デリケートゾーンの臭いケアの方法まとめ【医師監修】
Beauty 2017.05.25 UPDATE

デリケートゾーンの臭いケアの方法まとめ【医師監修】

※ この記事は、2017年5月25日に追記しました!

女性にとってデリケートゾーンの臭いは、常に気になるものです。日ごろからお風呂でよく洗ったり、デオドラント用品を頻繁に使ったりする人も多いのではないでしょうか。

ただ、いくら気を使っても、間違ったケアをするとかえって肌荒れや黒ずみの原因になり、さらには雑菌を繁殖させて逆に悪臭を招き、病気の原因にもなってしまいます。

ここでは、デリケートゾーンを清潔に保つための、適切なケアについて説明していきます。

(監修・取材協力)
辻奈央先生

辻 奈央先生
東京皮膚科・形成外科、イーストワン皮膚科・形成外科 2009年北里大学医学部卒業、日本大学板橋病院初期研修。2011年日本大学板橋病院 初期研修終了、日本医科大学麻酔科勤務。2013年大手美容外科院長を経てイーストワン皮膚科クリニック開業。日本形成外科学会 会員、日本美容外科学会 会員、日本麻酔科学会 会員、日本アンチエイジング外科学会 会員、日本医学脱毛学会 会員。株式会社N&Yホールディングス http://nyholdings.net

1.デリケートゾーンの臭いの原因とは?


健康な女性の膣では、デーデルライン桿菌という善玉菌が乳酸を作り出し、膣内を酸性に保つことで雑菌の繁殖を防いでいます。そのためデリケートゾーンから、ヨーグルトのようなすっぱい臭いがするのはごく自然なことです。

それ以外の悪臭の元になるのは、さまざまな雑菌です。肌にいる雑菌が栄養をとって排出する老廃物が、臭いの原因物質になります。デリケートゾーンはただでさえむれやすく、ショーツについたおりものや汗、尿、垢、経穴など、雑菌にとっての栄養も豊富で、繁殖する環境が整っています。

また、わきやデリケートゾーンには、アポクリン腺と呼ばれる汗腺があります。ここから出る汗は、タンパク質や脂質などが多く粘り気があり、皮脂と混じり合ったものが細菌に分解されることで、独特の悪臭を発生させます。

遺伝により生来アポクリン腺が多い人は、この臭いが強いため、「わきが」や「すそわきが」の症状になります。しかしアポクリン腺がまったくない人はいないので、この汗も多かれ少なかれ、デリケートゾーンの臭いの元になるものです。

そのため、いかに雑菌を繁殖させないかが、デリケートゾーンの臭いを防ぐ決め手になります。

2.デリケートゾーンのための石鹸選び


毎日、必ずお風呂に入っている人でも、デリケートゾーンの洗い方が自己流で、身体と同じボディーソープを使っている人も多いのではないでしょうか。

実は、ちゃんと洗っているつもりでも、洗い方や石鹸選びなどを誤ると、逆効果になることもあるのです。

はじめに、デリケートゾーンは上記の通り、善玉菌の働きによって酸性に保たれていますが、尿やおりものなど、アルカリ性のものに常に触れている環境でもあります。

デリケートゾーンを洗う石鹸としてまず避けるべきなのは、合成界面活性剤を使ったものです。

合成界面活性剤は油汚れを強力に落としてくれますが、それだけに肌のうるおいに必要な皮脂分まで落としてしまい、肌質によっては肌荒れなどの原因にもなります。ましてやデリケートゾーンでは粘膜にダメージを与えるリスクも高くなります。

普通の身体用ボディーソープに含まれる香料なども、デリケートゾーンに刺激を与え、悪影響を引き起こす恐れがあります。

通常の石鹸はアルカリ性になりますが、身体を洗う石鹸には、弱酸性、弱アルカリ性を謳うものががあります。

弱アルカリ性の石鹸には、タンパク質を溶かす性質があり、老化した皮膚のカスや毛穴などの洗浄力が強いのが特徴です。

そのためデリケートゾーンの黒ずみなどに効果がある反面、もともと酸性であるデリケートゾーンには刺激が強く、また常駐菌である肌のバリア機能まで落としてしまう恐れがあります。

一方、敏感肌向けといわれる弱酸性の石鹸は、デリケートゾーンと同じ酸性のため刺激が少なく、膣を守る善玉菌を活性化させてくれることも期待できますが、一方で洗浄力に劣り、黒ずみへの効果は期待できません。

基本的には、デリケートゾーン用におすすめできるのは弱酸性の石鹸ですが、ある程度、肌質が強い人で、デリケートゾーンの黒ずみが気になるときは、弱アルカリ性の石鹸を使ってみてもいいかもしれません。石鹸成分以外のものが入っていない無添加石鹸であれば、弱アルカリ性でも肌にやさしくなっています。

逆に弱酸性を謳う石鹸やボディーソープでも、中には界面活性剤を添加しているものもあるので注意してください。

一番いいのは、デリケートゾーン用の石鹸を選ぶことです。ほとんどは弱酸性のものになっています。

また中には、臭いの原因菌だけを殺菌し、炎症によるかゆみを抑えてくれるミョウバン、ジャムウ、アロエや、メラニン色素を抑制し、黒ずみを抑えてくれる甘草エキス、カミツレエキス、ジャムウなど、さまざまな成分を含んだ製品があります。

臭いに限らずデリケートゾーンに悩みを持っている人は、それに合った効果のものを選ぶのがいいでしょう。

▼ 次のページでは、デリケートゾーンの洗い方について説明します!