デリケートゾーンの臭いで考えられる病気まとめ【医師監修】
Beauty 2017.04.21 UPDATE

デリケートゾーンの臭いで考えられる病気まとめ【医師監修】

※ この記事は、2017年4月21日に追記しました!
 
 
女性にとって気になるのが、デリケートゾーンの臭い。

膣内は善玉菌であるデーデルライン桿菌によって乳酸で保護されていて、雑菌の侵入や繁殖を防ぐ膣の自浄作用によって守られています。そのため健康な女性なら、ややすっぱい臭いがあるのは自然なことです。

ただ、きちんとケアしている、過剰なケアで逆効果にならないようにもしているのに、異常ににおう、またおりものが普通でなかったりするのは病気のサインです。

ここでは、臭いの原因となる病気の例と、原因や予防法について説明していきます。

(監修・取材協力)
辻奈央先生

辻 奈央先生
東京皮膚科・形成外科、イーストワン皮膚科・形成外科 2009年北里大学医学部卒業、日本大学板橋病院初期研修。2011年日本大学板橋病院 初期研修終了、日本医科大学麻酔科勤務。2013年大手美容外科院長を経てイーストワン皮膚科クリニック開業。日本形成外科学会 会員、日本美容外科学会 会員、日本麻酔科学会 会員、日本アンチエイジング外科学会 会員、日本医学脱毛学会 会員。株式会社N&Yホールディングス http://nyholdings.net

細菌性膣炎


おりものが灰色か黄色の水っぽいものになり、魚のような生臭さを発するようになります。ほかの自覚症状は乏しく、まれに外陰部の熱感やかゆみがある程度です。

放っておくとSTD(性感染症)やHIVに感染するリスクが高まるほか、PID(骨盤内炎症性疾患)の感染リスクが高まることで不妊や子宮外妊娠の原因となります。また膣炎、子宮頚管炎、絨毛膜羊膜炎などに至れば早産、流産の原因にもなります。

原因


細菌性膣炎はデーデルライン桿菌の減少により、雑菌が繁殖することで起こる症状の総称です。原因としては、
・風邪などによる抗生物質や、経口避妊薬の服用
・睡眠不足や疲労、ストレス
・過度な膣洗浄
・極端なダイエットなどでの栄養バランスの悪化
・糖尿病や肥満
・妊娠中、出産直後
などがあります。

予防、治療


まず上記の原因を避けることです。すべて避けることは難しいでしょうが、生活習慣を正すのが一番です。またヨーグルトなど乳酸菌を含む食品を毎日摂ることで、デーデルライン桿菌の安定や回復が期待できます。

デリケートゾーンを清潔に保ち、雑菌の繁殖を抑えることも大切です。通気性のいい下着や衣服でむれるのを防ぎましょう。

雑菌の感染しないよう、お手洗いでは必ず前から後ろに拭くようにしてください。ただしデリケートゾーンを過剰に洗うことは、デーデルライン桿菌を減らすことになるので禁物です。

治療は、まず膣洗浄や抗生剤で膣内の菌を除去します。ただ、このときデーデルライン桿菌まで洗い流してしまうため、再発のリスクが高くなります。

そのため処方された薬は、症状が治まっても続けてください。中途半端に治療をやめると原因の雑菌に薬物耐性がついてしまい、再発したとき治療が難しくなります。

カンジダ膣炎


おりものが白くてボロボロした酒かすやチーズのようなものになり、ひどく生臭い臭いを発するようになります。また外陰部に炎症が起こり、激しいかゆみを覚えます。排尿や性交時に痛みを感じることもあります。

原因


真菌(カビの一種)のカンジダ菌は、誰もが身体にもつ常在菌です。しかし細菌性膣炎と同じく病気や疲労、ストレス、出産などによるホルモンバランスの変化などの原因で免疫力が低下し、カンジダ菌が異常に増殖することで発症します。

そのため性交経験のない女性でも発症することがあり、女性の5人に1人はかかった経験があるといわれています。

予防、治療


予防法も細菌性膣炎とほぼ共通します。免疫力を下げる生活習慣を避け、デーデルライン桿菌を減らさない範疇でデリケートゾーンを清潔に保ちましょう。

婦人科では膣を洗浄したのち、抗真菌薬によって治療します。原因が特定されているため比較的治療しやすい病気ですが、やはり途中で治療を止めると再発や悪化につながるので注意してください。

子宮頸がん


初期はほとんど自覚症状がありませんが、進行するとおりものが褐色か緑色で水っぽく量が多くなり、魚の腐ったような臭いがするようになります。また生理が長く、重くなり、生理でないときにも出血する、骨盤や性交中の痛みなどの症状も出ます。

原因


子宮頸がんの原因はヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスと特定されています。

HPVは性行為で感染しますが、ごくありふれたウイルスで、性交経験のある女性の約80%が感染するといわれます。

通常はHPVに感染しても免疫により排除されますが、何らかの原因で感染が続くと発症に至ります。喫煙も発症の危険因子だとわかっています。

予防、治療法



子宮頸がんは異形成という前がん状態が5~10年続いたのち、がんに進行します。そのため早期発見できればがん化する前に完治できます。特に異常がなくとも、およそ2年に1度のペースで子宮頸がん検診を受けることをおすすめします。

子宮内膜炎


おりものが黄色いうみ状になって強く臭い、また血が混じります。発熱や下腹部、腰の痛み、排尿時の痛みなどもあります。

慢性化すると、特に自覚症状がないまま、経血の減少や無月経などになり、放置すると不妊の原因にもなります。

原因


子宮内に細菌が入りこむことで感染します。通常はまれですが、タンポンを長時間入れたままにしておく、月経時に不潔なタンポンを使うなどで感染することがあります。また出産後などは子宮頚管が開くため感染のリスクが高まります。

予防、治療


やはりデリケートゾーンを清潔に保ち、タンポンを長時間使わないことです。特に出産後は注意してください。

治療は抗生物質によって行います。早期治療できれば重症化を防ぐこともできます。

淋病


性行為によって粘膜に感染するSTDの一種で、行為のあと数時間から数日ほどで発症しますが、女性の場合、症状が出ないことも多いです。

症状が出た場合は、おりものが黄色か緑白色のうみを含んだ色になり、強烈な生臭さを発します。オーラルセックスなどの行為によってはのどに感染することもあります。

感染が子宮や卵巣、膀胱に広がると不妊や子宮外妊娠の下人にもなり、また他の感染症に罹患するリスクも高まります。

原因


性行為によって淋菌に感染することで発症するSTDの一種です。射精に至らない行為でも感染リスクがあるので注意が必要です。

予防、治療


感染者との性行為を避けることですが、現実的には難しいでしょう。STD全般にいえることですが、ピンポン感染を避けるため、必ずパートナーと一緒に治療を受けることです。

治療は抗生物質を数日から二週間ほど投与しますが、近年は、抗生物質に耐性をもつ菌も増えているので、完治したと診断されるまで治療を続けることが重要です。


トリコモナス膣炎


おりものが緑から黄色がかった、泡立ったものになり、強い悪臭を発します。また外陰部に強いかゆみを覚えますが、感染者の約3割には自覚症状がありません。

放置すると卵管不妊や、妊娠中は前期破水や早産の原因になります。

原因


トリコモナス原虫という微生物に感染することで発症します。主な感染源は性交渉ですが、風呂場や下着、タオルなどの共有で感染することや、まれに出産時の母子感染もあります。

予防、治療


STDなので予防法は淋病と共通します。治療は薬物療法になりますが、途中で服用をやめると再発の恐れがあるので、症状が治まったと思ってもやめないでください。

まとめ


ここにあげた病気は、どれも自然に治ることはありません。市販薬などで誤った処置をすると、より悪化し、大変な症状を招く恐れもあります。

ですが、早期発見して適切な診療を受ければ、必ず治る病気でもあります。もしやと思ったときは、すぐに婦人科で診断を受けてください。