30代のスキンケアはピーリング!肌に透明感を出す生活習慣とは
Beauty 2017.04.27 UPDATE

30代のスキンケアはピーリング!肌に透明感を出す生活習慣とは

※ この記事は、2017年4月21日に追記しました!
 
 
肌の悩みとして多いのが、乾燥や毛穴の黒ずみなどです。理想は「透明感のある肌」という人も多いのではないでしょうか?ここでは、歳を重ねるごとに「透明感」が贅沢で手の届かないものになりつつある人に知ってほしい、簡単にできるスキンケアをご紹介していきます。

透明感を出すには、くすみの撃退から

30代・40代の肌は「くすみ」の解消から始めていきましょう。加齢によって新陳代謝が落ち込むため、古い角質を意識的に取り除いていくことが明るい肌への第一歩なのです。

●週に1回のピーリング習慣

くすみ対策をするなら、週に1回のピーリングがおすすめ。拭き取り化粧品やゴマージュなど、古い角質を取り除くコスメを使ってみましょう。

「週1回なのにわざわざコスメを買うのは…」という方は、料理などにも使うリンゴ酢を使ったピーリングを試してみましょう。

Apple cider vinegar over rustic wooden background

1. リンゴ酢と水を1:5の割合で混ぜたものを桶などに用意します。
2. 洗顔した後、1の桶に顔をつけましょう。

肌がヒリヒリするなどの痛みがなければ、2~3分ほど置いてから水で顔を洗います。その後は、しっかり保湿をすることも忘れずに。

ビタミンの摂取

透明感のある肌を手に入れるなら、身体の内側からもアプローチしましょう。肌にはやはりビタミンが重要ですので、毎日の食事で意識的に摂取するようにしてください。

●ビタミンA


ビタミンAはターンオーバーの促進に効果を発揮します。肌や粘膜などを健康に保つ効果もあり、肌を若々しく保ってくれます。野菜なら、にんじんやほうれん草、魚介類であればホタルイカやイクラなどがおすすめ。鶏レバーもビタミンAの含有量が豊富です。

ThinkstockPhotos-614856478

●ビタミンC


美白化粧水にも使用されるビタミンC。肌の透明感は、くすみの除去と美白ケアの両輪で成り立つと言っても過言ではありません。野菜ならパプリカやブロッコリー、また、日本人に馴染みのある緑茶なども豊富なビタミンCが摂取できるのでおすすめです。

●ビタミンE


アンチエイジングにいいとされるビタミンEも、透明感のある肌をつくるのに必要な栄養素です。ビタミンEは、ごま、アーモンドなどのナッツ類、オリーブオイルやココナッツオイルなどに含まれる脂溶性のビタミンです。カロリーに気をつけながら摂取しましょう。

若々しい透明感のある肌を手に入れたいなら、肌のピーリングと身体の内側からのケアを忘れないようにしましょう。「今まで保湿ケアしかしてこなかった…」という人は、今日から始めてみてくださいね。

文:杉浦優子

杉浦優子
Writer

杉浦優子

フリーランスライター/写真家