デリケートゾーンのかゆみの原因、「乾燥」から来る症状と対処法
Beauty 2017.05.25 UPDATE

デリケートゾーンのかゆみの原因、「乾燥」から来る症状と対処法

※ この記事は、2017年5月25日に追記しました!

デリケートゾーンの肌が乾いてしまうことに悩む女性は。意外と多いものです。敏感な部分の肌が乾燥すると、表面が粉を吹いたようになってしまい、かゆみやヒリヒリした痛みを感じてしまう、かぶれやすくやすくなるなど、いいことがありません。

ここでは、なぜデリケートゾーンが乾燥してしまうのか、乾燥を防ぐにはどうすればいいか、その原因と対策を説明していきましょう。

(監修・取材協力)
辻奈央先生

辻 奈央先生
東京皮膚科・形成外科、イーストワン皮膚科・形成外科 2009年北里大学医学部卒業、日本大学板橋病院初期研修。2011年日本大学板橋病院 初期研修終了、日本医科大学麻酔科勤務。2013年大手美容外科院長を経てイーストワン皮膚科クリニック開業。日本形成外科学会 会員、日本美容外科学会 会員、日本麻酔科学会 会員、日本アンチエイジング外科学会 会員、日本医学脱毛学会 会員。株式会社N&Yホールディングス http://nyholdings.net

1.デリケートゾーンが乾燥する原因


ここでは、デリケートゾーンが乾燥する原因を、要因別に解説していきます。

・デリケートゾーンの肌は敏感


人間の肌は、最表面の角質層がバリア機能を果たしています。約0.02ミリ、食品用の透明ラップとほぼ同じ薄さの角質が、細菌などの異物から肌を守ると同時に、肌から水分が蒸発するのを防いでいます。ですが、デリケートゾーンの肌は全体的に薄いため、他の部分より敏感で保湿力が低くなるのです。

・体質としての乾燥肌


もともと肌全体が乾燥しやすい体質の人もいます。これには生まれつきの要因もありますが、食生活のバランスが悪く、健康な肌を保持、再生する栄養素やビタミンが足りていないことが多いです。

・下着やナプキンによる摩擦

デリケートゾーンは、ほぼ一日中、下着で包まれ、さらにナプキンが肌に密着しています。つまり四六時中、蒸れやすい状態の中で肌が摩擦されていることになります。

このような環境では、肌が刺激を受け続け、角質が磨耗してしまい乾燥しやすくなってしまいます。

・間違った洗い方


清潔さを意識するあまり、お風呂で洗浄力の高い石鹸を使って、ナイロンタオルなどで強くデリケートゾーンを洗う人もいますが、これはまったくの逆効果です。すでに書いた通り、デリケートゾーンの皮膚はただでさえ薄いため、強く洗うと、肌のバリア機能を果たす角質層や皮脂をそぎ落とすことになります。結果、保湿力を奪うだけでなく、雑菌を繁殖させることにもなってしまいます。

・冬の寒さ

冬場は特にデリケートゾーンが乾燥しやすいという声もあります。冬は空気が乾燥することもありますが、寒さによる免疫力の低下や、血行が悪くなることで、肌も乾燥しやすくなります。

特に40代を過ぎると、膣内の善玉菌が減少し、膣の自浄作用が弱まることで、冬場は乾燥しやすくなります。

・女性ホルモンの乱れと萎縮性膣炎


女性ホルモンは、エストロゲン(卵胞ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)の二種類が、一定の周期でバランスを変えて分泌されることにより、女性の身体をコントロールしています。

エストロゲンには、肌をみずみずしく保ち、女性らしい身体を作る働きがありますが、女性が年老いて閉経すると、エストロゲンが減少することで膣が乾燥してしまい、炎症や細菌感染が起こりやすくなるなど、さまざまなトラブルが起こります。これを萎縮性膣炎(老人性膣炎)といいます。

またホルモンバランスは繊細なため、睡眠不足やストレス、偏った食事、喫煙、薬の副作用などでも乱れてしまいます。そうなると、まだ若い女性でも萎縮性膣炎になってしまうのです。

2・デリケートゾーンの乾燥が起こす症状


デリケートゾーンが乾燥すると、さまざまな悪影響が起こります。ここでは注意すべき症状について説明します。

・かゆみ


デリケートゾーンの肌は、肌に住み着いている常在菌のバランスで健全に保たれていますが。この常在菌のバランスは、皮脂が過剰に分泌しても、逆に乾燥しすぎても乱れてしまいます。結果、雑菌が増殖して肌を荒れさせることで、かゆくなってしまいます。

また乾燥すると肌は刺激に弱くなり、下着やナプキン、アンダーヘアが肌に触れることでもかゆくなります。

・痛み

肌は乾燥すると傷つきやすくなり、少しの摩擦でも細かい傷ができてしまいます。ただでさえデリケートゾーンには下着やナプキンが密着しているため、乾燥によって細かい傷が無数につき、ピリピリ、チクチクした痛みを招きます。またかゆくなると、眠っているときなどについ無意識にかいてしまい、肌が炎症を起こして痛みを起こします。

・黒ずみ


人間の皮膚は、刺激を受けると肌の奥にあるメラノサイトという細胞が働き、メラニン色素を出すことで肌を守ろうとします。これが日焼けの原理です。そしてデリケートゾーンや乳首、わきの下などの肌は敏感なため、メラノサイトが活発に働いて、わずかな刺激でも黒ずみやすくなっています。

ただでさえ普段から下着やナプキンと摩擦しているデリケートゾーンの肌に、乾燥が加わることで、さらに刺激に弱くなってしまい、黒ずみがより促進されてしまうのです。

・臭い


乾燥で肌のバリア機能が弱まると、雑菌が繁殖しやすくなることはすでに書きましたが、この雑菌が出す老廃物が、デリケートゾーンから発する悪臭の大きな原因にもなります。

・病気

乾燥によって常在菌のバランスが乱れ、雑菌が繁殖すると、さまざまな病気の原因にもなります。

起こりうる病気としては、膣内を酸性に保ち、雑菌から守る善玉菌のデーデルライン桿菌が減少して、膣内に雑菌が侵入することで起こる細菌性膣炎や、誰しも身体に持っている真菌(カビの一種)が異常増殖して起こるカンジダ膣炎などがあります。

 

▼ デリケートゾーンでも保湿ってできるの?次のページで詳しく説明します!