残業続きの悩めるワーママへ!家事の時短テクニック8選
Life Style 2017.06.19 UPDATE

残業続きの悩めるワーママへ!家事の時短テクニック8選


ワーママの時短テクニック「洗濯編」


★汚れが少なければおいそぎコース


3 (5)
洗濯機についている標準コースとおいそぎコースでは、かかる時間がかなり変わります。

衣服の汚れがひどくなければ、おいそぎコースで洗濯するのがおすすめ。ただ、我が家の場合は汚れがひどい場合でも、簡単にぬるま湯で手洗いしてからおいそぎコースで洗っています。

無印良品のスプレーボトルに洗濯洗剤を溶かした洗濯水を入れておき、汚れを簡単に落としてからシュッとひと吹き。
3 (6)

少し手間がかかるようにも思えますが、標準コースとおいそぎコースでは30分くらいかかる時間が違うので、結果的にこの方法が一番の時短になっています。忙しいワーママも一度試してみてはいかがでしょうか。

★洗濯物を干すときの工夫


洗濯で時間も手間もかかるのは、洗っているときよりも干しているときですよね。この手間をひとつずつ解消していきましょう。

まず、洗濯物が絡まるのを防ぐために衣類は洗濯ネットに入れて洗います。

洗濯が終わったら型くずれする衣類はハンガーにかけて、そのほかの衣類はたくさんのピンチがついている物干しハンガーにつるしましょう。

室内干しが気にならない家庭なら、干す場所を1カ所に決めて扇風機や除湿機を使うと早く乾きます。夜間でも洗濯物を干すことができますよ。


ワーママの時短テクニック「買い物編」

★宅配サービスで時短と節約


3 (7)
「コープデリの宅配サービス」を使うようになってから、買い物がとてもラクになりました。

それまでは、1週間に1回は主人と車でスーパーへ行っていました。買い物にかかる時間は1時間30分から2時間くらい。

一応何を買うかはメモしていますが、スーパーに行くとあれもこれもと買ってしまい、いつも予算オーバーになってしまいます。

コープデリを利用するようになってからは、スキマ時間にネット上で注文をするだけなのでかなりの時短に。

スーパーの特売品より多少値段が高いときはありますが、目についた商品を買うクセがなくなったので結果的に節約につながっています。

★足りないものは近所のドラッグストアやコンビニで


うっかり買い忘れがあったときは、近所のドラッグストアやコンビニエンスストアで買い足します。

平日夕方のスーパーは仕事帰りのワーママでごった返していることが多いですよね。レジも長蛇の列になっています。

ドラッグストアならそこまで混雑していないことが多く、片栗粉や小麦粉などの粉もの、塩や砂糖などの簡単な調味料は安い値段で購入します。

コンビニエンスストアは割高に思うかもしれませんが、ベジタブルミックスなどの冷凍食品は以外と安く買えますよ。味の良いレトルト食品も売っているので、疲れて料理したくない…というときにも便利です。
3 (8)


ワーママの時短テクニック「掃除編」


★汚れを溜めない!「使ったらすぐ洗う」を心がけて


3 (9)
掃除の時短はまず汚れを溜めないことです。汚れやホコリを放置しておくと、こびりついてなかなか取れなくなります。

カーペットのホコリはダニの原因に、水回りの汚れは臭いや雑菌、カビなどを発生させるため衛生的にもよくありません。

忙しいワーママにとって気合を入れた本格的な掃除は疲れるだけ。かえってやる気を削がれてしまいます。

食器を洗うときにシンクも一緒に洗う、お風呂からあがる前にサーッと掃除をするなど、「使ったらついでに洗う」を習慣にしてみましょう。

★便利な家電製品に頼ってみて


3 (10)
初期費用はかかりますが、思い切って便利な家電製品を購入するのも時短には効果的です。

食後の皿洗いも食洗機に入れるだけなら簡単です。カーペットの掃除をロボット掃除機に任せてみるのもいいでしょう。

使用している友人の話によれば、ホコリを吸い込む力が強く、段差があっても問題なく使えているようです。

残念ながら我が家はタイミング的な問題で購入には至っていないのですが、そのかわりダイソンの掃除機を使っています。

威力抜群、愛犬の細い毛もガーガー吸い取ってくれるので、使っていてとても気持ち良いです。ちょっとしたストレス解消になっています。


ワーママにおすすめの家事時短テクニックまとめ


ワーママにおすすめ時短テクニックのおさらいです。

1.料理時短は「休日の下拵え」「キッチングッズと家電を上手に使う」
2.洗濯時短は「スピードコースで時短」「干す手間を省く工夫を」
3.買い物時短は「宅配サービスの利用」「買い忘れはドラッグストアやコンビニで」
4.掃除時短は「使ったらすぐ洗う」「便利家電を大活用」

自分の時間がなかなか持てず、ひたすら家族のために働くワーママ。無理のしすぎはいずれ心身に響き、支障をきたしてしまいます。

今回紹介したのはすぐに実践できるテクニックもあれば、お金がかかるため夫婦で要相談のテクニックもあります。しかし、すべては自分と家族のため。ぜひ効果的な家事の時短を実現させてくださいね。

【関連記事】
節約術に関する記事一覧