デリケートゾーンの黒ずみを美白する方法【医師監修】
Beauty 2017.06.08 UPDATE

デリケートゾーンの黒ずみを美白する方法【医師監修】

※ この記事は、2017年5月25日に追記しました!

デリケートゾーンの黒ずみは、女性にとってひそかな悩みです。

クリームなどの美白製品や、美容クリニックの治療などを試してみたいと思いつつも、本当に効果があるのか、副作用はないかなどが心配で、迷っている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因から説明して、効果的な美白方法を探していきたいと思います。

(監修・取材協力)
辻奈央先生

辻 奈央先生
東京皮膚科・形成外科、イーストワン皮膚科・形成外科 2009年北里大学医学部卒業、日本大学板橋病院初期研修。2011年日本大学板橋病院 初期研修終了、日本医科大学麻酔科勤務。2013年大手美容外科院長を経てイーストワン皮膚科クリニック開業。日本形成外科学会 会員、日本美容外科学会 会員、日本麻酔科学会 会員、日本アンチエイジング外科学会 会員、日本医学脱毛学会 会員。株式会社N&Yホールディングス http://nyholdings.net

1.デリケートゾーンの黒ずみは刺激が原因

デリケートゾーンが黒ずむ原因は、ずばり、皮膚への刺激です。

人間の肌は、紫外線を浴びると日焼けします。これは肌の奥にあるメラノサイトという細胞の働きで、紫外線を浴びるとメラニン色素を出し、肌を守る仕組みなのです。

そしてデリケートゾーンや乳首、わきの下などの肌は敏感なため、刺激を受けるとメラノサイトが活発に働き、黒ずみやすくなっているのです。

特にデリケートゾーンが黒ずみがちな原因は、まず下着に包まれていて、ほぼ一日中、摩擦による刺激を受けること。さらに清潔さを意識しての洗いすぎや、ムダ毛処理なども黒ずみを促進する刺激になってしまいます。刺激を避けるよう、柔らかな素材のゆったりした下着を選ぶことや、適切な洗い方、ムダ毛処理を行うのも大切です。

通常、皮膚はおよそ28日の周期でターンオーバー(新陳代謝)するので、肌のメラニン色素も徐々に排出されて、やがて黒ずみも消えることになります。

しかしこのターンオーバーは、加齢につれて周期が長くなります。そのため、肌の中にメラニン色素が蓄積されてしまう慢性的な色素沈着が起こると、簡単に解消することは難しくなります。

また女性特有のホルモンバランスの乱れも、ターンオーバーを阻害する要因になります。女性のホルモンバランスを乱すのは、睡眠不足や運動不足、栄養の偏り、ストレスなどの悪い生活習慣です。

十分な睡眠と栄養バランスの取れた食事、適度な運動でストレスのない健康的な生活を送ることは、肌のターンオーバーも活発にして、黒ずみをなくすことにも効果的なのです。

▼ トランサミンは有効!?おすすめの美白成分は次のページにて