デリケートゾーンのかゆみの原因と対処法まとめ【医師監修】
Beauty 2017.04.21 UPDATE

デリケートゾーンのかゆみの原因と対処法まとめ【医師監修】

※ この記事は、2017年4月21日に追記しました!
 
 
女性を悩ませるデリケートゾーンのかゆみには、下着などによる蒸れから、肌の質、ケアの間違い、さらには恐ろしい病気まで、さまざまな原因があります。

ここでは、デリケートゾーンのかゆみの原因と、それぞれの対策について説明していきましょう。

(監修・取材協力)
辻奈央先生
辻 奈央先生
東京皮膚科・形成外科、イーストワン皮膚科・形成外科 2009年北里大学医学部卒業、日本大学板橋病院初期研修。2011年日本大学板橋病院 初期研修終了、日本医科大学麻酔科勤務。2013年大手美容外科院長を経てイーストワン皮膚科クリニック開業。日本形成外科学会 会員、日本美容外科学会 会員、日本麻酔科学会 会員、日本アンチエイジング外科学会 会員、日本医学脱毛学会 会員。株式会社N&Yホールディングス http://nyholdings.net

1.下着や生理用品の影響


デリケートゾーンにはほぼ一日、下着をつけていて、生理時にはナプキンを装着します。するとデリケートゾーンは汗や経血、おりものなどで蒸れてしまいます。湿気とおりものの養分は、雑菌にとって繁殖に絶好の環境で、これがかゆみのほか、臭いなどの原因にもなります。特にタイトで通気性の悪い下着やナプキンを使うと、肌にも摩擦による刺激を与え、かゆみを強めてしまいます。

ナイロンやポリエステルなど、通気性が悪く、肌との摩擦も強い化学繊維や、デザインやサイズがタイトな下着は避けましょう。

大きめのサイズやトランクス型、シルクや綿100パーセントなど、通気性がいい形や素材で、吸湿性や速乾性があるよう加工されたもの、ゴムなしや工夫をしたゴムでデリケートゾーンを圧迫しない下着がおすすめです。就寝時や家にいるときなどは、綿やシルクのパジャマやズボンなどで、下着をつけずにいるのもいいでしょう。

最近のナプキンは吸湿性が高いものもありますが、そのためつい交換の頻度が下がってしまいます。しかし見た目は清潔でも、長時間つけ続けると目に見えない雑菌が繁殖しているものです。

通気性がよく肌にやさしいコットンやガーゼ素材のナプキンやおりものシートを使い、数時間おきに交換してください。

トイレではウォシュレットやデリケートゾーン用のウエットティッシュなどで、清潔に保ちます。ただしあまり強く拭いたりすると刺激でかゆみを招くことになるので、やさしく洗いましょう。

2.肌質によるもの


そもそもデリケートゾーンの肌は他の部分より敏感で、わずかな刺激でも湿疹やかぶれなどを引き起こすものです。乾燥肌で敏感肌、またアレルギー体質の人は、特にかゆみを感じやすくなります。

その場合、保湿が必要です。デリケートゾーン用の保湿剤には、かゆみを抑える成分ほか、各種の有効成分が配合されています。

自分の悩みに合った保湿剤を使って、手のひらに適量とり、体温で暖めながら広げます。そして指の腹で、デリケートゾーンをやさしく押すようにして薬液をなじませていきます。肌に刺激を与えないよう、強くすりつけたりしないでください。

これを、できれば入浴後と朝の一日二回行ってください。特に朝に保湿することで、その一日、デリケートゾーンへの刺激を軽減できます。

ただ、乾燥肌や敏感肌は、生まれついた体質以外の原因もあります。主な原因は、間違ったデリケートゾーンの洗い方と、ホルモンの乱れです。この2点については後述の項目を参照してください。

3.間違ったケア


デリケートゾーンを清潔にしているつもりでも、方法を間違えれば逆効果です。というのも、もともとデリケートゾーンは善玉菌や皮脂、肌のバリア機能などで守られています。激しい洗い方や過度な殺菌は、それら肌を守る機能まで落としてしまい、乾燥肌や雑菌の繁殖など、肌トラブルを招くことになるのです。

お風呂で洗うときには、油脂を落とす力が強いアルカリ性石鹸は使わず、デリケートゾーン専用の弱酸性石鹸を使いましょう。

石鹸を直接デリケートゾーンにつけず、手に取って泡立て、指の腹でやさしくアンダーヘアから外陰部、肛門のまわりの順に洗いましょう。ただし膣内まで洗ってはいけません。膣内の善玉菌まで流してしまって膣内細菌のバランスを崩し、思わぬ病気を招く恐れもあります。

一通り洗ったら、有効成分がしみこむよう4、5分待ってから、ぬるま湯で丁寧に流します。熱いお湯や石鹸の洗い残しも肌トラブルからかゆみの原因になるので注意してください。

4.ホルモンバランス


女性の身体では、エストロゲンとプロゲステロンの二種類が一定の周期でバランスを変えて分泌されることにより、生理周期などの身体機能をコントロールしています。

そのためホルモンバランスが乱れると、かゆみのほか、さまざまな不調の原因になります。そして女性ホルモンのバランスは繊細なため、睡眠不足や運動不足、偏った食事やストレスなどで簡単に乱れてしまいます。

ホルモンバランスを乱さないための基本は、規則正しい生活とバランスの取れた食事、適度な運動、ストレスをためない生活です。

寝付く前の3時間は、食事やお酒、またテレビやネットなどを見るのを避け、リラックスして眠りにつくと、睡眠の質がよくなり、身体の調子が整います。

食事は、野菜を中心にしたヘルシーなものがおすすめです。タンパク質も必要ですが、肉や卵など動物性のものを採りすぎると弊害もあるので、大豆食品、プロテインなどで補填しましょう。ビタミンやミネラルはサプリで摂るのもいいでしょう。

5.アンダーヘアの剛毛


アンダーヘアが剛毛の人は、それだけ蒸れて雑菌が繁殖しやすくなります。しかし普通のカミソリやハサミで処理をすると毛先が竹やり状に尖ってしまい、肌を刺してかゆみを覚えます。また下着が肌に直接ふれる刺激も、かゆみやかぶれの原因になります。

自分でムダ毛処理する場合は、洗うときと同じくデリケートゾーン専用のシェービングジェルを使いましょう。

また普通のカミソリでは、肌の表面まで削り取ってしまいカミソリ負けを起こし、肌のバリア機能を落として肌の乾燥や荒れ、雑菌への乾燥を招きます。

ペンタイプの電気シェーバーなら、肌への刺激も少なくムダ毛を処理できます。ただ毛先が尖ってしまうことは防げません。少し手間はかかりますが、専用のヒートカッターを使えば毛先が丸くなり、肌を刺激しなくなるのでおすすめできます。

アンダーヘアの処理前には、まずデリケートゾーンを保湿しておくことです。肌に弾力を与えることで、ムダ毛処理のダメージを低減できます。

実際の処理では、上から下へ、毛の流れに逆らわず行い、一ヶ所を何度も剃らないようにすると、肌への負担を抑えられます。

処理後はデリケートゾーン用のローションなどで、アンダーヘアと皮膚をケアしましょう。毛を柔らかくすることで、毛先の刺激も軽くなります。

6.病気


かゆみの原因としてもっとも厄介なのが、病気です。

特に多いのがカンジダ膣炎です。外陰部が炎症によりかゆみを起こし、おりものが白い酒かすのようになって、ひどく生臭くなる症状が出ます。

原因となるカンジダ菌は真菌(カビの一種)で、人間なら誰しもが持っている細菌です。そのため病気や疲労、ストレスなどで免疫力が落ち、カンジダ菌が異常に増えることで発症します。そのため、女性なら誰でも発症の可能性があり、女性の5人に1人はかかった経験があるといわれます。

また膣内の善玉菌(デーデルライン桿菌)が減少し、雑菌が増えることで起こる細菌性膣炎も、多くは無症状ですが、ときに外陰部のかゆみが起こります。

これらの感染症の対策としては、ここまでに説明した通り、通気性があり肌にやさしい下着やナプキン選び、洗い方、保湿、ムダ毛処理など、正しいデリケートゾーンのケアを行い、ホルモンバランスを乱さない生活を心がけていれば、リスクを下げることができます。

問題はSTD(性感染症)です。中でも尖圭コンジローマやトリコモナス膣炎は、陰部湿疹や炎症で強いかゆみの症状が出ます。

これらのSTDは、性交渉のパートナーが原因の細菌やウイルスを持っていると、かなりの確率で感染してしまいます。

上記の病気になると、他の感染症にかかるリスクが高まり、不妊や早産、流産の原因にもなります。湿疹やかぶれなどの市販薬では根治できませんので、もしやと思ったときは、すぐに病院で検査を受けてください。

7.まとめ


以上、デリケートゾーンのかゆみを招く主な原因について説明しました。

かゆみの原因には、適切な対応で予防できるものから、専門医でないと治療できない大変な病気もあります。何の原因によるかゆみかを見極め、正しい対応をしてください。