デリケートゾーンで、かゆみと痛みが同時に出るのは病気かも?
Beauty 2017.04.21 UPDATE

デリケートゾーンで、かゆみと痛みが同時に出るのは病気かも?

※ この記事は、2017年4月21日に追記しました!
 
 
デリケートゾーンがかゆくなる原因には、通気性が悪くて下着内が蒸れることや、ケアの不足、過度に洗いすぎる誤ったケアなどによる肌トラブルなどがあります。

ですが、ただかゆいだけでなく痛みを覚えるようになると、やはり注意が必要です。正しいケアをしているにも関わらず、外陰部や膣内部が炎症を起こす、いわゆる外陰炎や膣炎が起きた場合は、いろいろな病気の可能性が考えられます。

ここでは、デリケートゾーンに起こるかゆみと痛みから、考えられる病気について説明してゆきましょう。

(監修・取材協力)
辻奈央先生

辻 奈央先生
東京皮膚科・形成外科、イーストワン皮膚科・形成外科 2009年北里大学医学部卒業、日本大学板橋病院初期研修。2011年日本大学板橋病院 初期研修終了、日本医科大学麻酔科勤務。2013年大手美容外科院長を経てイーストワン皮膚科クリニック開業。日本形成外科学会 会員、日本美容外科学会 会員、日本麻酔科学会 会員、日本アンチエイジング外科学会 会員、日本医学脱毛学会 会員。株式会社N&Yホールディングス http://nyholdings.net

1.病気ではない痛み


まずは痛みの原因が病気でない場合をご説明します。

まずは生理が原因の、いわゆる生理痛です。

生理とは、妊娠をせずに子宮内膜がはがれ、月経血として身体の外へと排出されることです。このとき、筋肉を収縮させる作用のあるプロスタグランジンというホルモンが生理周期に合わせて分泌され、子宮を収縮させます。

そうして子宮内膜を血液と一緒に、スムーズに身体外へと排出してくれるのです。しかしこのプロスタグランジンが過剰に分泌されると、子宮の収縮も過剰になってしまい、下腹部や腰の痛みを起こしてしまいます。またプロスタグランジンには痛みを増す作用があるため、ときに頭痛や腰痛を覚えることもあります。

また子宮の出口が狭いと、月経血をなかなか排出できず痛みを感じます。出産経験がある女性は、ない女性より子宮の出口が広がるため、生理痛が軽くなることもあります。

生理中に痛みを覚える原因には、体の冷えがあります。

身体が冷えると血液の循環が滞り、上手く経血を身体外に排出できなくなると、身体内にプロスタグランジンが留まる時間が長くなり、月経痛が強くなってしまいます。

身体を冷やす原因は、まず筋肉量の少なさです。筋肉が少ないと身体が作り出す熱量も少なくなります。そして血行の不良も、筋肉が作った熱を全身に送ることを阻害します。余分な水分と皮下脂肪も、熱を逃して冷えやすい身体になってしまいます。

使い捨てナプキンが冷えの元になることがあります。使い捨てナプキンの素材は冷却シートと似ていて、血液漏れを防ぐジェルが、膣を冷やす原因になるです。布ナプキンやコットン100パーセントのナプキンにすることで、冷えの改善が期待できます。

冷えにくい身体にするには、ウォーキングやエアロビクスなどの適度な運動を毎日20分ぐらい行う、体を締めつけて血行を阻害する服や下着を避ける、入浴で血行を促進し、身体を暖める食品を意識的に採るなどの方法があります。

またホルモンバランスが乱れると、女性ホルモン、特にエストロゲンの減少で膣内の壁である膣粘膜が弱まり、摩擦の刺激を受けやすくなります。抵抗力も弱まり、細菌性膣炎などの病気にも繋がることがあります。

しかもこのエストロゲンが減少すると、脳にあるセロトニンという物質も減ってしまいます。セロトニンは、心のバランスを整える脳内伝達物質のひとつで、不足すると片頭痛の原因になるほか、感情的になる、集中力がなくなる、最悪の場合、うつ病になる恐れもあるといわれます。

対策は、月経の日を記録し、定期的に来ているか確認することで、ホルモンバランスが乱れをチェックすることです。ホルモンバランスが乱れる原因には、睡眠不足、運動不足、偏った食事、ストレスなどがあります。規則正しい生活と栄養バランス、ストレスをためない健康的な生活を心がけましょう。

2.病気による痛み


ここからは、かゆみと痛みの原因になる病気を説明していきます。

細菌性膣炎


膣内にはデーデルライン桿菌という善玉菌が常在しています。この菌が乳酸を作り続けることで、膣内はph4.5以下の酸性に保たれ、雑菌の繁殖を防いでいます。何らかの原因でこの善玉菌が減少し、雑菌の増殖により起こる症状の総称です。

軽度だと自覚症状は少ないのですが、膣内が炎症を起こすことで、膣壁に焼けるような痛みが走り、外陰部にはかゆみや熱感が出る場合もあります。おりものは黄色か灰色で水っぽくなり、生臭いにおいになります。

自然治癒することはないので、もしやと思ったら婦人科で診察を受けましょう。治療は、まず膣洗浄などで膣内の菌を除去しますが、いったん善玉菌まで洗い流してしまうため、再発の可能性が高くなります。自覚症状が治まっても、医師から完治したと認められるまでは必ず治療を続けてください。

カンジダ膣炎(膣カンジダ症)


外陰部や膣内に炎症が出て、悪化すると強いかゆみと痛みを覚えるようになります。おりものが白くてボロボロした酒かす状になり、生臭いにおいを発するようになります。

この原因となるカンジダ菌は真菌(カビの一種)です。誰もが身体にもつ常在菌で、空気中にも存在します。

普段は膣内の善玉菌(デーデルライン桿菌)の働きや免疫力によって、増殖を抑えられていますが、疲れやストレス、病気などで免疫力が低下すると、カンジダ菌が異常増殖すると発症します。

性交経験のない女性でも発症することがある、ありふれた病気で、があり、女性の5人に1人は経験があるといわれます。

対策は、免疫力を下げる生活習慣を避けて、善玉菌を減らさない正しい方法でデリケートゾーンの清潔を保つことです。

治療は婦人科で、膣を洗浄したのち、抗真菌薬を投与します。原因がわかっているため治療しやすい反面、再発もしやすいので気をつけてください。

バルトリン腺炎


膣口の左右にあり、性交時にバルトリン腺液を分泌する開口部に細菌が感染する病気です。バルトリン腺の開口部が赤く腫れ、かゆみだけでなく、痛みが起こります。

さらに開口部がふさがってうみがたまり、膿瘍ができることをバルトリン腺膿瘍といいます。膿瘍は慢性化することが多く、そうなると患部の膨張や痛みが起こり、ついには痛みによる歩行困難や発熱に至ることもあります。

原因菌は大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌など。また淋菌などの性感染症を起こす細菌でも発症します。

予防法は、デリケートゾーンの清潔を保ち、細菌の侵入を防ぐことです。治療は婦人科で、初期であれば抗生物質と消炎剤の投与で治りますが、再発しやすい病気でもあるので、なるべく早期の治療が必要です。

性器ヘルペス症


単純ヘルペスウイルス(HSV)が、性行為を通じて感染することで発症するSTD(性感染症)です。このHSVには1型と2型があり、1型は口や目など上半身への感染が、2型は性器など下半身への感染が多いとされます。

女性がはじめてHSVに感染(急性型、初発型)した際は、一週間ほどの潜伏期間を経て、外陰部にかゆみや違和感、だるさや発熱ののち、水疱や潰瘍ができて痛むようになります。太ももの付け根のリンパ節が腫れて痛むことも多く、痛みで歩行や排尿も難しくなり、入院に至ることもあります。

一度感染すると、HSVは完全に排除されません。神経節に潜んだHSVは疲労や月経などで活性化し、神経から粘膜や皮膚に現れて症状を起こします。これを再発型といいますが、症状は比較的軽く、小さい潰瘍や小さな水疱の集まりができます。発熱やリンパ節のはれはほとんど出ず、一週間ほどで治ります。

診療は婦人科で行い、主に抗ウイルス薬で治療します。

まとめ


以上、デリケートゾーンの腫れと痛みを起こす代表的な病気を説明しました。ただ、中にはごく軽い症状で治まる場合や、ほとんど自覚症状が出ないこともあります。

しかし自覚症状がないまま病気が進行して重症化することや、数々の恐ろしい合併症を引き起こすケースもあります。

生活に支障はなくとも、病気ではと思われる症状が出たら、すぐ婦人科を受診して、確認してください。