正しく行う!デリケートゾーンの黒ずみケア【医師監修】
Beauty 2017.05.25 UPDATE

正しく行う!デリケートゾーンの黒ずみケア【医師監修】

※ この記事は、2017年5月25日に追記しました!

歳をとるにつれて、デリケートゾーンがだんだん黒ずんでいくことに悩んでいる女性は多いでしょう。

年齢だからとあきらめる前に、普段の生活や、お手入れを見直してみましょう。黒ずみの原因になっている、意外な落とし穴があるかもしれません。

ここでは、黒ずみの原因となる生活習慣や間違ったケアについて解説し、黒ずみを改善する方法を紹介していきます。

(監修・取材協力)
辻奈央先生

辻 奈央先生
東京皮膚科・形成外科、イーストワン皮膚科・形成外科 2009年北里大学医学部卒業、日本大学板橋病院初期研修。2011年日本大学板橋病院 初期研修終了、日本医科大学麻酔科勤務。2013年大手美容外科院長を経てイーストワン皮膚科クリニック開業。日本形成外科学会 会員、日本美容外科学会 会員、日本麻酔科学会 会員、日本アンチエイジング外科学会 会員、日本医学脱毛学会 会員。株式会社N&Yホールディングス http://nyholdings.net

1.まずは生活習慣の改善から


黒ずみ解消のためには、まず生活習慣からあらためることです。

個人差はありますが、20代の女性なら、およそ28日前後の周期で、肌のターンオーバー(新陳代謝)が行われます。

肌の奥で生まれた新しい皮膚は、徐々に表皮へと上がっていき、最後は垢となって身体から落ちる。健康な人間の皮膚は、およそ28日のサイクルでこれを繰り返しています。

このとき老化した皮膚と一緒に、肌の奥で発生した黒ずみの元、メラニン色素も排出されるはずなのですが、このターンオーバーは、些細なことで乱れてしまいます。またこの周期は、年齢を重ねるごとに長くなっていくため、黒ずみが蓄積されやすくなります。

ターンオーバーを乱すのは、主な原因には、以下のものがあります。

・ホルモンバランスの乱れ


女性の身体では、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が作用しています。この二種類のホルモンが一定の周期でバランスを保ちつつ分泌されることで生理周期などを作り出し、身体の働きをコントロールしているのです。

エストロゲンにはターンオーバーを促進し、美しい肌を保つ効果があり、プロゲステロンは皮脂やメラノサイトの分泌を活発にする効果があります。

このホルモンバランスが乱れることにより、肌のターンオーバーやメラニン色素の排出が正しく行われなくなるほか、女性特有のさまざまな不調を引き起こしてしまいます。

・睡眠不足

現代人はインターネットなどでつい夜更かししてしまいがちですが、睡眠時間が不規則だと熟睡できなくなり、ホルモンバランスの乱れが起こります。

・運動不足


毎日、適度な運動をしていると新陳代謝が活発になり、黒ずみの原因であるメラニン色素ほか、身体の老廃物がどんどん排出されていきます。逆に運動不足の毎日を送っていると血流が停滞し、新陳代謝のための栄養が全身に行きわたらず、身体に老廃物がたまっていくことになります。

・ストレス

ストレスがたまると脳は混乱して、女性ホルモンを分泌する指令を正しく出せなくなり。ホルモンバランスが乱れてしまいます。

・無理なダイエットや不規則な食事などによる栄養の偏り


人の身体を作り上げている栄養分が不足すると、当然、ターンオーバーも満足に行われなくなります。またインスタント食品やコンビニ弁当、スナック菓子などには添加物が多く、体内で参加を促進して肌に悪影響を与えます。脂分の多い食事もホルモンバランスを乱す元になります。

・タバコや適量を越えたお酒


タバコが健康に有害なことはいうまでもありませんが、体内のビタミンCを消費して血行を阻害する、女性ホルモンを減少させるなど、肌への悪影響も多々あります。まだ度を越した飲酒も、ビタミンと水分を消費するほか、内臓にも悪影響を与え、さまざまな不調を引き起こします。

2・黒ずみを改善する生活習慣


まずは食生活の見直しです。添加物が多いコンビニ弁当やインスタント食品などは避け、良質なタンパク質を摂りましょう。

身長や体重、年齢などにもよりますが、成人女性なら一日に40グラムから50グラムのタンパク質が必要です。

ただ肉や卵など動物性タンパク質の過剰な摂取は肥満の元にもなりますし、皮脂を増加させるなどの弊害もあります。大豆食品やソイプロテインなどの植物性タンパク質で不足分を補充し、一日に必要なタンパク質の摂取量を満たしましょう。

またビタミン類も大切です。
ニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜やレバー、赤身の牛肉、卵などに含まれるビタミンAは、皮膚を修復し、ターンオーバーを促進してくれます。一日の必要摂取量は、女性なら650~700ugRE(レチノール)で、これはニンジンだと100グラム程度、レバーならわずか10グラムほどで十分摂取できます。

ビタミンB群には、肌荒れを阻止するB1、肌の代謝を促進するB2、皮脂の分泌地を押さえるB6などがあり、皮膚や粘膜の発育を促進してくれます。大豆、マグロ、豚肉、卵、乳製品などに多く含まれるので、比較的摂取しやすいビタミンです。

そして重要なのがビタミンCです。抗酸化作用とコラーゲン生成を助けるほか、黒ずみの原因であるメラニン色素の生成を抑えて排出を促進する、美白効果の高いビタミンです。

イチゴやミカン、アセロラ、キウイフルートなどの果物や パセリ、ブロッコリー、カリフラワー、サツマイモ、レンコン、ほうれん草、白菜、ピーマンなどの野菜に多く含まれ、成人の推奨摂取量は、一日100mgです。

ビタミンEには抗酸化作用と血行促進効果があります。ホルモンの生成にも関わり、不妊や更年期障害、アンチエイジング効果など、女性の悩み全般に有効です。一日の推奨摂取量は女性なら6.5mgで、ゴマ油やアボガド、ナッツ、魚介類、緑黄色野菜などに多く含まれます。

ただ、食べ物だけですべてのビタミンを摂るのは難しいので、サプリメントを利用するのもいいでしょう。

ミネラルの摂取も重要です、特に牛肉や牡蠣、海草、レバー、チーズなどに含まれる亜鉛は新陳代謝を活発にし、乾燥肌にも効果があります、

またセラミドは、肌の角質層にあって外部の刺激から肌を守る物質で、摂取すれば保湿や美白に効果的です。お米、こんにゃく、大豆、ブロッコリー、乳製品などに含まれ、成人の推奨摂取量は一日600~1200ugです。

日々の睡眠も、ホルモンバランスを正常に保つ大切な要素です。特に午後10時から午前2時は、一日でもっとも成長ホルモンの分泌が活発な時間帯で、この時間に眠ることは、肌はもちろん、身体に非常にいい影響があります。

午後10時に眠るのが難しければ、就寝から3時間の睡眠の質を高めることも効果があります。具体的には、食事は就寝の3時間前、入浴はあまり熱くせず1時間前にすませ、リラックスした気分で眠りにつくことです。

あとは日常生活で意識して歩く、ちょっとした開き時間にストレッチするなど適度な運動。ストレスを溜めない生活。タバコは吸わず、お酒は好きでも適量を守るなどの日々の積み重ねが、徐々に黒ずみを解消していくことになります。

 

▼ チェックしてみましょう。正しいデリケートゾーンケアの方法は次のページにて。