ツヤ肌を実現!目の下とCゾーンのハイライトコスメ
Beauty 2017.05.16 UPDATE

ツヤ肌を実現!目の下とCゾーンのハイライトコスメ

※ この記事は、2017年5月16日に追記しました!
 
 
肌をきれいに見せたいがために、ファンデーションの厚塗りをしていませんか?肌のアラを隠そうとファンデを重ねれば重ねるほど、肌はくすんで見え、メイク崩れが目立ってしまうもの。

そこで試してほしいのが、目のまわりのハイライトコスメです。ちょっとコツをつかめば簡単に取り入れられますので、ぜひトライしてみてくださいね。

メイクの完成度を高めるのは、ベースメイク


メイクの仕上がりを左右するのは、下地とファンデーションによるベース作り。

ファンデーションはなるべく薄く塗りたいので、気になる部分はコンシーラーなどで丁寧にカバーします。ちなみに目のまわりに使うコンシーラーは、筆ペンタイプがおすすめ。他のパーツにも使えるので、1本持っておくと便利なアイテムですよ。

Woman applying concealer

ポイントは選ぶ色


目のまわりは、肌よりワントーン明るい色を選びますが、明るすぎたり真っ白な色は、かえって浮いてしまうことも。自分の肌に馴染みそうな色を選んでください。

使い方


パウダー派の人はファンデ前、リキッド派の人はファンデ後にコンシーラーを使います。ファンデーションは、肌をフラットに整えてくれるリキッドタイプのほうがベース作りにはベター。

コンシーラーは目頭から放射状に3~4本くらい線を入れたら、薬指でトントンと優しく叩き込みます。その後、必ず角形スポンジなどで丁寧に馴染ませましょう。目の下はヨレやすいので、このひと手間が大切です!

ハイライトパウダーで光を与える


目尻や頬骨の上はパール感があると、ツヤが出てハリのある元気な顔に見えますが、目の下や頬骨の内側部分はギラギラさせず、マット系で肌に馴染む色のパウダーを選ぶと毛穴が目立ちません。

ハイライトのためだけに何種類もコスメを使い分けるのは大変なので、質感や色味の異なるパウダーがセットインされたコンパクトを選ぶとよいでしょう。顔のパーツによって使い分けることができますよ。

ベースメイクをしっかり行っていれば、ルースパウダーをのせるだけでも透明感のある明るい肌に仕上がります。目のまわりに輝きを集めることで、より華やかな理想のツヤ肌を手に入れてくださいね。

文:喜田宏美

【関連記事】
コスメに関する記事一覧


喜田宏美
Writer

喜田宏美

ライター/ライフコーディネーター