デリケートゾーンのかゆみの原因、「おりもの」のトラブルと対策
Beauty 2017.05.25 UPDATE

デリケートゾーンのかゆみの原因、「おりもの」のトラブルと対策

※ この記事は、2017年5月25日に追記しました!

デリケートゾーンのかゆみは、女性なら誰でも感じたことのある悩みです。ただ、もしかゆみと同時に、おりものに異変が出た場合は、さまざまな病気の可能性があります。

以下、かゆみとおりものの異常を起こす病気について記します。もし心当たりがあるようでしたら、必ず婦人科を受診して、確認してください。

(監修・取材協力)
辻奈央先生

辻 奈央先生
東京皮膚科・形成外科、イーストワン皮膚科・形成外科 2009年北里大学医学部卒業、日本大学板橋病院初期研修。2011年日本大学板橋病院 初期研修終了、日本医科大学麻酔科勤務。2013年大手美容外科院長を経てイーストワン皮膚科クリニック開業。日本形成外科学会 会員、日本美容外科学会 会員、日本麻酔科学会 会員、日本アンチエイジング外科学会 会員、日本医学脱毛学会 会員。株式会社N&Yホールディングス http://nyholdings.net

1.正常なおりものについて

・おりものとは


子宮頸管から出る粘液や膣の分泌物がまじり合った酸性の分泌液です。膣のうるおいを保ち、粘膜を守って細菌などが子宮に入りこむのを防いで女性の身体を守っています。これを膣の自浄作用といいます。おりものの量や状態は女性ホルモンと深い関係があり、生理周期によって変化します。

・おりものと生理周期

生理直後のおりものは、残った血液と混ざって茶色から褐色がかり、そこから徐々に量が減ってさらりとしたものになっていきます。

やがてまた多くなっていき、もっとも量が増えるのは排卵期で、透明なゼリー状でよく伸びるおりものが2、3日続きます。ときに血液が混じることもありますが、臭いは強くありません。卵子が出た後は次第に少なくなり、白濁したのりのような粘り気があるものになります。

生理前にはまた量が増えはじめます。白濁していて、下着につくと黄ばむこともあり、臭いも強くなります。生理の数日前から、少し血液が混じることもあります。

・正常なおりものの状態と量


全体として正常なおりものは、時期によって無色透明から乳白色で、クリーム色がかることもあります。これは粘膜の細胞などが混ざるためで異常ではありません。下着について乾くと黄色くなります。臭いは生臭く、やや酸っぱい臭いがします。この臭いは、膣内で善玉菌が乳酸を出して、雑菌から守っているためです。

量や臭いには個人差が大きく、流れるように出て下着が濡れるくらい多くても、女性ホルモンが働いている証拠なので異常ではありません。また少ない人は、女性ホルモンのエストロゲンが少ないとも考えられますが、生理が順調なら特に心配はないでしょう。

おりものがこのような状態であれば、健康な証です。おりものがこれに当てはまらない状態になり、異様な臭いがするようなら、病気の恐れがありあます。

2.おりものの異常を招く病気


ここからは、発症するとおりものに異常な変化が表れる病気について説明します。

・カンジダ膣炎(膣カンジダ炎)


症状

外陰部から膣にかけて炎症が起こり、激しいかゆみと熱さを覚えます。おりものは白くてボロボロした酒かすやおから、カッテージチーズ状のものになり、生臭い臭いを発します。

原因

真菌(カビの一種)のカンジダ菌は、多くの人が身体にもつ常在菌で、普段は身体の免疫力や膣の自浄作用に抑えられて害になることはありません。しかし病気や疲労、抗生物質の服用、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどにより免疫力や自浄作用が低下すると、カンジダ菌の異常増殖が起こって発症します。

そのため女性の約20パーセントに罹患の経験があり、性交経験のない女性でも発症する、ごくありふれた病気です。

治療

まず予防策として、普段から免疫力を下げる生活習慣を避け、デリケートゾーンを清潔に保ち、通気性のいい下着や衣服で蒸れを防ぎましょう。ただ、過度に洗うことも肌の免疫力を落としてしまい、かえって病気の原因になるので注意してください。

発症した場合、市販のかゆみ止めでは効果が期待できません。婦人科で膣を洗浄したのち、専用の抗真菌薬による治療が必要です。

原因となる細菌が特定されているため、比較的、治療しやすい病気ですが、体調の乱れにより非常に再発しやすい病気でもあります。症状が治まったからといって、決して自分の判断で治療や投薬をやめないでください。

・細菌性膣炎


症状

おりものが灰色か黄色で水っぽくなり、魚のような生臭さ(アミン臭)を発します。ほかの自覚症状は少ないのですが、おりものにかぶれると外陰部のかゆみや熱を感じることがあります。

原因

膣内にはデーデルライン桿菌(乳酸桿菌、グラム陽性桿菌、ラクトバチルス)という善玉菌がいて、グリコーゲンを分解して乳酸を生成することで膣内をph4.5以下の酸性に保ち、雑菌の侵入や繁殖を防いでいます。これを膣の自浄作用といいます。

この膣内の常在菌のバランス(膣内フローラ)が乱れて、ブドウ球菌、連鎖球菌、大腸菌などの雑菌が繁殖することで起こる症状の総称です。

原因は、睡眠不足や疲労、ストレス、栄養バランスの悪化、肥満や糖尿病、妊娠や出産、抗生物質の服用などによる膣内フローラの乱れ。また過度に膣内を洗うことで、善玉菌まで洗い落としてしまうなどがあります。

たとえ症状がなくとも、この病気を放置すると、他のSTD(性感染症)やHIVに感染するリスクが高まります。またPID(骨盤内炎症性疾患)の感染リスクも高まり、不妊や子宮外妊娠の原因となります。膣炎、子宮頚管炎、絨毛膜羊膜炎などに至れば早産、流産の原因にもなるので注意が必要です。

治療

まず生活習慣を正して、睡眠不足や偏った食事など、避けられる原因は避けることです。またヨーグルトなど乳酸菌を含む食品を毎日摂ると、デーデルライン桿菌の安定や回復に効果的です。

デリケートゾーンを清潔に保ち、通気性のいい下着や衣服で雑菌の繁殖を抑えることも大切です。雑菌が膣に触れないよう、お手洗いでは必ず前から後ろに拭くようにしてください。

ただし過剰なビデの使用や、お風呂で膣内まで洗うなどは、デーデルライン桿菌を減らし、かえって発症や悪化の原因になるので禁物です。

婦人科での治療は、まず膣洗浄や抗生剤で膣内の細菌をすべて除去します。ただ、このときデーデルライン桿菌まで取り去るため、再発のリスクが高まります。処方された薬は症状が治まってからも続けてください。治療を途中でやめると、原因の雑菌に薬物耐性がついてしまうことがあり、再発時に治療が難しくなります。

▼ 次のページでは、「トリコモナス膣炎」「淋病」「クラミジア」について説明します!