デリケートゾーンのかゆみは治るの? 治らないの?【医師監修】
Beauty 2017.05.25 UPDATE

デリケートゾーンのかゆみは治るの? 治らないの?【医師監修】

※ この記事は、2017年5月25日に追記しました!

女性をイライラさせるのが、デリケートゾーンのかゆみです。人前ではかけない、かいたら肌荒れなどでより悪化しそうと、かゆいのを我慢している女性も多いでしょう。

デリケートゾーンのかゆみは果たして治るのでしょうか? 治らないのでしょうか?

ここでは、デリケートゾーンのかゆみを止める市販薬の軟膏などに効き目はあるのか、かゆみは本当に治るものなのか、などの疑問にお答えして、原因に応じた対策を説明します。

(監修・取材協力)
辻奈央先生

辻 奈央先生
東京皮膚科・形成外科、イーストワン皮膚科・形成外科 2009年北里大学医学部卒業、日本大学板橋病院初期研修。2011年日本大学板橋病院 初期研修終了、日本医科大学麻酔科勤務。2013年大手美容外科院長を経てイーストワン皮膚科クリニック開業。日本形成外科学会 会員、日本美容外科学会 会員、日本麻酔科学会 会員、日本アンチエイジング外科学会 会員、日本医学脱毛学会 会員。株式会社N&Yホールディングス http://nyholdings.net

1.市販薬の成分について


そもそもかゆみは痛みと密接な関係があり、これまでは皮膚の微細な刺激に対して痛覚神経が反応する、いわば痛みのごく軽いものだと考えられていました。ただ最近の研究では、痛みとは別の神経回路が作用するという説も出ています。

そして、デリケートゾーン用のかゆみ止めとして市販されている軟膏などには、主に以下のような成分が配合されています。

リドカイン


医療現場では局所麻酔薬に使われる成分で、かゆみが伝わるのを止めます。

ジフェンヒドラミン塩酸塩


ヒスタミン(かゆみの原因物質)の働きを抑える抗ヒスタミン成分です。

イソプロピルメチルフェノール


殺菌作用で、かゆみの原因になる雑菌を除去します。

トコフェロール酢酸エステル


ビタミンEの一種で、血行を促進する働きにより、荒れた肌を再生する効果があります。

アラントイン


炎症を抑え、新しい皮膚細胞ができるのを促進する作用があり、荒れた肌を治してくれます。

グリチルリチン酸


生薬由来の成分で、免疫活動を抑制することにより炎症を鎮めます。

市販のかゆみ止め薬には、これらの成分の何種類かが配合されていて、複合的に作用することで、かゆみを感じさせなくするほか、かゆみの原因である物質の働きを抑え、かぶれを起こす細菌を除去し、かぶれてしまった肌の再生を促すことで、かゆみの原因を断ちます。

2.市販薬を使う上での注意点


市販薬の効果は、主にかゆみを感じさせなくすること、肌荒れの原因をなくし、荒れた肌の再生を助けることです。

ですから、かゆみそのものは、ほとんどの場合、市販薬を塗れば抑えられます。しかし薬でかゆみが治まったように思えても、かゆみを起こす根本的な原因をなくさない限り、ずっと薬をつけ続けなくてはなりません。

デリケートゾーン用のかゆみ止め市販薬には、刺激の低い成分が使われていますが、それでも長く使い続けると刺激が積み重なることになり、思わぬ副作用を起こすこともあります。

また一部の病気などかゆみの原因によっては、市販薬を塗ると症状を悪化させるケースすらあります。

3.デリケートゾーンのかゆみを招く原因


かゆみを覚えたときは、まずきちんと原因を把握して、問題がない場合は市販薬でかゆみを抑えながら、かゆみの原因そのものを解消しなければなりません。

以下、主なかゆみの原因と対策について説明します。

下着やナプキンによる蒸れ


そもそもデリケートゾーンの皮膚は他の部分より薄くて敏感なため、わずかな刺激でも影響を受けやすいのです。

さらにほぼ一日、下着をつけていて、ナプキンやおりものシートも装着するため、肌との摩擦でかぶれを起こす上、汗や経血、おりものなどで蒸れやすくなっています。

この湿気とおりものの養分は、雑菌にとって繁殖にピッタリの環境なのです。増殖した雑菌が皮膚炎や陰部湿疹を引き起こすほか、悪臭などの原因にもなります。

この環境を改善しない限り、いくら市販薬でかゆみを治めても一時しのぎにしかなりません。かゆみを根本的に消し去るには、デリケートゾーンの環境を改善することです。

デリケートゾーンの蒸れ解消法


まずデリケートゾーンの通気性をよくして、下着やナプキンとの摩擦や雑菌の繁殖を抑えることです。

下着はシルクや綿100パーセントなどで、少し大きめのものややトランクス型、吸湿性や速乾性が高いもの、ゴムなしや工夫をしたゴムで身体を圧迫しない下着がおすすめです。ナイロンやポリエステルなどの化学繊維や、タイトな形の下着は避けましょう。

就寝時やずっと自宅にいるなどは、綿やシルクのパジャマやズボンなどをはいて、下着なしで過ごすのもいいでしょう。

最近のナプキンやおりものシートは吸湿性が高く、つい交換を忘れてしまいます。しかし清潔に見えても、長時間つけ続けたナプキンには雑菌が繁殖しています。通気性がよく肌にやさしいコットンやガーゼ素材のものを使い、数時間おきに交換してください。

かゆみ止めの市販薬を使いつつ、以上の対策をとれば、かゆみの原因は数日で治まるでしょう。

肌質によるかゆみ


乾燥肌や敏感肌、アレルギー体質の人は、特にかゆみを感じやすくなります。

その場合、まず保湿が必要になります。刺激の少ないデリケートゾーン用の保湿剤を使ってください。専用のものには、かゆみを抑える成分など、多くの有効成分が配合されています。

保湿剤を手のひらに適量とり、体温で暖めながら広げます。そして指の腹で、やさしくデリケートゾーンへ押しこむようになじませていきます。肌を刺激しないよう、強くすりつけないでください。

これをできれば朝と入浴後の一日二回行ってください。朝に保湿すれば、その一日、デリケートゾーンへの刺激を抑えられます。

乾燥肌を防ぐデリケートゾーンの洗い方


また、乾燥肌や敏感肌には体質以外の原因もあります。主な原因は間違ったデリケートゾーンの洗い方とホルモンバランスの乱れです。

もともと人間の皮膚は、皮脂や肌のバリア機能などで守られています。しかし激しい洗い方や過度な除菌は、それら肌を守る機能まで落としてしまい、かえって肌トラブルの原因になるのです。

お風呂でデリケートゾーンを洗うときは、皮脂を落としすぎるアルカリ性石鹸は使わず、デリケートゾーン専用の弱酸性石鹸を使います。石鹸は直につけず、手に取って泡立て、指の腹でやさしくアンダーヘアから外陰部、肛門のまわりの順に洗いましょう。

一通り洗ったら、ぬるま湯で丁寧に流します。熱いお湯や石鹸の洗い残しも肌トラブルの元なので注意してください。

ホルモンの乱れを予防する


女性ホルモンには、主にエストロゲンとプロゲステロンの二種類があり、この二つが周期的にバランスを変えて分泌されることで、生理周期など女性の身体活動をコントロールしています。

エストロゲンには肌の美しさを保ち、女性らしい身体を作る働きがありますが、このホルモンバランスが崩れると、膣やデリケートゾーンの乾燥によるかゆみなど、さまざまなトラブルを起こします。

繊細なホルモンバランスは、睡眠不足やストレス、偏った食事、喫煙、薬の副作用など、ささいなことで乱れてしまいます。

ホルモンバランスの乱れを防ぐには、生活習慣の見直しです。疲労、睡眠不足、ストレスなどを避けて、規則正しいながらもリラックスした、健康的な毎日を送ることです。

また日々の食事で、必要な栄養素や、ビタミン、ミネラルなどをきちんと摂取する、バランスの取れた食生活も重要です。

アンダーヘアによるかゆみ


アンダーヘアが剛毛や量の多い人は、デリケートゾーンが蒸れやすくなります。しかし安易にカミソリなどで処理すると、肌の表面まで削ってしまって肌荒れを起こすほか、毛先が尖って肌をつつき、これもかゆみの元になります。

かゆみを起こさないアンダーヘア処理


アンダーヘアを処理するときは、まず保湿などで肌の弾力性をよくしてダメージを受けにくくします。

そして、肌を守る工夫がなされたデリケートゾーン専用のシェーバーや、ペンタイプの電気シェーバーなどでムダ毛を処理しましょう。またヒートカッターを使えば、毛の先端が丸くなり、毛先による刺激をなくすことができます。

処理が終わったら、保湿剤や専用のヘアローションでケアしておくことも大切です。

 

▼ 必ずチェックしておきましょう。病気によるかゆみについては次のページにて