デリケートゾーンの臭いが気になる?知っておきたい原因と対処法
Beauty 2017.04.21 UPDATE

デリケートゾーンの臭いが気になる?知っておきたい原因と対処法

※ この記事は、2017年4月21日に追記しました!
 
 
女性にとってデリケートゾーンの臭いは人に相談しにくいものです。きちんとケアしているはずなのに、なぜか臭いが消えず、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

実はデリケートゾーンの臭いにはさまざまな原因があり、誤った対処をすると悪化するどころか、恐ろしい病気になる危険もあります。ここでは気になる臭いについて、主に5つの原因と、それぞれの対処法を解説していきます。

(監修・取材協力)
辻奈央先生

辻 奈央先生
東京皮膚科・形成外科、イーストワン皮膚科・形成外科 2009年北里大学医学部卒業、日本大学板橋病院初期研修。2011年日本大学板橋病院 初期研修終了、日本医科大学麻酔科勤務。2013年大手美容外科院長を経てイーストワン皮膚科クリニック開業。日本形成外科学会 会員、日本美容外科学会 会員、日本麻酔科学会 会員、日本アンチエイジング外科学会 会員、日本医学脱毛学会 会員。株式会社N&Yホールディングス http://nyholdings.net

1.雑菌とそれに伴う病気


膣内にはデーデルライン桿菌という善玉菌がいます。乳酸桿菌、グラム陽性桿菌、ラクトバチルスとも呼ばれるこの細菌は、膣内をph4.5以下の酸性に保ち、雑菌の侵入や繁殖を防いでくれます。これを膣の自浄作用といいます。

ただ、この自浄作用が働くためには、膣内の常在菌のバランス(膣内フローラ)が保たれていることが必要です。この膣内フローラが何らかの原因で乱れてしまうと、雑菌が繁殖して臭いやさまざまな症状を引き起こします。

ここからは、臭いの原因となる病気をいくつか挙げていきます。どれも専門医による治療が必要で、ほうっておくと大変な危険性もあります。最近、婦人科にいっていない方で、デリケートゾーンの臭いや下記の症状に心当たりがあるときは、すぐにでも受診してください。

細菌性膣炎


膣内のデーデルライン桿菌が減り、雑菌が増加して起こる症状の総称で、おりものが灰色か黄色の水っぽいものになり、魚のような生臭さを発するようになります。

放置すると他の感染症になるリスクが高まり、ひいては不妊や子宮外妊娠の原因になったり、早産、流産のリスクも高まるなど、深刻な症状を引き起こします。

カンジダ膣炎


カンジダ菌は、誰もがもっている細菌(常在菌)です。しかし病気や疲労、ストレスなどで免疫力が低下すると発症します。

発症すると、おりものが白色か黄緑のカッテージチーズ状になり、ひどく生臭い臭いになります。またデリケートゾーンが炎症を起こし、激しいかゆみを感じます。

子宮頸がん


初期はほとんど自覚症状がありませんが、進行してくると、おりものの褐色が緑色で水っぽく、量が多くなり、魚の腐ったような臭いになります。また生理が長く、重くなり、生理ではないときにも出血するなどの症状も出ます。

子宮頸がんは早期発見と治療により、完治する可能性が高い病気です。心当たりがあるときは、すぐに検診を受けてください。

子宮内膜炎


おりものが黄色いうみ状になって強くにおう、また血が混じることがあると、子宮内膜炎の可能性が考えられます。

この病気が慢性化すると、自覚症状がないまま不妊の原因になる恐れもあるので注意が必要です。

淋病


STD(性感染症)の一種で、行為から数時間から数日で発症します。女性の場合、淋病に感染すると、おりものが黄色か緑白色のうみを含んだ色になり、強烈な生臭さを発します。

放置すると、数々の重い合併症を引き起こす原因にもなります。

トリコモナス膣炎


こちらもトリコモナス原虫という微生物により引き起こされるSTDですが、性行為ではなく、タオルや下着の使いまわしなどでも感染する可能性があります。女性の場合、おりものが緑から黄色がかった、泡立ったものになり、強い悪臭を発します。またデリケートゾーン周辺に強いかゆみを覚えますが、感染者の50パーセントには自覚症状がありません。

放置すると卵管不妊や、妊娠中は前期破水や早産の原因になります

2.生活習慣


膣内フローラは、生活習慣によっても崩れてしまいます。

毎日の入浴や下着の交換、通気性のいい下着を使う、生理中はこまめにナプキンを交換するなどして、デリケートゾーンを清潔に保つのは基本です。

ただ清潔さを意識するあまり、過度に洗ったり、抗菌剤やビデを使いすぎたりすると、かえってデーデルライン桿菌を減らしてしまったり、肌荒れによって雑菌を繁殖させてしまうなど、膣内フローラが崩れ、臭いや病気の原因になります。

他にも、体質に合わない石鹸や香りつきナプキンの使用なども、膣内フローラに悪影響を与えます。

デリケートゾーンは、水かぬるま湯、または専用の石鹸で、やさしく洗うようにしましょう。

3.食生活


食生活は体臭に強い影響を与えます。デリケートゾーンも例外ではありません。汗や皮脂に本来臭いはありませんが、それが細菌に分解されたり酸化したりすると臭い物質が生まれます。

例えば肉や卵、乳製品などの動物性たんぱく質は過酸化脂質を活性化させます。また皮脂が過剰に分泌されることや、消化に悪いため腸にたまることで、体臭の原因になります。

ファーストフード、コンビニ弁当などに多く含まれる食品添加物は、体内で酸化を促進してしまいます。

対策としては、動物性たんぱく質や、添加物の多い食品を避け、魚や野菜を中心にしたヘルシーな食生活にすることです。


4.ホルモンバランス


女性の身体には、エストロゲン(卵巣ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンが存在します。この2種類のホルモンにはそれぞれの役割があり、バランスを取って定期的に増減を繰り返すことで月経周期を作り出しています。

しかしこのホルモンバランスが崩れ、プロゲステロンが過剰に分泌されると皮脂の分泌も多くなります。この皮脂が空気中の酸素と結合することで、デリケートゾーン含む臭いの原因になります。

この女性ホルモンのバランスは非常に繊細で、身体の冷えや睡眠不足、ストレス、過度なダイエット、暴飲暴食、運動不足、更年期など、ささいなことで乱れてしまいます。

対策としては、バランスのいい食事と、ストレスを避けてリラックスできる、規則正しい健康的な生活を送ることです。

5.すそわきが


いわゆる「わきが」とは、アポクリン汗腺から分泌される汗が皮脂とまじり、細菌によって分解されるときに出る臭いです。

同じことがデリケートゾーンで起こるのが、裾(下部)のわきが、すそわきがとよばれます。特にすそわきがの場合、おりものや分泌物と交じり合って、臭いが強くなることもあります。

わきが(すそわきが)の原因になるアポクリン汗腺の量は、遺伝により決まり、わきがは優性遺伝するといわれます。

すそわきがの対策としては、雑菌の繁殖を抑えるため、通気性のいい下着をつけて、ゆったりした衣服を着る。また暑い季節や身体を動かした後などは、こまめに汗をふき取りましょう。

トイレでは、ビデや専用のウエットティッシュを使って尿やおりものをきれいに洗う。ナプキンやおりものシート、下着はこまめに取り替えるなど、デリケートゾーンを清潔に保つことです。

お風呂で毎日デリケートゾーンを洗うことも大切です。ただ、間違った洗い方をすると、膣内フローラを乱すことになるので、デリケートゾーン用の石鹸を使い、よく泡立てて、指の腹でやさしく洗いましょう。

食事では、汗や体臭の原因になる動物性たんぱく質、香辛料やアルコールなども避けたほうがいいでしょう。

まとめ


一言にデリケートゾーンの臭いといっても、病気から体質的なこと、身体の不調のサインから、間違ったケアによるものまで、原因は多岐にわたるとおわかりいただけたでしょうか?

もしあなたが臭いに悩んでおられるなら、まずどのタイプなのか原因を見極めて、応じた対策をとってください。