デリケートゾーンのヘアケア!自分で脱毛処理する方法・手順
Beauty 2017.05.25 UPDATE

デリケートゾーンのヘアケア!自分で脱毛処理する方法・手順

※ この記事は、2017年5月25日に追記しました!

女性にとって密かな苦労になるのが、アンダーヘアのお手入れです。

水着や下着からのはみ出しを防ぐほか、最近ではおしゃれをかねて好みの形に整えることもあります。

ただ、アンダーヘアを自分で処理する場合、処理に使う道具や方法を間違えると、余計な肌トラブルを招く結果にもなります。

ここでは、デリケートゾーンのアンダーヘアを、自分で適切に脱毛処理するためのやり方・手順について説明します。

(監修・取材協力)
辻奈央先生

辻 奈央先生
東京皮膚科・形成外科、イーストワン皮膚科・形成外科 2009年北里大学医学部卒業、日本大学板橋病院初期研修。2011年日本大学板橋病院 初期研修終了、日本医科大学麻酔科勤務。2013年大手美容外科院長を経てイーストワン皮膚科クリニック開業。日本形成外科学会 会員、日本美容外科学会 会員、日本麻酔科学会 会員、日本アンチエイジング外科学会 会員、日本医学脱毛学会 会員。株式会社N&Yホールディングス http://nyholdings.net

1.アンダーヘア処理のための基礎知識


ここでは、アンダーヘアを自分で処理するた前に、いくつか注意すべき点を説明します。

アンダーヘアの処理に関して、よくVIOラインという言葉が出てきますが、これは毛が生えている部分の形から来た呼び方です。

Vラインとは見ての通り、股間のアンダーヘアの部分を指します。

Iラインとは、女性器のまわりの、Oラインとは肛門まわりの毛のことをいいます。

そしてデリケートゾーンの肌は、他の部分の皮膚より薄くて敏感なため、油を落とす力が強い普通の石鹸で洗う、カミソリでアンダーヘアを剃るなどすると、肌を守る皮脂や、皮膚の表層まで削り落としてしまい、乾燥肌など肌トラブルの原因になります。

またハサミやカミソリなどでムダ毛処理をすると、毛先が斜めに切られて針のように尖り、その先端が肌を刺激するほか、下着などを貫いて突き出しやすくなります。そしてアンダーヘアを処理したあとの地肌は、下着などに直接触れて摩擦されることになります。

これらの肌への刺激は、かゆみやかぶれ、黒ずみなどの原因になってしまいます。

ムダ毛処理の前には、これらの問題への対策を考えておくことも必要です。

2.アンダーヘアの処理に用意するもの


ここでは、できるだけ肌に刺激を与えず、アンダーヘアを適切に処理するため用意すべきものを説明します。

保湿剤または蒸しタオル


ムダ毛処理の前には、まず肌に水分を持たせておく必要があります。肌に弾力性を与えることで、カミソリ負けなどの肌への刺激をかなり抑えられます。

肌を柔らかくする方法は二種類あります。ひとつは蒸しタオルを使ってデリケートゾーンを湿らせることです。蒸しタオルは、濡れタオルを絞り、電子レンジで30~40秒温めれば作ることができます。

もうひとつはデリケートゾーン用の保湿剤で保湿することです。蒸しタオルを使う場合も、ムダ毛の処理後に保湿が必要ですので、保湿剤は必ず用意してください。

毛を処理するシェーバー類


アンダーヘアの処理には、普通のT字カミソリを使う人も多いでしょう。しかし安い使い捨てカミソリや、他の部分のムダ毛処理に使っているカミソリを使うことはおすすめできません。

普通のカミソリを使うと、カミソリ負けで、肌の表層にある角質まで削ってしまいます。角質は外部の刺激から肌を守るバリアーでもあるので、それを削ってしまうと、数々の肌トラブルや、細菌に感染するリスクも出てしまいます。

カミソリや手動のシェーバーは、デリケートゾーン専用のものを使いましょう。専用のものなら、毛をカットする長さを段階的に調節できたり、肌をガードする仕組みや、刃からジェルが出る、毛を水平に剃って先端を尖らせないなど、肌を守る数々の機能があります。

ペンタイプのデリケートゾーン用電気シェーバーなら、使いやすくて肌にも刺激を与えにくいのでおすすめできます。

同じくデリケートゾーン用のヒートカッターは、カミソリやシェーバーよりやや時間はかかりますが、熱で毛を焼き切ることで毛の先端が丸くなるため、毛先が肌を刺す刺激がなくなります。

ハサミ、すきバサミ


アンダーヘアの量が多い、また剛毛の場合は、あらかじめハサミやすきバサミで下処理をしておくと、シェーバーなどを使う手間が少なくなり、肌へのダメージを軽減できます。

特にすきバサミ、理容師が使う、刃の一方がクシ状になったハサミを使ってアンダーヘアを切りそろえておけば、自然な形を保ったまま毛を薄くできます。ムダ毛処理用には、クシ状になった歯の間に刃が入っているすきカミソリもあります。

普段アンダーヘアを軽くお手入れするぐらいならすきバサミだけでも十分ですので、一本持っておくといいでしょう。

最近は百円ショップなどにもすきバサミがありますが、安いものはうまく切れなかったり、すぐ刃がダメになったりすることもあります。プロ仕様の高価な品でなくとも、ある程度はいい品を選んだほうがいいでしょう。

シェービングジェル、クリーム


シェービングジェルなども、女性用のデリケートゾーン向けのものを使ってください。専用の品には保湿成分など、デリケートゾーンへの有効成分が含まれたものが多くあります。

またジェルやクリームは、専用のものでもどうしても皮脂を落としてしまうので、ワセリンで代用する方法もあります。

ワセリンは皮膚に油幕を張り、肌を守ってくれると同時に水分の蒸発も防ぐので、専用ジェルより効果的という意見もあります。

アンダーヘア用型紙、水性蛍光ペン


アンダーヘアを好きな形に整えたいときは、処理の前に水性の蛍光ペンでアンダーヘアに理想の形を書いておき、それに合わせて剃ると手際よく処理でき、肌への無駄な負担をかけずにすみます。

また、最近はアンダーヘア処理用の型紙シールがありますので、好きな形と大きさを選んで、処理の前に貼っておく方法もあります。粘着力は低いのではがすときも安心です。

ヘアローション


処理後のケアに使うヘアローションには、パイナップルやパパイアに含まれるシステインプロテアーゼという酵素を利用したものがあります。パイナップルなどは料理の肉を柔らかくしますが、これはこの酵素にたんぱく質を分解する効果があるからです。

この酵素は、体毛のタンパク質に多く含まれるアミノ酸に働きかけるため、肌には刺激を与えず、アンダーヘアだけを柔らかくしてくれます。

▼ 具体的なアンダーヘア処理の手順は次のページにて!