自律神経失調症に利くサプリメントって?3つの栄養素に注目
Health 2017.04.27 UPDATE

自律神経失調症に利くサプリメントって?3つの栄養素に注目

※ この記事は、2017年4月27日に追記しました!
 
 
現代女性に多いとされる自律神経失調症。その原因は食生活の乱れ、長時間労働、よくない人間関係などから来るストレスともいわれています。でも、一口にストレスとはいえ、原因が幾重にも重なってなかなか解決の糸口が見つからないこともあるでしょう。

ストレス解消のために何をしたらいいか分からないと、不安はさらに増して自律神経を乱してしまいます。そんな時はまず、手軽に飲めるサプリメントで、自律神経に効くとされる栄養素を補ってみてはいかがでしょうか?

自律神経失調症とは


100903754

自律神経失調症とは、主に精神的なストレスが原因で起こる身体の不調です。めまい、頭痛、動悸、下痢、血圧の上昇・低下、イライラ、不安感、肩こり、吐き気、食欲不振、不眠などのつらい症状を慢性的に抱えている人は、もしかしたらそれは自律神経失調症のサインかもしれません。

ストレスは人によって異なりますが、職場環境や家庭不和だったり、もしくはがんばりすぎることが原因だったり…、環境を変えることで改善する場合もありますが、それができないという人も多いと思います。

そこでサプリメントを取り入れてみましょう!では、自律神経を整えるために、どんな栄養素を意識して摂取すればよいでしょうか?

イライラを解消するために重要な栄養素・ビタミンB群


ビタミンの中で意識して摂りたい栄養素は、ビタミンB群です。これが不足すると、眠れない、疲れやすい、集中力が続かない、イライラするといった症状を引き起こしてしまいます。

特に、イライラはストレスの元凶です。ビタミンB群を摂取してイライラを鎮めれば、自律神経失調症を未然に防いだり、症状を緩和できるかもしれません。

ストレスが溜まると、ついつい甘いものに手が伸びる人もいますが、糖質は身体の中でビタミンB群によって分解されるため、摂りすぎるとビタミンB群の不足を招いてしまいます。

甘いものは一時的なストレス解消にはなっても、食べすぎるとむしろ悪循環になります。代わりにビタミンB群を摂取してイライラの元を絶ちましょう!

亜鉛で、穏やかな気持ちをつくろう!



次に摂取したいのが亜鉛です。亜鉛が不足すると女性ホルモンの分泌が低下し、ホルモンバランスが乱れ、生理不順やイライラなどの精神的不安定を引き起こしてしまいます。

しかも、亜鉛不足は男性にも影響するとされ、自律神経が乱れていると感じる時や、気持ちがふさぎ込んでいる場合にぜひとも摂取したい栄養素です。食事では摂取が難しい場合は、サプリメントで効果的に補うといいでしょう。

女性の身体に不可欠な鉄分


鉄分は、身体への吸収率がとても悪い栄養素です。そのうえ、女性は月経で大量の血液を排出するため、どうしても鉄分不足に陥りやすくなります。鉄分が不足すると、血液中の酸素を身体のすみずみに運ぶ役割のヘモグロビンが生成されず、貧血になることはよく知られています。

それだけではありません。鉄分は「ドーパミン」「ノルアドレナリン」「セロトニン」という神経伝達物質の合成にも必要な成分です。ドーパミンは楽しい気持ちを、ノルアドレナリンはやる気を引き起こし、セロトニンは精神を安定させてくれます。

これらの三大神経伝達物質が減少してバランスを崩すと、精神的に不安定になったり、感情のコントロールができなくなると考えられています。自律神経失調症だけではなく、パニック障害や睡眠障害などにもこの神経伝達物質が大きく関係しており、これらの病気を治療するには精神を安定させるセロトニンを増加させる必要があるともいわれています。 

つまり鉄分を補給することは、神経伝達物質を維持し、精神の安定を保つための鍵ともいえますので、ぜひ摂取したい栄養素なのです。

三大神経伝達物質が減少する理由は?



ちなみに、三大神経伝達物質が減少する理由は、慢性的なストレス、太陽の光を浴びない、運動不足、食生活の乱れ、不規則な生活習慣、加齢などが挙げられます。

自律神経失調症の大きな原因はストレスと考えられていますが、ストレスや生活の乱れなどが神経伝達物質を減少させ、病気を引き起こしているともいえます。 

サプリや高額な薬に頼る前に、一度は自身の生活習慣を見直してみると、改善できることがあるかもしれません。 特に太陽の光を最近浴びていないなぁ、という方は仕事の合間、お昼休みにでも率先して外に出てみる習慣をつけてみるとよいかもしれませんね。精神を安定させてくれるセロトニンはたいの光を浴びることで活性化されるともいわれています。これなら今すぐにできそうですね。

トレプトファンとGABAなどのアミノ酸にも注目

間を挟んでしまいましたが、意識的に摂取したいのはビタミン、亜鉛、鉄分だけではありません。トレプトファンとGABAなどのアミノ酸にも精神を安定させる効果があると言われています。

トリプトファンって?



トリプトファンってなかなか聞きなれない単語ですが、トレプトファンはアミノ酸の一種で、穀物類、ナッツ類、乳製品、大豆類に多く含まれています。 
このトレプトファンがなぜ重要かというと、前述した「セロトニン」と関係があるのです。先ほどもセロトニンは精神の安定を保つ上で欠かせないとしましたが、セロトニンはトリプトファンを原料として生成されます。

いくらセロトニンを増やしたい! と思っても、トリプトファンが無ければ生成されないのです。

GABAって?


また、GABAもアミノ酸の一種で、正式にはγ-アミノ酪酸(ガンマ-アミノらくさん)または4-アミノ酪酸(IUPAC名 4-aminobutanoic acid)といいます。
過剰なストレスを感じている時、人間は怒りによる興奮を引き起こします。この時ノルアドレナリンとアドレナリンが分泌され、それが興奮状態を作り出します。
このGABAはノルアドレナリンとアドレナリンの分泌を抑制する効果があり、イライラを抑えてくれる効果があります。
ストレスはイライラだけではありませんが、このイライラが緩和されるだけでも心はだいぶ軽くなりますよね。

いかがでしたか?
食事に関しても、サプリメントでなく食事から栄養を摂りたい!と思う人もいるでしょう。できればその方がいいのですが、無理をして逆にストレスを溜めてしまっては本末転倒!大事なのは、まずストレスから解放されることです。ストレスの海から自分を救い出すためにも、がんばりすぎず、楽になることを考えてくださいね。

また、サプリを飲むと必ずしも症状が緩和されるわけではありません。症状が改善されない場合は、病院で診ていただくことをおすすめします。

文:尾形絵美