肝斑の治し方にはどんな方法があるの?【皮膚科医監修】
Beauty 2017.06.08 UPDATE

肝斑の治し方にはどんな方法があるの?【皮膚科医監修】

30~40代になると、とたんに気になる肝斑。自分ではなかなかシミと肝斑の区別はつかないものですが、肝斑だった場合、シミとは治し方が異なります。
そこで、肝斑とシミの違いから、肝斑の治し方まで、肝斑についての概要をご紹介します。

肝斑ってどんなもの?


肝斑とは、顔に左右対称にできるシミです。およそ30~40代の女性に多く発生します。
主に、頬の上、額、鼻の下にできるのが特徴です。色は染みよりやや濃く、褐色をしています。ただ、シミやそばかすと見分けがつきにくいことがあります。また、目の周りだけ避けるように発生するのが特徴です。

シミとの違いとは


肝斑を、シミと区別するのはなかなかむずかしいものです。肝斑とシミが同時にできることがあるからです。

シミやそばかすは、点々とでき、丸い形をしていることが多いです。一方、肝斑は目の周りを避けるように、左右対称にできるのが特徴です。

また、シミは紫外線によってメラニンが黒いメラニン色素を発生させた後、その黒い色素が残るのが原因といわれています。一方、肝斑は、紫外線によって濃くなることはあるものの、主な原因は女性ホルモンの影響といわれています。この点も、シミとの大きな違いといえるでしょう。

肝斑の治し方


肝斑になった場合、どのようにすれば治すことができるのでしょうか。
一般的に、皮膚科では肝斑の治療を行っています。また、皮膚科で処方された化粧水やクリームなどを塗ってセルフケアする方法もあります。

皮膚科での治療



皮膚科では、内服薬や外用薬、弱いレーザー治療などで治療が行われます。内服薬としては、「トラネキサム酸」というものが有名です。場合によっては 注射が用いられることもあります。

また、ハイドロキノンやトレチノインなどの美白効果のある塗り薬を塗る方法や、ビタミンCを塗る方法もあります。

レーザー治療法は、肝斑には不向きといわれてきましたが、最近では、弱いレーザーで肝斑を治療する方法を用いるところもあります。

セルフケア



肝斑にいいといわれるトラネキサム酸、ビタミンCなどが入った、化粧水・クリーム・美容液などを、自分で塗ってケアする方法もあります。また、肝斑は日焼けによって濃くなることもあるため、UVケアは特に重要です。

まとめ


このように、肝斑の治し方にはさまざまな方法があります。一般的なシミとはケア方法が異なるため、もし肝斑と疑われる場合には、安易にセルフケアは行わず、一度皮膚科などで診断してもらうといいでしょう。

(監修)蘇原 しのぶ(そはら しのぶ)先生
皮膚科医。東海大学医学部卒業後、北里大学皮膚科、獨協大学皮膚科を経て、白斑専門の新宿皮フ科副院長。2016年にしのぶ皮膚科開業。皮膚科・皮膚外科歴13年。ヒアルロン酸、ボトックスマスター認定医、日本アンチエイジング外科・美容再生研究会認定医。オールアバウト美と健康のガイドでもあり、「スッキリ!!」・「この差って何ですか?」等のメディア活動も精力的にこなしている。