デリケートゾーンで、かゆみと痛みが同時に出るのは病気かも?
Beauty 2017.05.25 UPDATE

デリケートゾーンで、かゆみと痛みが同時に出るのは病気かも?

※ この記事は、2017年5月25日に追記しました!

デリケートゾーンがかゆくなる原因には、通気性が悪くて下着内が蒸れることや、ケアの不足、過度に洗いすぎる誤ったケアなどによる肌トラブルなどがあります。

ですが、ただかゆいだけでなく痛みを覚えるようになると、やはり注意が必要です。正しいケアをしているにも関わらず、外陰部や膣内部が炎症を起こす、いわゆる外陰炎や膣炎が起きた場合は、いろいろな病気の可能性が考えられます。

ここでは、デリケートゾーンに起こるかゆみと痛みから、考えられる病気について説明してゆきましょう。

(監修・取材協力)
辻奈央先生

辻 奈央先生
東京皮膚科・形成外科、イーストワン皮膚科・形成外科 2009年北里大学医学部卒業、日本大学板橋病院初期研修。2011年日本大学板橋病院 初期研修終了、日本医科大学麻酔科勤務。2013年大手美容外科院長を経てイーストワン皮膚科クリニック開業。日本形成外科学会 会員、日本美容外科学会 会員、日本麻酔科学会 会員、日本アンチエイジング外科学会 会員、日本医学脱毛学会 会員。株式会社N&Yホールディングス http://nyholdings.net

1.病気ではない痛み


まずは痛みの原因が病気でない場合をご説明します。

まずは生理が原因の、いわゆる生理痛です。

生理とは、妊娠をせずに子宮内膜がはがれ、月経血として身体の外へと排出されることです。このとき、筋肉を収縮させる作用のあるプロスタグランジンというホルモンが生理周期に合わせて分泌され、子宮を収縮させます。

そうして子宮内膜を血液と一緒に、スムーズに身体外へと排出してくれるのです。しかしこのプロスタグランジンが過剰に分泌されると、子宮の収縮も過剰になってしまい、下腹部や腰の痛みを起こしてしまいます。またプロスタグランジンには痛みを増す作用があるため、ときに頭痛や腰痛を覚えることもあります。

また子宮の出口が狭いと、月経血をなかなか排出できず痛みを感じます。出産経験がある女性は、ない女性より子宮の出口が広がるため、生理痛が軽くなることもあります。

生理中に痛みを覚える原因には、体の冷えがあります。

身体が冷えると血液の循環が滞り、上手く経血を身体外に排出できなくなると、身体内にプロスタグランジンが留まる時間が長くなり、月経痛が強くなってしまいます。

身体を冷やす原因は、まず筋肉量の少なさです。筋肉が少ないと身体が作り出す熱量も少なくなります。そして血行の不良も、筋肉が作った熱を全身に送ることを阻害します。余分な水分と皮下脂肪も、熱を逃して冷えやすい身体になってしまいます。

使い捨てナプキンが冷えの元になることがあります。使い捨てナプキンの素材は冷却シートと似ていて、血液漏れを防ぐジェルが、膣を冷やす原因になるです。布ナプキンやコットン100パーセントのナプキンにすることで、冷えの改善が期待できます。

冷えにくい身体にするには、ウォーキングやエアロビクスなどの適度な運動を毎日20分ぐらい行う、体を締めつけて血行を阻害する服や下着を避ける、入浴で血行を促進し、身体を暖める食品を意識的に採るなどの方法があります。

またホルモンバランスが乱れると、女性ホルモン、特にエストロゲンの減少で膣内の壁である膣粘膜が弱まり、摩擦の刺激を受けやすくなります。抵抗力も弱まり、細菌性膣炎などの病気にも繋がることがあります。

しかもこのエストロゲンが減少すると、脳にあるセロトニンという物質も減ってしまいます。セロトニンは、心のバランスを整える脳内伝達物質のひとつで、不足すると片頭痛の原因になるほか、感情的になる、集中力がなくなる、最悪の場合、うつ病になる恐れもあるといわれます。

対策は、月経の日を記録し、定期的に来ているか確認することで、ホルモンバランスが乱れをチェックすることです。ホルモンバランスが乱れる原因には、睡眠不足、運動不足、偏った食事、ストレスなどがあります。規則正しい生活と栄養バランス、ストレスをためない健康的な生活を心がけましょう。

▼ チェックしてみましょう。病気による痛みの原因・対処法は次のページにて