特にトラネキサム酸の内服は有効だといわれています。また、かつてはレーザー治療は肝斑には適していないといわれていましたが、最近では弱いレーザー光を利用した治療も行われています。

▼ 肝斑は保険適用?次のページで説明します!