デリケートゾーンのかゆみ対策!かくことで出血することの危険性
Beauty 2017.05.25 UPDATE

デリケートゾーンのかゆみ対策!かくことで出血することの危険性

※ この記事は、2017年5月25日に追記しました!

女性にとってつらいのが、デリケートゾーンのかゆみです。ひどいかゆみに悩まされて、つい耐え切れずにかいてしまうこと、就寝中つい無意識にかいてしまうこともあるでしょう。

そして強くかいてしまった結果、血が出てしまって後悔することもあるのではないでしょうか。

そこで、デリケートゾーンに血がにじむほどかいてしまうとどんなリスクがあるのか、またかゆみの原因に応じた対処法や、かかずにかゆみを鎮めるにはどうすればいいのかを説明していきます。

(監修・取材協力)
辻奈央先生

辻 奈央先生
東京皮膚科・形成外科、イーストワン皮膚科・形成外科 2009年北里大学医学部卒業、日本大学板橋病院初期研修。2011年日本大学板橋病院 初期研修終了、日本医科大学麻酔科勤務。2013年大手美容外科院長を経てイーストワン皮膚科クリニック開業。日本形成外科学会 会員、日本美容外科学会 会員、日本麻酔科学会 会員、日本アンチエイジング外科学会 会員、日本医学脱毛学会 会員。株式会社N&Yホールディングス http://nyholdings.net

1.デリケートゾーンの肌について


もともとデリケートゾーンの肌は、他の部分よりも薄いため、わずかな刺激で影響を受けやすなっています。かゆみを感じやすいのもそのためです。

ましてや、かきむしるなどという強い刺激を与えると、さまざまな悪影響を引き起こしてしまいます。
以下に、その例を挙げます。

・肌が黒ずみやすくなる


人間の皮膚が紫外線などの刺激を受けると、皮膚の奥にあるメラノサイトという細胞が反応し、メラニン色素を作り出して皮膚を保護するため、肌が黒くなります。これが日焼けの原理ですね。

そして乳首やわきの下、そしてデリケートゾーンなどは肌がとても敏感なため、服がこすれるなどのわずかな刺激で、メラニン色素が生成されてしまうのです。

女性を悩ませるデリケートゾーンの黒ずみは、下着やナプキンなどが、肌を刺激し続けることで起こります。ましてやかきむしるなどしては、あっという間に肌が真っ黒になってしまうのです。

・悪臭の原因になる


人間の肌は、最表面の角質によるバリア機能で、細菌など外部の刺激から守られています。そこを爪でかいてしまうと、そのバリア機能を削り落とすことになってしまいます。

バリア機能を失った肌では雑菌が繁殖しやすくなります。この雑菌から排出される老廃物が、デリケートゾーンからにおう悪臭の原因物質になるのです。

・肌が荒れてかゆみが悪化する


血がにじむほど強くかいて肌を傷つけると、炎症を起こしたり、かさぶたができたりして、新たなかゆさを引き起こします。さらに傷口に細菌が入りこむと、化膿の原因にもなります。

・さまざまな病気の原因になる


そもそもデリケートゾーンをかきむしるのは、わざわざ爪に雑菌をつけて肌を傷つけるようなものです。

膣内やデリケートゾーンは善玉菌を含む常在菌のバランスによって健康な状態を保っていますが、爪で雑菌をかきまわして肌を傷つけることは、常在菌のバランスを乱してしまい、細菌の感染や増殖によるさまざまな病気の原因にもなるのです。

結論として、かゆいからといってデリケートゾーンをかいてしまうのは、根本的な解決にならないどころか、多くの問題を引き起こしてしまう、百害あって一理なしの行為です。

 

▼ 下着やナプキンが原因なの?次のページで詳しく掘り下げて説明します!