デリケートゾーンの脱毛は恥ずかしい?サロンでの施術の流れ
Beauty 2017.05.25 UPDATE

デリケートゾーンの脱毛は恥ずかしい?サロンでの施術の流れ

※ この記事は、2017年5月25日に追記しました!

女性なら誰でも密かに、アンダーヘアの処理に悩んでいるのではないかと思います。VIOラインのムダ毛を自分で処理するのは面倒ですし、やり方が悪いと肌荒れの原因にもなってしまいます。

余裕があればエステサロンやクリニックに行って、プロの手で光脱毛やレーザー脱毛を受けたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

ただ、サロンでの脱毛を経験したことのない人には、いろいろ不安もあると思います。費用の問題、痛くないか、そして特に不安なのが「恥ずかしさ」でしょう。

サロンで脱毛を受ける余裕があっても、知らない人にVIOラインを見られる恥ずかしさから、デリケートゾーンの脱毛になかなか踏み出せない人もいるのではないでしょうか。

ここでは、サロンやクリニックで、実際にどんな方法でVIOラインを脱毛するのか、果たして受けるとき恥ずかしくはないのかについてご説明しましょう。

(監修・取材協力)
辻奈央先生

辻 奈央先生
東京皮膚科・形成外科、イーストワン皮膚科・形成外科 2009年北里大学医学部卒業、日本大学板橋病院初期研修。2011年日本大学板橋病院 初期研修終了、日本医科大学麻酔科勤務。2013年大手美容外科院長を経てイーストワン皮膚科クリニック開業。日本形成外科学会 会員、日本美容外科学会 会員、日本麻酔科学会 会員、日本アンチエイジング外科学会 会員、日本医学脱毛学会 会員。株式会社N&Yホールディングス http://nyholdings.net

1.脱毛の原理とは?


サロンやクリニックで行われる脱毛は、フラッシュ脱毛、光脱毛、レーザー脱毛など、さまざまな呼び方がありますが、実際には光脱毛とレーザー脱毛の二種類になります。

この二種類の脱毛方法には、次のような違いがあります。

光脱毛


インテンスパルスライトなどの器械から光を照射して、毛根のメラニンを刺激し脱毛を促すものです。サロンによっては光脱毛のほか、IPL脱毛、フラッシュライト脱毛などと呼ばれます。

後述するレーザー脱毛は医療行為とされていて、医師のいるクリニックでしか行えませんが、光脱毛は医師でないスタッフでも行うことができます。

また、法律上「永久脱毛」と謳うことができるのはレーザー脱毛だけで、光脱毛は「不再生脱毛」としか謳えません。

500~1200nmの広域波長の光を、毛の生えた肌に当てると、黒い毛は他の部分より光を吸収します。虫眼鏡で集めた光で黒い紙がこげやすいのと同じ理屈ですね。

この光が毛根に刺激を与え、光脱毛を受けた毛は数日後に抜け落ちるという仕組みです。

光脱毛はレーザー脱毛より出力が弱いので、ほとんど痛みがないか、あってもごく軽いものだといわれます。

また費用もレーザー脱毛より安く、6回コースで4万円から6万円ぐらいですが、それだけに最初は効果がわかりにくく、効果が目に見えるのは何度か施術を受けてからで、すべて終わるまでには2、3ヶ月に1回のペースで、1、2年ほどかかります。

また毛の量や太さによっては、それだけ施術の回数が多くなってしまい、トータルではレーザー脱毛より高額になることもあります。

また、施術が終わってから一年ほどすると、最初より薄くはなりますが、また毛が生えてくるという声もあります。

レーザー脱毛


ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーなどの単一の波長による医療用レーザーを使った脱毛です。脱毛に使われるレーザーは医師でないと扱えないため、クリニックでしか施術できません。

原理は光脱毛と同じく、レーザーを毛根部に吸収させ、毛根を熱で破壊することによって脱毛します。施術はやはり2、3ヶ月に一度のペースになりますが、光脱毛より出力が高いため、1回目から効果が目に見えるといいます。

また、医師が施術するため安心できる、アフターケアの相談もできるというメリットもあります。

半面、施術時に痛みを感じることがあり、輪ゴムで弾かれたような痛み、揚げ物の油が飛んだような痛みといわれます。

クリニックによっては施術する部分に麻酔クリームを塗ることで痛みを軽減させています。またどうしても耐えられないときは、レーザーの出力を下げてもらえます。

費用は6回コースで7万円から10万円とやや高価になりますが、その分、5、6回ぐらいの施術で終了することが多いようです。

ただし光脱毛、レーザー脱毛とも、生えている途中の、成長期の毛にしか効果がありません。毛根から毛が生えるペースは二ヶ月に一度なので、施術もそれに合わせることになります。

脱毛した部分にまた新しく毛が生えてくることもありますが、これは休眠していた毛根が活動しはじめたためで、施術の効果がなかったわけではありません。

また、光、レーザーとも、毛根のメラニン色素に働きかけるため、日焼けしていたり、疲労などで敏感になった肌に行うとトラブルが起こったりすることもあるので、施術を断られる場合もあります。

施術を受けるときは、肌のコンディションをきちんと整えておきましょう。

▼ 次のページにて、実際の背術の様子を説明します!