自分で行うデリケートゾーンのセルフ脱毛方法まとめ【医師監修】
Beauty 2017.05.25 UPDATE

自分で行うデリケートゾーンのセルフ脱毛方法まとめ【医師監修】

※ この記事は、2017年5月25日に追記しました!

アンダーヘアのお手入れは、女性にとっては大変な手間です。

ですが、剛毛や量が多いと蒸れる原因になるほか、下着や水着からのはみ出しも気になるので放っておくこともできません。それにおしゃれで好きな形に整えることもあります。

そのため最近では、アンダーヘアのお手入れ用品としてデリケートゾーン専用のシェーバーや脱毛クリーム、ブラジリアンワックスなども市販されていて、自分でも手軽にセルフ脱毛できるようになっています。

ただ、アンダーヘアをセルフ処理する場合、方法によって、痛くないのか、肌荒れの元にならないかなど、いろいろな心配がありますよね。

ここでは、自分でできるアンダーヘアの処理について、方法ごとにそのメリット、デメリットや、実際に処理を行うときのコツなどについて説明していきます。

(監修・取材協力)
辻奈央先生

辻 奈央先生
東京皮膚科・形成外科、イーストワン皮膚科・形成外科 2009年北里大学医学部卒業、日本大学板橋病院初期研修。2011年日本大学板橋病院 初期研修終了、日本医科大学麻酔科勤務。2013年大手美容外科院長を経てイーストワン皮膚科クリニック開業。日本形成外科学会 会員、日本美容外科学会 会員、日本麻酔科学会 会員、日本アンチエイジング外科学会 会員、日本医学脱毛学会 会員。株式会社N&Yホールディングス http://nyholdings.net

1.主なセルフ脱毛の方法


ブラジリアンワックス脱毛


もともと女性がTバッグをはくため、デリケートゾーンを脱毛するのに使われた方法で、Tバッグの発祥地であるブラジルから名づけられたという説があります。

具体的な方法は、まず脱毛したい部分を消毒したのち、専用ワックスを毛の流れと逆方向に薄く塗っていきます。するとワックスは毛を巻き込んで固まりますので、それをやはり毛の流れとは反対方向から一気にはがします。

ちょっと乱暴な方法に思えますが、脱毛効果は抜群です。

ワックスの種類には、もともと粘液状で、肌に塗ると固まるソフトワックスと、最初は固形状で、電子レンジなどで溶かして使うハードワックスがあります。

ソフトワックスを使う場合は、ワックスを塗った上に不織布を貼りつけ、固まったらはがします。

ソフトワックスのメリットは、うまくいかなくても水で洗い流せるため扱いやすいことと、ワックスそのものが低刺激なことです。

デメリットはやや脱毛力が弱いため、女性のVIOライン脱毛には向いていません。また脱毛するには、少なくとも5ミリ以上の毛の長さが必要です。

ハードワックスは、電子レンジなどで暖めたワックスを塗ってから、固まったものをそのままはがします。布などは必要ありません。

メリットは、なにより脱毛力が強力なことで、VIOラインのムダ毛にも効果的です。5ミリ以下の毛でも脱毛できます。逆に長い毛には向きません。また、脱毛時に肌へ与えるダメージはソフトワックスより低いといわれます。

デメリットは、まず使うときに暖めすぎると火傷してしまうごとです。少し熱めのお風呂ぐらいが適温なのですが、塗るときに冷めるので、やや高めの45度ぐらいが適当でしょう。

ブラジリアンワックスを使う全体的なメリットとしては、なにより手軽にできて、すぐ脱毛できる点です。

デメリットとしては、やはり痛いこと、肌荒れや、肌の表層がはがれて赤くなったり、毛穴が赤いポツポツになる、熱を持ったりすることがあります。また体毛が皮膚内に埋もれたまま伸びてしまう埋没毛の原因にもなります。

すべてのムダ毛処理にいえることですが、同じブラジリアンワックスでも、施術者の技術が高く、品質の高いワックス、専用の設備が揃ったサロンで行うのに比べると、セルフ処理は肌トラブルが起こりやすくなります。

脱毛した後は、保湿や炎症を抑える成分を含んだローションなどを使って、肌のケアを忘れないでください。脱毛から一週間ぐらいあとは、次の毛が育ってくる時期なので、脱毛した部分をスクラブなどでマッサージして洗うのも、埋没毛などの対策に有効です。

家庭用脱毛器


サロンやクリニックで行う光脱毛やレーザー脱毛は、黒色が熱エネルギーを吸収しやすい性質を利用して、肌に広域波長の光やレーザーを照射し、毛根のメラニン色素に熱の刺激を与えることで脱毛させ、新しい毛が生えにくくする仕組みです。

同じく光やレーザーの出力を下げて小型化し、自宅でできるようにしたものが、家庭用の脱毛器です。

メリットは、なによりサロンなどで施術を受けるより費用が安く、いつでも自分で手軽にできることです。

デメリットは、やはりサロンなどで使う専用の機器に比べれば、光やレーザーの出力が低いため、効果が出るのに時間がかかることです。また、照射される光やレーザーは熱いため、自身で脱毛部分をときどき冷やしながら行うことが必要です。(サロンなどの機器には冷却装置がついているため、むしろ施術のときはひんやりします)

何よりプロのスタッフや医師が脱毛を行うサロン、クリニックと違って、自分で行うので、自分の肌に合った使い方の見極めが難しく、使い方を誤ると火傷や肌トラブルの原因にもなります。

除毛剤クリーム


除毛クリームやムースにもアンダーヘア専用のものがありますが、基本的にこれらの除毛剤は、タンパク質を溶かす成分により毛を溶かして除毛するため、肌への刺激も強くなっています。

メリットは手早く簡単に除毛できて、他の方法より失敗が少ない点になります。

デメリットは、肌への刺激が強く、かぶれやアレルギーの元になることもあること。そもそもアンダーヘアのような太い毛には利きにくいこと。また刺激に弱いデリケートゾーンの粘膜には決して触れてはいけないことです。

使う場合は、もともと肌が強い人が、いろいろ試してみて、自分の肌質に合った製品を探して使うべきでしょう。

ヒートカッター


アンダーヘア用の電気シェーバーの一種ですが、刃で切るのではなく、熱で毛を焼ききる仕組みになっています。

刃でムダ毛を処理すると、毛の先端が斜めに削がれて尖ってしまい、下着や水着を貫通して毛が飛び出してしまうことと、肌をつついてかゆみや肌荒れの原因にもなってしまいます。ヒートカッターを使うと毛の先端が丸くなるため、その心配はありません。

デメリットは、熱で焼き切るため他の方法に比べて時間がかかるのと、そもそもムダ毛を刈り揃えるだけで、きれいに除去することはできません。他の方法で処理するときの補助に使うといいでしょう。

シェーバーなどによる処理


単純にカミソリなどでアンダーヘアを剃ってしまう方法です。メリットは何より手軽にできることです。

デメリットは、失敗すると肌を傷つけてしまうこと、うまくいっても肌の表面を削り落とすため、カミソリ負けで肌荒れなどの原因になること。また上記の通り刃物で切ると毛先が尖ってしまうので、下着を貫通することや、肌への刺激になってしまうことです。

対策としては、まず肌を守るいろいろな工夫がなされた、デリケートゾーン専用のシェーバーや、ペンタイプの電気シェーバーを使うことです。シェービングジェルも普通の石鹸などで代用せず、刺激の低いデリケートゾーン用のジェルやムースを使ってください。

処理の前には保湿剤などで肌に弾力性を与え、皮膚が傷つきにくい状態にすることです。処理後もローションなどで肌ケアすることが大切です。

 

▼ 次のページでは、具体的なセルフ処理の手順を説明します!