デリケートゾーンの黒ずみをケアする方法まとめ【医師監修】
Beauty 2017.04.21 UPDATE

デリケートゾーンの黒ずみをケアする方法まとめ【医師監修】

※ この記事は、2017年4月21日に追記しました!
 
 
女性にとって、デリケートゾーンの悩みのひとつに、黒ずみがあります。しかし、こればかりは体質や、年齢を重ねることでの変化だとあきらめている人も多いのではないでしょうか。

しかし、きちんとメカニズムを理解して対策すれば、黒ずみを解消することができるのです。ここでは、なぜデリケートゾーンが黒ずむのか、その秘密を解明し、対策を考えていきましょう。

(監修・取材協力)
辻奈央先生

辻 奈央先生
東京皮膚科・形成外科、イーストワン皮膚科・形成外科 2009年北里大学医学部卒業、日本大学板橋病院初期研修。2011年日本大学板橋病院 初期研修終了、日本医科大学麻酔科勤務。2013年大手美容外科院長を経てイーストワン皮膚科クリニック開業。日本形成外科学会 会員、日本美容外科学会 会員、日本麻酔科学会 会員、日本アンチエイジング外科学会 会員、日本医学脱毛学会 会員。株式会社N&Yホールディングス http://nyholdings.net

1.デリケートゾーンが黒ずむのは日焼けと同じ?


肌にはメラニン色素というものがあります。ご存知の通り、日焼けと同じ色素ですね。

メラニン色素は本来、紫外線から肌を守るためのもので、肌の奥にあるメラノサイトという細胞によって作られます。肌が紫外線を浴びると、メラノサイトからメラニン色素が生成され、日焼けすることで紫外線から肌を守ってくれるのです。

そしてデリケートゾーンや乳首、わきなどは、もともと敏感な部分なため、メラノサイトの働きも活発になります。

そのため下着との摩擦など、わずかな刺激でも黒ずみやすくなっているのです。特にデリケートゾーンは入浴時などを除いて、ほぼ24時間、下着に包まれていて、ずっと刺激を受け続けているため、自然と黒ずみがちになるのですね。

2.黒ずみから回復するターンオーバーとは?


しかし日焼けは紫外線を浴びなくなれば、自然に収まっていきます。これは、肌のターンオーバーという機能によるものです。

肌の奥で真皮として生まれた新しい皮膚細胞は、日が経つにつれて徐々に皮膚の正面へ出て角質化し、最後は垢となって剥がれ落ちます。この肌の新陳代謝をターンオーバーといいます。メラニン色素で黒ずんだ皮膚も落ちていくことで、色が元に戻るわけです。

このターンオーバーの周期は通常およそ28日程度といわれていますが、加齢により徐々に周期が長くなってきます。

さらに、このターンオーバーを阻害する要因が、ホルモンバランスの乱れです。

女性の身体では、エストロゲンとプロゲステロンという二種類のホルモンがバランスが保ちつつ働いて、生理周期などを作り出しています。

エストロゲンには肌のターンオーバーを促進し、肌の美しさを保つ働きがあり、プロゲステロンはメラノサイトや皮脂の分泌を活発にする働きがあります。このホルモンバランスが乱れることも、肌の黒ずみの原因になってしまいます。

ホルモンバランスを乱す生活習慣には、睡眠不足や運動不足、偏った食生活やストレス、飲酒や喫煙などがあります。規則正しい生活とバランスの取れた食事、適度な運動やストレスを溜めないなど、健康的な生活を送ることも黒ずみ防止につながります。

また自分の生理周期を把握して、どちらのホルモンが活発な時期かによって、黒ずみケアの方法を変える必要もあるでしょう。

3.デリケートゾーンの黒ずみを抑えるには?


ごく単純にデリケートゾーンへの刺激を抑えることです。

ただ、摩擦で刺激があるからといって、下着をはかないわけにはいきません。そこで自分に合ったサイズや形、素材を選ぶことが大切になります。

下着はサイズがぴったりのものより、やや余裕があったほうがいいでしょう。ゆったりしたボクサーパンツタイプの下着にするのも効果的です。素材はコットンやシルク、また吸湿速乾加工のものなど、肌への刺激を与えないものを選びましょう。就寝時やずっと自宅にいるときなど、下着が必要ないときはあえてつけず、ゆるいズボンなどですごすのもひとつの方法かもしれません。

デリケートゾーンの洗い方と石鹸に気を付ける


重要なのが、デリケートゾーンの洗い方です。清潔さを意識しすぎて、強く洗う、一日に何度も洗うなどすると、かえって刺激を与え、黒ずみの原因になってしまいます。

一日一回、正しい方法でやさしく洗う、これか黒ずみに限らず、デリケートゾーンの健康と美しさを保つ秘訣です。

まず石鹸選びとして、普通の身体用ボディーソープ、特に合成界面活性剤が入ったものは使ってはいけません。これらは油を落とす力が強すぎ、肌に必要な皮脂まで落としてしまうため、デリケートゾーンには刺激が強すぎます。

デリケートゾーンには、専用の低刺激石鹸を使いましょう。専用の石鹸には、メラニン色素の生成を抑え、黒ずみに効果のある甘草エキス、カミツレエキス、ジャムウが配合されたものもあります。

他にも臭いやかゆみなどに効果がある成分を配合したものもありますので、気になる症状にあわせて選ぶのがいいでしょう。

基本的に、デリケートゾーン専用の石鹸は弱酸性になります。

しかし肌質が強い人なら、洗浄力が強い弱アルカリ性を試してもいいかもしれません。老化した角質を落としてくれるため、黒ずみに効果を見せる可能性があります。ただ、一方で弱酸性より刺激が強いですので、もし黒ずみが改善しない、逆に悪化するようならすぐに使用をやめてください。

洗う際は、まずデリケートゾーンに専用の石鹸を直接つけてはいけません、適量を手にとり、よく泡立てます。

そしてその泡を使い、指の腹を使って、アンダーヘアから、デリケートゾーン前方、最後に肛門のあたりまで、徐々にマッサージしていくようにやさしく洗ってゆきます。先に肛門あたりを洗ってしまうと、他の場所へ雑菌を移す恐れがあるので気をつけましょう。

またしつこく洗いすぎても刺激になりますので、鏡で確認しながら、おりものや恥垢を洗い残さないよう手際よく洗うのがいいでしょう。

余談ですが、膣内まで洗ってはいけません。膣内を守る善玉菌まで洗い流すことになってしまい、雑菌が繁殖してさまざまな症状を引き起こす恐れがあるからです。

デリケートゾーンに泡が行き渡ったら、そのまま3分から5分おき、有効成分を浸透させてから、ぬるめのシャワーでよく洗い落としてください。肌に石鹸成分を残すことや、熱いシャワーも刺激になってしまいます。

デリケートゾーンはしっかり保湿を


デリケートゾーンの保湿も、黒ずみ対策には大切です。

これも、有効成分が入った専用の保湿剤を使って、まずは手のひらに一円玉程度の量をとり、体温で暖めるようにして広げます。

そして指の腹でデリケートゾーンにやさしく押しこむようにしてなじませていきます。刺激になるのですりこんではいけません。

また、粘膜には保湿剤はつけないでください。善玉菌を除去してしまい、悪影響が出る恐れがあります。

塗ったあとが気になるときも、ティッシュなどで決してこすらず、軽く押さえるようにしてください。

ムダ毛処理には注意を


ムダ毛の処理も、肌への刺激になってしまいます。なるべくペンタイプの電気シェーバーを使うことをおすすめします。

処理の前には、あらかじめ上記のように保湿しておき、また長めの毛はカットしておきます。シェービングジェルも刺激が少ない敏感肌用やデリケートゾーン用のものを使ってください。そして毛の流れに逆らわず、上から下へ処理していくことで、刺激を抑えたムダ毛処理ができます。

美白剤を使用する方法も


近年では美白に効果があるものとして、ハイドロキノン(ヒドロキノン)クリームが話題です。ハイドロキノンとは、肌のメラニン色素の精製を抑えるほか、メラノサイトそのものを減少させる効果があり、美白剤として使われています。

ただ即効性はないため、継続して続ける必要があります。また肌への刺激が強いため、デリケートゾーンの黒ずみに効果がある場合もありますが、逆効果になる恐れもあります。使うときは、濃度の低い敏感肌向けのものを選び、もし体質に合わないときはすぐ使用をやめるべきでしょう。

まとめ


あきらめていたデリケートゾーンの黒ずみも、実は適切なケアで改善できることがおわかりいただけたでしょうか?

秘訣はデリケートゾーンを刺激しない心がけと、やさしいお手入れにあります。毎日続けることで、ターンオーバーによって徐々に黒ずみが消えてゆきますので、あせらず地道に続けてみてください。