匂い隠しでは香らない⁉︎ 香水をふんわり香らせる正しい付け方
Beauty 2017.05.24 UPDATE

匂い隠しでは香らない⁉︎ 香水をふんわり香らせる正しい付け方

※ この記事は、2017年5月24日に追記しました!

通りすがりにフワッといい匂いがする女性は、同性でもキュンとしちゃうもの。みなさんは、どのように香水を楽しんでいますか?

どのパーツへ、どんな風につけると上品にふんわり香るのか…。素敵な香水のつけ方をマスターしましょう!

こんな香水はイヤ!



脇や足元の匂いを隠すために香水をつける女性もいるようですが、体臭を隠そうとつけすぎるケースも多く、香りがキツイとまわりにいる人にも不快感を与えてしまいます。

また、お葬式や病院で、華やかな香りの香水や強い香りはふさわしくありません。つける場合には白檀のようなシックで控えめに香るものを選びますが、何もつけないほうが無難。TPOをわきまえない香水は印象が悪いのでタブーです。

知っておきたい体温と香水の関係


香水は体温によって、時間の経過とともに香り方に変化が生まれます。たとえば、香水をつけてすぐ漂う香りを「トップノート」、数時間ほど経って香る「ミドルノート」、3時間~半日ほど経過して香る「ラストノート」に分けられます。香水によっても香りが変化する時間の感覚はさまざまですが、つけた人の体温によっても香り方は違い、また香りが変化する速さも違ってきます。

さらに体温が高い部分に香水をつけると、成分に含まれているアルコールが揮発しやすくなり香り立ちがよくなるといわれています。手首やうなじ、耳の後ろなどは比較的体温が高い部分にあたります。そのせいか、香水といえば手首に吹きかけ、耳の後ろやうなじにつけるイメージが定着していますよね!

しかし顔に近い部分なので、鼻が香りに慣れやすく、つけ過ぎてしまう傾向があることや、直射日光が当たりやすくシミになる恐れがあることから、これらの部分に香水をつけることはあまりおすすめできません。

▼ 次のページで、控えめに長時間香水を香らせるテクニックを説明します! 

喜田宏美
Writer

喜田宏美

ライター/ライフコーディネーター