デリケートゾーンを石鹸で洗うとしみるのはなぜ?【医師監修】
Beauty 2017.05.25 UPDATE

デリケートゾーンを石鹸で洗うとしみるのはなぜ?【医師監修】

※ この記事は、2017年5月25日に追記しました!

女性にとって大切なのが、デリケートゾーンのお手入れ。もちろん毎日お風呂できれいに洗っているのに、石鹸をつけると、なぜかしみてしまうことがあります。

その原因は、もともと肌質が弱い、石鹸が肌に合わない、洗い方が間違っている、肌荒れや病気などの要因、あるいはそれらが複合的にからみ合っていることが考えられます。

ここではデリケートゾーンに石鹸がしみる理由を、原因別に説明して、症状を治す方法を考えていきましょう。

(監修・取材協力)
辻奈央先生

辻 奈央先生
東京皮膚科・形成外科、イーストワン皮膚科・形成外科 2009年北里大学医学部卒業、日本大学板橋病院初期研修。2011年日本大学板橋病院 初期研修終了、日本医科大学麻酔科勤務。2013年大手美容外科院長を経てイーストワン皮膚科クリニック開業。日本形成外科学会 会員、日本美容外科学会 会員、日本麻酔科学会 会員、日本アンチエイジング外科学会 会員、日本医学脱毛学会 会員。株式会社N&Yホールディングス http://nyholdings.net

1.デリケートゾーンに使ってはいけない石鹸


まず、デリケートゾーンの皮膚は、他の部分より薄く、刺激を受けやすいようになっています。

そのため洗浄力が強すぎる石鹸で洗うと、肌を守る皮脂や、皮膚の最表層の角質によるバリア機能まで落としてしまい、肌が荒れる原因になってしまうのです。ましてやデリケートゾーンでは粘膜にダメージを与えるリスクもあります。

身体全体を洗うボディーソープ、特に合成界面活性剤が配合されたものは、決してデリケートゾーンに使ってはいけません。また香料が含まれたものも刺激を与え、肌に悪影響をおよぼす恐れがあります。

まず石鹸選びとして、普通の身体用ボディーソープ、特に合成界面活性剤が入ったものは使ってはいけません。これらは油を落とす力が強すぎ、肌に必要な皮脂まで落としてしまうため、デリケートゾーンには刺激が強すぎます。

デリケートゾーン専用の低刺激石鹸を使いましょう。専用の石鹸は膣内やその周辺と同じ弱酸性なので刺激が低く、ジャムウやセージ、アロエ、カミツレエキス、甘草エキスなど、殺菌効果や肌にうるおいを与えてかゆみや臭いを防止する、メラニン色素の生成を抑えて黒ずみを改善するなど、デリケートゾーンの気になるお悩みに数々の効果があります。

 

▼ 間違った洗い方していない!?次のページで説明します!